2017年2月 7日 (火)

「中学受験への道」から12年

 朝から健康診断に行って、胃腸専門医で「食道がんの疑い」と言われ、家にたどり着いたのはもう夕方だった。大学5年になる長男がいたので、思わず「バリウムじゃ分からんって言われたバイ。意味ないじゃん」などと八つ当たり気味にボヤいてみると「そうだよ。意味ないよ」。医学生は冷たく言い放った。


 そう、長男は医学部に通っているのです。このブログの「中学受験への道」でドキュメンタリータッチにお伝えしてた、あの子がです。


 わたしの東京から大阪への転勤で、せっかく入った第一志望の私立中高一貫校を高1限りで転校。大阪でトップクラスの国立大付属高に「転勤枠」で転入することができました。出願者1合格者1ではありましたが、本人がずっと勉強し続けたからだろうなあ。自分の高校時代じゃ、入った学校より偏差値の高い学校に転校するなんて考えられません。


 門戸を開いてくれていた高校にも感謝です。ホント、高校の転校は難しい。聞くだけなら電話代だけと、灘高にも問い合わせましたが、NOでした。本人はストレスだったろうなあ。でも、より高いレベルの生徒さんと切磋琢磨できたおかげで、大阪に移ってからいつしか志望が医学部へと変化し、一浪はしたものの、本当に医学生になれたのだと、わたしは勝手に思っています。


 でも、カミさんには納得がいかない。「アンタ、東京におる時は京大志望やったやないね。工学部やったよね」。「ええ、まあ」…「それが、大阪に来た途端に、何でまた関東の大学に行きたいなんて言い出すん? ただ単に家から出たかっただけやないんね」。長男は黙して語らなかった。


 しかしなあ、あわよくば国立大に入って欲しかった。現役時代はセンター試験失敗で撃沈。浪人のセンターは、ほとんど満点で突破したのに、2次でなあ…。その間に「受けるだけ」と言い「受かっても行かせられない」「受かるわけないから」と記念受験した私大に受かってしまい、すっかりその気。国立の後期に受かったのなんて忘れたかのようだったもんなあ。


 思えば中学受験のチャレンジ校が立教新座だった。受かってしまった「立教ブランド」を捨てるなんて、武蔵大卒の私にはもったいなく感じていたが、大学受験では、それ以上のブランドを手に入れてしまった。しかし、あまりに高いブランド料だ…それでも医学部では安いのか…でもオレ医者じゃないから借りなきゃ払えないし…まあ今さら…


 それで、家から出たかったであろう東京で1人暮らしをする長男のもとに、家族が舞い戻ることになるなんて。「みんなで東京に行くから、アパート引き払う準備しといてな」「ええっ!? ああ、そうなるのか…」。昨年3月の声は落胆を隠せなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月31日 (日)

カミさま、さまです、か?

アクセス数が急増した。29日の金曜日のことだ。

2週間ぶりの休日だからパソコンに向かってた。富田勝さんの急逝を受けて、書かずにはいられなくなって、ブログを再開したのが27日の水曜日のこと。ほとんど0だったアクセス数が増え、翌28日には、ハム論評を久しぶりに記すと、数字が一気に上がっている。

「すごいよなあ。更新したからって、こんなにアクセスが増えるんかなあ。3年ぶりなのに。みなさん、どこで更新情報が分かるんだろう。その前の更新は6年ぶりなのに。ありがたいよなあ」なんて1人つぶやいていた。聞いてないと思ったんだけど、そばにいたカミさんが突然に口を開いて「あっ、それ、わたし」

「はあ?…」カミさん「あんた、ブログ書いたって言いよったろ。やけん、見てみたと。おもしろいねえ。あったよねえ」

聞けば、自分が登場する記事だけを、まとめ読みしたらしい。しばらく更新してなかったから知らなかったけど、スマホ版には、「このブログの人気記事ランキング」ってのがあった。更新したばかりだから1位は「富田勝さんの衝撃」。でも2位以下には「総務省の家計調査2カ月目」「総務省の家計調査やってます」さらに「給与の一策」が並んでいた。この3つの記事の共通点。主役がカミさんってことだ。ハムの記事ばかり書いてるのに。それを差し置いて。


