2017年2月14日 (火)

恵美須ケ浜造船所跡

 食道がんの治療を行う前には、

山口の萩に1年半ぶりに里帰りをしていた。

前回は、ちょうど世界遺産に登録された直後。

「大板山たたら製鉄遺跡」から

造船所に向かいます、と記したっきり

更新を止めてしまった。

来ていただいた方、すみません。

1年半遅れの「世界遺産」完結編です。

Bus1


「花燃ゆ大河ドラマ館」は閉館していたが、

新山口駅からの直行バス「スーパーはぎ号」は

運行を続けていた。

平日の昼間に、10人ほどの乗客がいるから

「えっ、こんなに」と驚いた。


Busfront1


中国自動車道と、途中まで完成している

小郡萩道路を通って、ノンストップ1時間。

「萩・明倫センター」からは

萩循環まぁーるバスの東回り「松陰先生」に乗り

市内をぐるぐる回りながら30分、

「萩しーまーと」が「恵美須ケ浜造船所跡」に

最も近い。


とはいえ、まだけっこう歩くので、

土日は「萩しーまーと」から、

シャトルバスが出ていると、

バス停に案内があった。

実は今回、世界遺産の旅はしていない。

ここに来たのは、すぐ近くにお墓があるから。

ここからの写真は、前回訪問時の写真です。

ご了承ください。

Sekihi

こんなところに造船所があったとは

郷土史でも習ったことはなかった。

高校まで暮らしていたのに知りませんでした。


146

日本海の眺めがきれい。


149


ほど近い場所に「反射炉」。

こちらは知ってました。


150

宝くじも買えますし

コンビニもあります。


151


すぐ近くを山陰本線が通ってます。


153


反射炉から恵美須ケ浜造船所跡を望む。


159

元の場所に戻って、

旧明倫小学校は1935年の建設。

父も、わたしも学びました。

70年代は2000人近い児童が通ってました。

当時から古かった、という印象。

それでも築40年程度だったのですね。

廊下の床が、よく抜けたものでした。


166


当時の運動場は今、駐車場に。

どこか寂しい。

向こうに見えるのが2014年に完成した

新校舎ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

大板山たたら製鉄遺跡

おおいたやまたたらせいてついせき。

読み方も知りませんでした。

高校3年まで萩にいたけど、聞いたことなかった。

1723

電話の工事中です。

1867


喜びも控えめ「世界遺産」


1868


萩の中心部から車で40分。

津和野方面に車を走らせます。

30分弱走ったでしょうか。信号を左に曲がります。

←大板山たたら製鉄遺跡

の看板を見過ごしてしまいました。

ホント、萩の観光地はアピール下手なんですよね。

世界遺産への入り口に、大きい看板もない。

「道の駅ハピネスふくえ」

の手前の信号です。ここには垂れ幕もありましたけど
ここまで行ったら行きすぎです。

んで、橋を渡って突き当ったら

横断幕がありました。

いかにも手作り感が満載。

ここを右ですね。

ここからは、「あと5キロ」とか「あと3.5キロ」とか

これもまた手作りの看板を頼りに車を走らせます。

ダムの先に、誘導員がいて、その先が目指す世界遺産です。

駐車場もありました。

人がいます。車も止まってます。世界遺産おそるべしです。

こんな所とは言っては失礼ですが
知らなかった。

高校時代は隣村の福栄村に行く用事がなかったので
行ったこともない。

ホント、何もないところですよ。

なのに人がいる。

1871


登録されたのが8日のこと。

それとは関係なしに帰省の計画を立てて
この日は7月10日でした。

1731


いやあ、すごいな。

世界遺産にでもならなければ
きっと人はいませんよね。

車以外の交通手段では行けないし。

駐車場は車5~6台とバス2台の収容。
平日でこれだから
土日は大丈夫なんでしょうか。

