2015年7月14日 (火)

大板山たたら製鉄遺跡

おおいたやまたたらせいてついせき。

読み方も知りませんでした。

高校3年まで萩にいたけど、聞いたことなかった。

1723

電話の工事中です。

1867


喜びも控えめ「世界遺産」


1868


萩の中心部から車で40分。

津和野方面に車を走らせます。

30分弱走ったでしょうか。信号を左に曲がります。

←大板山たたら製鉄遺跡

の看板を見過ごしてしまいました。

ホント、萩の観光地はアピール下手なんですよね。

世界遺産への入り口に、大きい看板もない。

「道の駅ハピネスふくえ」

の手前の信号です。ここには垂れ幕もありましたけど
ここまで行ったら行きすぎです。

んで、橋を渡って突き当ったら

横断幕がありました。

いかにも手作り感が満載。

ここを右ですね。

ここからは、「あと5キロ」とか「あと3.5キロ」とか

これもまた手作りの看板を頼りに車を走らせます。

ダムの先に、誘導員がいて、その先が目指す世界遺産です。

駐車場もありました。

人がいます。車も止まってます。世界遺産おそるべしです。

こんな所とは言っては失礼ですが
知らなかった。

高校時代は隣村の福栄村に行く用事がなかったので
行ったこともない。

ホント、何もないところですよ。

なのに人がいる。

1871


登録されたのが8日のこと。

それとは関係なしに帰省の計画を立てて
この日は7月10日でした。

1731


いやあ、すごいな。

世界遺産にでもならなければ
きっと人はいませんよね。

車以外の交通手段では行けないし。

駐車場は車5~6台とバス2台の収容。
平日でこれだから
土日は大丈夫なんでしょうか。

最初の週末前に見学できてラッキーでした。

1732_2


ここでできた鉄を使って造った造船所に、ここから向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

世界遺産への旅その2

1901

わたしのブログって、話題をふったにもかかわらず
以降ふれないなんて、そんなのばっかりです。

でも、今回は世界遺産。責任を持って記しましょう。

萩市には5つの世界遺産の資産があります。
「萩城下町」と「松下村塾」は、
説明の必要もないほど、どなたでもご存知でしょう。

すっごいーよなあ、萩城下町が世界遺産なんだ。
ということは、萩城下町に実家のある
わが家も世界遺産か。

理想ですよ
「まちじゅう博物館」が
「まちじゅう世界遺産」

萩=世界遺産です。

萩の街に入るだけでお金取れませんか。
昔っから、そうできないかと思ってました。

今だからそうしましょう。何たって世界遺産なんだから。
だいたい、観光商売が下手なんですよ。萩って。

呼び込みなんて、どこにもいないし。
不快な思いをされた方は、多分いないと思います。

まあ、いいや。世界遺産になったんだから。

「萩反射炉」
は知ってても

「大板山たたら製鉄遺跡」

「恵美須ケ浜造船所跡」は
萩市民だった私でも知らない…っていうか聞いたことない。

そういや、一昨年に大阪であった高校の同窓会に初めて出席して
世界遺産の候補って初めて、聞いた。
でも「世界遺産になっても、何の整備もできていない状況です」
なんて言ってた。

だから萩市民として行ってきました。

萩市の中心にあるわが家から、昨日から引き続き借りているレンタカーで40分ほどですか。
今は萩市ですけど、旧福栄村なんですよね。
初めてきたかな。道が細くって、カーナビも途中からわけわかんなくなりました。

1723

携帯も入らない場所ですから、どうやら急ピッチで固定電話の敷設工事をしているみたい。トイレにも入りましたが、真新しくていいですね。

1727_2

んで、話は途中だけど続きは、またするとして
昨日のハムは良かった。

こだまのなかで、音を消してJCOMオンデマンドを見てて
1922

くるくる回るGAORAの画面に想像を走らせていた。スクイズか、すごいね。

家に帰って、確認しました。素晴らしい勝ち方です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

光回線の「転用」ご注意

○日本ハム2―0西武

快勝だ。良かった。思いっきりムシャクシャしてたから。前日の大敗の試合は、ほとんど見ることができなかった。ソフトバンク光だ、その代理店だ、そのまた代理店の営業マンと話してたから

「とにかく元に戻せ」。その言葉ばかりを、がなり立てていた…ホント、疲れた。

きっかけは@niftyから届いたハガキだった。

料金コース変更のお願い

このたびNTT東日本より、お客様の「@nifty光ライフ withフレッツ」利用解除の連絡がございました。つきましては、料金コースの変更手続きをお願いいたします。

そして手続きをしなければ

Tennyou_2

@nifty解約予定日 2015年6月30日(火)

とある。困るやないか。解約されたんじゃブログも書けない。そもそもフレッツ光の利用解除をした覚えもない。

フレッツ光は、実家を離れ千葉で1人暮らしをしている大学2年の三男のために、私名義で契約したもの。子どもにラインしてみた。すると

「ソフトバンクの人が来てどうのこうの言ってたよ」
「書類は書いた」
「料金は安くなるらしい」

どうやら、アパートのネット回線を変更したらしい。しかし、フレッツ光以外に使えたっけ? ソフトバンク?