それを伝えるとカミさん「そやろ、そやろ」って、喜んでる。「でも、その人気って誰が決めるっちゃろ? あんたのブログを読んだ人が決めると? 投票するん?」


想像もできないボケが飛んでくる。まるで松本伊代だ。昨日30日の土曜日、サンテレビでやってた「ウチくる!?」に出てた。夫のヒロミが言ってた。「ママはね、苗字って何、って聞くんだ」。ちょっと前にも言ってた。「ねば~る君」を見てた伊代ちゃん「ねっ、パパ。人が入ってんのかな」。当たり前だ。伊代ちゃんはカミさんと同じ今年50歳…


「アクセス数に決まってるやろ」…「そうね、そうね。やっぱりね。わたしのことば書き。ハムのことやらいいけん」


そうは言われたけど、少しだけハムのことを

●2―4中日(15年5月29日)
賢介の故障が、ここまでとは思ってなかった。三塁からのタッチアップで右腕を抱えるように走塁してるじゃないか。気迫でセーフにはなったものの痛々しい。大いに心配だ。

○4―2中日(15年5月30日)
仕事から帰ってブログを書きながら録画を見てるんで、最後までまだ見られてません。でも吉見はどうしちゃったんだろ。降板までは生で見てましたけど。3回の投球を見て、あのカミさんに「今日の吉見なら、いつかつぶせる。でも大谷が復調するか心配」とラインで伝えたら、4回に吉見はマウンドにいなかった。やっぱり異変か。高校球児だった三男の経験上、故障は克服してほしい。それが球児の励みになる。


ああは言うものの、カミさんはブログ開設当時は興味がなかったハムに、今は熱狂してます。ラインのやりとりの、ほとんどがカミさんからのハムの実況ですから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

リビングで勉強も野球観戦もしてる

○日本ハム13-1楽天

 「ハムの自力優勝って、なくなってるね」。意外な言葉を中2長男が口にした。「そんなことは、ないやろ」「じゃあ、西武とのゲーム差は?」「4.5」「西武との残り試合は?」「さあ」と言って日刊スポーツを開くと、「あっ、4しかない」「ねっ」。ソフトバンクファンの長男は得意気に言う。今はプレーオフ制度があるから自力1位と言葉を改めた方がいいが、プレーオフ制度がなければ、自力優勝の消滅は「終戦」を意味する。昨日、このブログで3位より2位、2位より1位、と書いたが、そんな状況に追い込まれていたとは。

 そんな意味でも、昨日のパ3強の試合は、理想的な結果だった。早々にハムの勝利は確定したから、ソフトバンクと西武の試合をザッピングで見ていた。ソフトバンクが、何と不運なイレギュラー安打でサヨナラ負けした瞬間には「あーっ…あっ、やった、ラッキー!」と大声。子どもが、どれほど熱心にソフトバンクを応援してるか知ってるのに、大人気ないったら、ありゃしない。でも、本心だから、仕方ない。夕食時に酒を飲んだ後、ソファーにデカい体を横たえ、イビキでもかこうとしていたカミさんからは「もーっ、うるさい!!」って怒られた。

 今度は延長に入った西武戦を見ていると、カミさん「子どもが勉強しよーとに、ほかに行って見られんと」と、また怒る。夏休みの宿題も佳境に入ったようで、リビングのテーブルでは、長男の横で、中1次男も「歴史」と大書きした紙に向かってる。一応、子ども部屋もあるんだけど、わが家では、リビングで勉強するのが習慣。そういや、最近の週刊現代に「中学受験に合格する子は、リビングで勉強していた」なんて記事があった。誰に聞いたわけでもなかったが、長男受験期のわが家もそうだった。さすがに、その時期は、9時を過ぎるとナイター観戦は遠慮してたけど。おかげで親も、酒も飲まずに読書したりで、一石二鳥だった。