最初の週末前に見学できてラッキーでした。

1732_2


ここでできた鉄を使って造った造船所に、ここから向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

世界遺産への旅その2

1901

わたしのブログって、話題をふったにもかかわらず
以降ふれないなんて、そんなのばっかりです。

でも、今回は世界遺産。責任を持って記しましょう。

萩市には5つの世界遺産の資産があります。
「萩城下町」と「松下村塾」は、
説明の必要もないほど、どなたでもご存知でしょう。

すっごいーよなあ、萩城下町が世界遺産なんだ。
ということは、萩城下町に実家のある
わが家も世界遺産か。

理想ですよ
「まちじゅう博物館」が
「まちじゅう世界遺産」

萩=世界遺産です。

萩の街に入るだけでお金取れませんか。
昔っから、そうできないかと思ってました。

今だからそうしましょう。何たって世界遺産なんだから。
だいたい、観光商売が下手なんですよ。萩って。

呼び込みなんて、どこにもいないし。
不快な思いをされた方は、多分いないと思います。

まあ、いいや。世界遺産になったんだから。

「萩反射炉」
は知ってても

「大板山たたら製鉄遺跡」

「恵美須ケ浜造船所跡」は
萩市民だった私でも知らない…っていうか聞いたことない。

そういや、一昨年に大阪であった高校の同窓会に初めて出席して
世界遺産の候補って初めて、聞いた。
でも「世界遺産になっても、何の整備もできていない状況です」
なんて言ってた。

だから萩市民として行ってきました。

萩市の中心にあるわが家から、昨日から引き続き借りているレンタカーで40分ほどですか。
今は萩市ですけど、旧福栄村なんですよね。
初めてきたかな。道が細くって、カーナビも途中からわけわかんなくなりました。

1723

携帯も入らない場所ですから、どうやら急ピッチで固定電話の敷設工事をしているみたい。トイレにも入りましたが、真新しくていいですね。

1727_2

んで、話は途中だけど続きは、またするとして
昨日のハムは良かった。

こだまのなかで、音を消してJCOMオンデマンドを見てて
1922

くるくる回るGAORAの画面に想像を走らせていた。スクイズか、すごいね。

家に帰って、確認しました。素晴らしい勝ち方です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

世界遺産への旅その1

世界遺産に登録された地を目指して。
そんな旅に、カミさんと2人、1泊2日で行ってみました。

1753
ここは、昔から知っている。

でも

1725

も知らなければ


1736

も知らない。


結果的にタイミングよく、世界遺産を回る旅となったが、
実は、ただの里帰り。わたしの地元の山口へ行こうと
福岡出身のカミさんが提案した。


新大阪9時35分発こだま737号。

1721_2


今回は安さに目がくらんだ「こだま」の旅である。
新山口まで3時間37分。
最速の、のぞみなら1時間54分だ。速い…っていうか速すぎる。

1707_2


こだまの指定席2×2シートは快適だ。

以前「東海道」のこだまに乗って
「こだまは、いかんバイ」

と言ってたカミさんも、
すんなりと心地よく
その体を収めることができた。

カミさんの提案とはいえ
カミさんが不機嫌になると困るのだ。
その第一関門が「こだま」だった。
シートはOK。

しかし、まあよく停まる。
こだまだから当たり前だけど、
新神戸0分の後は西明石5分、姫路4分、相生3分…
全て後続ののぞみに抜かれるのだろう。
のぞみも止まる岡山を1分で乗り越えても新倉敷3分
そして福山。

ここで、わたしは策を講じていた。
福山到着11時16分、発車26分。
10分以上止まるのはここと新岩国だけ。
でも新岩国に何もないことは山口県人のわたしが知っている。
腹をすかせたカミさんは、不機嫌きわまりない。
だから、ここが長旅の分岐点なのだ。