 でも今は夏休み。受験生もいないし、と、お構いなしに見ていたら「うるさいって言いよろ。寝られんめーが」。カミさんの本心はこれだったけど、CATVが見られるのはリビングのテレビしかないんで、「仕方なかろうもん」と返してやった。そうこうしてると、西武が大量失点。これは、長男とともに喜んだ。その横で、中学受験とは無縁で、野球にも興味のない次男は、冷めた目で見てた。

 2位ソフトバンクとの差を1.5に縮め、1位西武との差も3.5.自力1位も復活した。幸雄さんにもヒットが出て、立石先発の試合でピッチャーを2人しか使わなくて済んだから言うことなしだ。立石は、初めて6回を投げたんだって? 珍しい先発投手だな。武田勝のセーブもプロ初とか。先発に戻さないのかなあ。まあ、名将ヒルマンに考えがあってのことだろうから、1位になると、信じて、ついていきましょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

代々木の先に九州が

 また休みを九州色に染めてしまった。延期になった中2長男の運動会を代々木公園で観戦した後、北九州は黒崎が発祥のラーメン「唐そば」に行こうと、明治通りに車を走らせようとした。わたしは、このラーメンが大のお気に入り。とんこつに鶏ガラや野菜の絡んだスープは、本当にうまい。

 と、カミさん。「九州じゃんがら、って書いとうけど、あれ、なんね?」と聞く。そうか、こっちでもいいか。ちょうど、パーキングメーターも空いていたので路線変更。ただ気持ちは唐そばだったので、わたしは、とんこつ100%ではない「じゃんがら」を、カミさんは、とんこつ100%の「ぽんしゃん」を注文した。

 あっという間に出てきた「じゃんがら」を一口。「うん…」。特長のないスープで物足りない。ところが、カミさん「うん!」。「ちょっと、くれよ」と手をのばしてすすると「あー、絶対こっちやった」九州の味は。でも、けっこう濃い味だから、食べられない人用に「じゃんがら」が、あるんだろう。カミさんは上機嫌で「ぽんしゃん」のスープを飲み干していた。しかし、九州の味でここまで機嫌がよくなるんなら、毎週そうしようか。次は、リンガーハットが照準だ。

 ところで、長男の通う渋渋の運動会。昨年も驚いたが、今年もやっぱり、ビックリした。自分が出ない競技の間に、メールはしてるわ、菓子は食べてるわ。記念撮影をしてるグループもいるから先生は注意しないのかな、と思ったら、先生がその輪の中にいた。カミさんも「入場門とか、退場門やら、ないっちゃろうか」。統率なんてまったく取れてない。でも、ある意味うらやましい。軍隊調の行進を強要されたこともあり、さらに運動オンチのわたしは、運動会が大っ嫌いだった。

 そうなのだ。運動会なんて、誰に見せるものでもないのだ。やってる人間が楽しいのが一番だ。あっ、ここでは、運動会じゃなくて、スポーツフェスティバルだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月12日 (月)

王者も今日から期末考査

 いやー、驚いた。今、買ってきた日刊スポーツを開くと、3面にドーンと「16歳新女王 中村美里」の大見出し。記事には、しっかり「渋谷教育渋谷高」と入っている。中1長男の通う「渋渋」の高校生、中村美里選手が、昨日の福岡国際柔道で初優勝に輝いた。高1以下での同大会優勝は、YAWARAちゃん以来の快挙だという。今日の学校は、大騒ぎだろう。あっ、今日から期末考査か。でも、大騒ぎだろう。

 昨日は家族そろって、テレビに見入っていた。中村選手のプロフィルを紹介するVTRが流れると、長男「オレの学校だ」と言って興奮している。北田選手との決勝戦「1本」の判定に、「ヤッター」と大歓声。しかし技ありに変更。「なして、なして」とカミさん。知らん…。しかし、知り合いでもないのに、なんでここまで熱中してるのだろう。長男と同じ学校に通っている生徒というだけ。でも、それで十分か。勝利の瞬間には、みんなで拍手を送った。

 昨日のこのブログは、アクセス数294と、最高の数字を記録したのだが、それも中村選手のおかげだった。検索ワードをみてみると「中村美里」「渋谷教育渋谷高」「柔道」なんて言葉が、やたらに目立った。そして、優勝の決まった午後4時台以降に、数字が急増している。思わぬ渋渋効果。ありがとう、そして、中村選手おめでとう。

 期末考査の勉強を中断してテレビを見ていた長男。中継が終わると「中村さんも、明日から試験なのかなあ」。わたし「そりゃ、そうやろ」。すると長男「いいなあ、赤点とっても、何も言われんやろうね」。わたしとカミさん、同時に叫んでいた「そんな問題じゃない!」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

ニンジン作戦なのかニンテンドーDS

 「ニンテンドーDS、手に入るかなあ」。福岡で明け方まで飲んでた酒が、まだ残っていたので、ソファーでグタッとしてた出張帰りの9日の夜、勉強をしていた中1長男が、突然つぶやいた。わが家では、ゲームは禁止。許していた時期もあったが、収拾がつかないほどやり続けていたので、やっぱり禁止。しかし、隠していたゲームボーイアドバンスを次男と三男が見つけ出し、隠れてやっていて、それがバレたので、ゲーム機2台を金属バットで粉々にしてやった。そんな事情を知っているはずなのに、なぜ、そんなことを言う?

 「ママが買ってくれるって! 期末(試験)で平均80(点)以上、取ったら」。そのママは、午後11時を過ぎても帰ってきてない。何の懇親会だか忘年会だか知らないが、まだ歌ってるのか。その間にも、居酒屋の庄やから、翌日の宴会予約を確認する電話が入ってきたから、この年末、どれほど飲むつもりなんだろう。そういや昼間、福岡空港にいたわたしに電話がきた。「今月、お金ないんよー。そこで思ったんやけど、アンタ今、出張やろ。そしたら出ようもん。出張費とやらが。それ、アタシにくれんね」。なんだ、そりゃ。それに、その金は、わたしの小遣いに、もう織り込んでいる。「アホか。オレの」と言って電話を切った。

 日付変更線を超えないうちに、カミさんが帰ってきた。「ただいま、フォーッ」とか奇声を上げて、腕を振り上げている。勉強を終えて「着信アリ」に見入ってた長男、「うるさいなー、聞こえない」。カミさん、お構いなしに「学問ば、したかーっ?」といっそう声を張り上げるから、長男「うるせえな、酔っ払いババアーッ」。でも動じない。「そげなこと言うと、ニンテンドーDSば買わんけんね」とか返してる。わたしが「なして、ゲームを買ってやるとか言うんか」と聞くと「80点取れたらのハナシ!。取れるわけなーい」。わたし危機感を覚えて「えっ、中間は取れとったやん」と聞くと「中間と期末は違うと!」「どこが?」「範囲が広い」。たったそれだけで…と返そうとすると「ニンテンドー80でも90でも、買うちゃる。世界中のゲーム機ば持ってこーい」。酔っ払ってるのか、ゲキを飛ばしてるのか、よくわからないし、ゲーム機の名前とテストの点数が、ごっちゃになっている。

 と、カミさん。小6次男の、漢検(漢字検定)5級の合格証を見つけた。「わっ、すげえ。あいつ受かっとる。何の勉強もしとらんとに」。次男は長男と違って、中学受験なんてまったく興味なし。家で教科書を広げた姿なんて、見たことない。素直に次男の「快挙」を褒めりゃいいのに、カミさん、長男に向かって「アンタ、今度4級ば受けるっちゃろ。落ちたら、あいつ(次男)と一緒(のレベル)やけんね」。「うるせえなあ」。長男の叫びが響いた。渋渋の期末考査は、あす12日から。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

渋渋から五輪?