「さあ、お弁当買いに行こう」
停車まくりなのは伝えていた。

でも不安のようだ。初めて列車から降りる。

10分も止まるんですよ。

わたしが鉄道を乗り歩いていた時代、
列車から降りる基準は4分だった。

4分あれば、入場券を買って駅舎の写真が撮れる! 
乗り遅れるはずがない。

でもカミさんには経験がない。
エスカレーターを「ずいぶん長いね。で、遅いね」と言い
降りたら一目散に売店に向かい
大好きな「幕の内」と「ビール」を買っていた。

いつも会計は必ずわたしなのに…
待つこともできないほど焦っていたみたい。

わたしは、ゆったり
「あなご弁当」と「お茶」買った。

その後の新岩国では

1709_2

錦帯橋の「壁画」を見ながら発車を待ち

1715


のぞみが追い抜いてゆく

そんな中

1713

喫煙コーナーに人の姿。

なるほどね。

700系こだまには、喫煙ルームなんてないから。
駅のホームが喫煙時間ですね。よくできてます。
当然ながらわたしも一服しました。

こんな光景をよそに

ビールを飲んだカミさんはスヤスヤ。

食って寝て
起きて食って
飲んで寝て

快適環境の中で
本能のままに生きるカミさんが、うらやましい。

13時12分
新山口到着。

ビールを飲んで気持ちいいご機嫌なカミさんと
2時間前にビールを一口だけ飲んだ義務感のわたしは
レンタカーを借ります。

ここからはプライベート。
山口に行って、いとこの子ども
(って、なんていうんだろ)
赤ん坊って、まあ、かわいい

赤ちゃんなんて抱いたの20年ぶり!

って、カミさん第一目標の対面を果たし

わたしの「人生の恩人」
益田の伯父に会って、

夕方、萩に帰りました。

さあ、明日は世界遺産をめぐります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

悼む、東京ボーイズ

悲しいニュースだった。

東京ボーイズのリーダーが亡くなった。まだ、63歳。
わたしが、一番好きな、芸人(グループ)だった。

もう、20年以上前だろうか。新宿末広亭で、初めて存在を知った。
昔風の芸ながら、ブラックなネタに腹を抱えて笑った。

平日の昼間なので、ほとんど、観客はいない。
しかも、大笑いしているのは、わたしだけ。
だから、東京ボーイズの3人が、わたしに向かって
ネタを演じていた。
ように、見えた。

以来、テレビ朝日の「ザ・テレビ演芸」など、
出演番組は、ほとんど見ていた。

最近、寄席に行ってなかったけど、
出演者の中に名前があったので、
いつでも見られるものと、安心しきっていた。

もう、生であの芸が見られないのは悲しすぎる。

アコーデオンが抜け、
ウクレレと三味線だけで
あの芸が、できるのか。

してもらえると信じて、久しぶりに寄席に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

護国寺に初詣でしてきた

 さあ、これから、紅白歌合戦を見て寝よう。今は1月1日の午前6時です。家に帰って、紅白がハードディスクに撮れていたことを確認にして、このブログを書いてます。ビデオじゃありませんから。ハードディスク。これを手に入れるためには、池袋のビックカメラと、メーカーのパイオニアとの間で、ひともんちゃくも、ふたもんちゃくも、あったのですが、この話は、後日に興味があるならば書きます。とにかく、普通の新年のあいさつはしたくなかったということで、さっきまで仕事してましたから。ジョナサンでビールとウーロン杯を、しこたま飲んで、今、家に帰ってきました。ファミレスに、いっぱい人がいたことに、驚きました。

 昨年、入社した部員2人を引き連れて、初詣でに行ってきました。護国寺。駅の名前は聞いてたけど、行くのは初めてでした。この時間だからか、寒いせいなのか、ファミレスとは対照的に、境内には7人しかいませんでした。それでも、絵馬などを売っていたので、買いもしないのに巫女さんと話していると、この木造建築は、たいそう古いそうで、由来とか、ほかにもいろいろ聞いたんですが、酔っ払ってたんで覚えてません。新人2人は、わたしのはるか後ろで、笑ってました。

 もう、ここまでが限界です。今日1日は休みですが、2日からは仕事なので体を休めます。NHKデジタルハイビジョンを録画した紅白歌合戦を見ながら寝ます。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)