 中1長男の通う学校名を、スポーツ新聞で見ようとは思わなかった。「柔道の講道館杯は19日、女子7階級を行い、48㌔級は高校1年生の中村美里(東京・渋谷教育渋谷高)が、4連覇を狙った北田佳世(ミキハウス)に優勢勝ちし初優勝を果たした(11月20日付日刊スポーツから引用、一部略)。渋谷教育渋谷? 渋渋じゃないか! 「北田倒した 高1中村V」の見出しまで、ついてる。

 早速、長男に教えてやった。「えーっ」。しげしげと日刊スポーツをながめていると、カミさんが「ホントに?」と、やってきた。「グラチャンバレーと同じ大きさで載ってる」と長男が伝えると、カミさんは寂しそうだった。元バレーボール部…。朝日新聞には、署名入りの長い記事も載ってた。長男は、「学校便り」を、見せてくれた。生徒の活躍の欄に、あるある。高校総体2位とか、国体準優勝とか。その欄は、ほとんど、女子柔道部の成績で占められている。そういや、柔道部の子かどうか知らないけど、痴漢に遭った女子生徒が、痴漢犯を投げ飛ばした、って聞いたことがあった。しかし、なんで、これほどまでに強いの?

 「さあ」。長男も答えられない。そして「いいよね」って言う。「柔道で大学に行けるもんね」。カミさんと2人「なん、言いようとか」と叱り飛ばしてやった。「オマエの行っとう中学に柔道推薦やらあるんか」「ない」「そしたら、その子だって、柔道で大学に行きたいとか、思っとらんやろ」。日曜日の午後の会話。長男は、食卓で勉強をしていた。MDウオークマンのイヤホンを耳に突っ込みながらではあったけど、休みの日に、昼間っから勉強してることは、ほめてやろう。

 「そのうち、ワイドショーとか新聞とか取材にくるぞ。柔道のニューヒロインの、高校生活とか、いってよ」。そんなことを言ってる、親の方こそ、おめでたいか。さっきテレビをつけてたら、その大会の録画中継をしてたから、思わず見入ってしまった。優勝インタビューで目標を聞かれると、きっぱり「オリンピック出場です」と答えていた。そんな「金の卵」が、なんで渋渋にいるのだろう。しかし48㌔級といえば、あのYAWARAちゃんの階級じゃないか。出産明けの亮子と一騎打ちなのか。注目だ。そして、応援してるよ。中村さん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月23日 (木)

楽しい中学校っていいな

 まさかロッテに、日本ハムが連勝できるとは思わなかった。さぞや、ロッテファンの胸のうちは…そう考えていると、先週行った、渋渋の学校公開を思い出した。中1の表現(国語)の授業にロッテが登場してた。

 「ロッテってチームがあるの」「あるよ」「先生、そこのファンなの」。途中から聞いたので、どうしてそんな話になったのかは、分からない。ここからは、先生の独演会になった。「生まれてからの千葉ロッテファン。生まれから優勝していないのが、ロッテと日本ハム」。おいおい、いらんこと教えんで、よろし。「今年が最大のチャンス」と願いを込めるように話していた先生の気持ちは今、いかばかりか。

 しかし、楽しい学校公開だった。余談が終わったので表現の授業を離れると、向かいの教室では歴史。隋や唐の話に引き込まれてしまった。教科書などは、ただ進行の確認に過ぎないのね。先生の言葉にも動作にも活力がある。わたしたちが受けた「はい、だれか教科書を読んで」的な、面白くもおかしくもない授業とは違うのだ。西遊記の話になれば、夏目雅子までが登場していた。

 その1週前のスポーツフェスティバル(運動会)でも感じたことは、生徒たちが楽しそう、ということ。運動会によくある組体操や踊りなど、父母らに見せるためだけの種目はない。自分たちの世界を自分たちで楽しんでいる。それでいいじゃないか。本来、運動会なんて、誰に見せるってもんじゃなく、やってる人間が楽しいのが一番だ。見せるための練習が、わたしは中学時代に一番嫌いで、体育嫌い、運動会嫌いになった。まあ渋渋の場合は、代々木公園の陸上競技場を借りて行うから平日開催を余儀なくされ、見に行く父母が少ないという事情も大きいのだろうが。

 学校公開も終わり帰ろうとすると、目の前に長男の後姿があった。持っていた傘で「カンチョー」とばかりに肛門を突いても無視している。「もう1回やり」とカミさん。指令通りにすると、長男は振り向きもせず、さりげなく逃げて行きやがった。そういう年頃になったか。しかしカミさんがどう思うか。家に帰ると案の定「アンタ、せっかくパパとママがカンチョーばしたとに、無視したろー」と怒られていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

初めての2週続けて渋谷

 先週金曜日の入学式に続き、今週は保護者会で、昨日は渋渋へ。2週続けて渋谷に行くなんて、人生で初めてかもしれない。しかし、さすがは渋谷にある中学だ。危険回避とトラブルに巻き込まれた時の対応について、事細かく注意がなされていた。「決して安全なところでは、ありませんから。1人では、できるだけ帰らないように」。変に、「ウチの学校は安全です」と取り繕われるよりは、よっぽどいい。それに、純粋培養ばかりでも、どうかと思う。世の中を必要以上に見せることはないが、無理に隠すよりは、ありのままを見せた方がいい。そんな事も、志望動機の1つだった。それでも、先生方の努力により、トラブルに巻き込まれる渋渋生が、ほとんどいなくなっているらしいのは、何よりだ。

 勉強の方では、相当にプレッシャーをかけられた。「毎日、2時間はかかるくらいの宿題は出します」。ふーむ。長男と楽しみにしていたのは、学校が終わった後、夕方渋谷で落ち合って「交流戦を見に行こう。神宮はすぐだし、横浜だって近い」と言っていたのだが。このぶんじゃ、ナイター観戦なんてとんでもないようだ。仕方ない、1人で行くか。

 ○日本ハム5-3楽天。上記のような理由で、ちょうど試合時間が保護者会でした。だから、せっかく東京ドームで試合をしてるのに、生でもテレビでも見られませんでした。PHSからサイトにアクセスし、8回の勝ち越しを知った時には、地下鉄の中で「よし」と叫びましたけど。その後は、サッカー、競馬、野球のナイターと出来事が目白押しで、息つく暇もありませんでした。どっさり疲れて、ファイターズの試合を振り返る気力もないほどです。

 しかし、4連勝で5割復帰。思いもしない早さでしたね。でも、その前は4連敗してましたから、取り戻しただけか。今年は、連勝、連敗が多いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木)

通学定期ってどう買うの?

 朝6時。酒を飲みながら録画しておいたビデオを見ていると、渋渋に通う長男が起きてきた。そして言った。「ねえ、早く定期、買ってよ」。そうだよな。いるよな。「おう」と答えて、ふと疑問。何カ月ほど買えばいいの?

 小学、中学、そして高校も歩いて通っていたわたしに、定期なんて縁がなかった。上京して大学に通うのも、徒歩だった。持ったことがないから「定期」は、あこがれの存在だった。そして、持ったことがないから、買い方がわからない。

 定期は普通、1カ月、3カ月、6カ月。3カ月じゃ1学期に足らないけど、6カ月じゃ夏休みに入る。でも、学校へ頻繁に通うことも、あるのだろうか。「確認してこい」と、子どもには告げた。通うのなら割引率の高い6カ月定期×2で1年を賄った方がいいのか。それとも、1学期は3カ月と切符、2学期は3カ月+1カ月、3学期は3カ月が効率的なのか。

 以前に暮らしていた福岡では、西鉄バスのチラシで「学期定期」なる案内を見た記憶がある。でも、東京の地下鉄や私鉄、JRでは、その存在はないようだ。あれば、便利なのに…。

 長男のある友だちは、1カ月だと言う。理由を聞けば「なくすかもしれないから」。うーむ、そこまで考えなければいけないのか。いい買い方を、どなたか教えてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)