niftyに電話してみた。25日の16時すぎのこと。そこで聞いたのは光回線の「転用」。全く知らなかったけど、今はNTT光の設備を利用して、さまざまな会社が光事業に乗り出せるようになったとか。ソフトバンク光も、その1つらしい。しかし、子どもの携帯はソフトバンクでもないのに何で、なんてつぶやくと

「もったいないことをしました。niftyならauセット割で1200円ほど安くなったんですけど」

まあ、しようがない。フレッツより、ソフトバンクの方が安くなるんなら、いいや。違約金も発生しないって聞いたから。この日は、まだ、そんな軽い気持ちだった。niftyは基本コースに変更した。


翌26日、金曜日16時35分。子どもから聞いたYahoo!BB総合受付センター

0298759568

に電話した。念のため契約内容を確認しようと思って。でも、いまどき、フリーダイヤルじゃないんだな。0298ってどこだろ。

NTTフレッツ光からソフトバンク光のマンションタイプ3800円にご契約いただきました。

ふーん、安いな。でも次の言葉が変。

オプションサービス、最大2か月無料の8点がついています。

ふーん、どんな内容なんだろ。「すべて説明を差し上げますか」「して」

BBフォン(ユニットレンタル代)467円
BBフォンオプションパック500円
ワイファイマルチパック990円
トクホーダイ500円
BBホームドクター500円
BBマルシェ458円
BBサポートワイドプラス500円
BBお掃除レスキュー458円

なんだ、こりゃ。なんでこんな契約になってんだ。

ここで「転用」についても詳しく聞いた。私名義のフレッツを子ども名義のソフトバンク光に変更した。それには転用承認番号が必要でお客様で取得していただく。

「そんな手続きをした覚えもないし、名義人のわたしに何の連絡もない」
「この契約は代理店で行っております。ヒューマンスピリットの○○が訪問しています。経緯は確認しないとわかりかねます」

その訪問した営業マンか、Yahoo!BB総合受付センターとかから連絡します、とのことで電話を切った。
ちなみに今、わたしがかけている電話先を聞くと
ヒューマンインベストメントという会社で、本社はつくば市だという。

しかしねえ、こんなオプションねえ。子どもにはラインした。

「こういう契約行為は自分だけで判断して書類に署名しないで」

ハム戦も大敗が決まったころ(昨日のブログです)帰ってきたカミさんに伝えたところ、烈火のごとく怒りだした。

「で、アンタ(子どもに)電話したん」
「連絡はしたよ。ラインで」
「ラインじゃ、つまるもんかいね」
というが早いが電話した。

「アンタ、とんでもない契約したらしいやん。はっ、今からバイト。ああ、そうね、2度としないでね」

それから、まあ当たり散らされたこと。ハムが大敗してるからねえ。もう、かなわん、と寝室にかけこんだ。

ちなみに連絡をしますと言った、ヒューマンインベストメントからもヒューマンスピリットからも電話はなかった。今日であれば、これからいつでも構わないとは伝えていたけど。

翌27日土曜日お昼前。

とにかくオプションだけは解除しなければ、と、前日のヒューマンインベストメントに電話した。しかし、オプションの解除は、ここではできないから、ソフトバンク光に直接、連絡してくれという。ふーん、契約はできるくせに、解除はできないんだ。イライラついでに、契約の経緯について連絡すると言ってたけど、昨日も今日もこの時間まで連絡がないとはどういうことか、と聞くと、「まだ代理店と連絡がついてない状態ですので」と言う。じゃあ、いつ連絡をくれるんだ、と言って電話を切ると、ほどなく電話がきて、ヒューマンスピリットの○○から18時までに連絡をさせる、と言ってきた。

12時57分。ソフトバンク光
0800-111-2009に電話。

まあ、オペレーターにつながるのに、手間がかかった。自動音声でご案内しますというが、こっちはオプションが8つもあるんだ。1つずつ解除なんて面倒このうえないから。

待ち時間も含めて30分以上は格闘してただろうか。電話に出たオペレーターにオプションの解除を申し出た。さっきのヒューマンインベストメントに確認してわかったのだが、ソフトバンク光との契約開始は4月10日、オプションは最大2か月無料だから、6月から料金が発生しているとのこと。合計4373円…あほらしい

オペレーターに愚痴まじりで聞いてみた。

「そもそも、この転用はフレッツ光の名義人である私に何の連絡もなく行われたことで、この契約の有効性をも疑いたいところなんですけど、おまけに必要とも思えないオプションが8つも付いて。でも取り急ぎは、このオプションを解除することが最優先で、契約の有効性うんぬんを言ってる段じゃないですよね。とにかくオプションを解除して」

するとオペレーターから思いもかけない言葉が返ってきた。

お聞きする限りでは、あまりにもひどいので、何とかできないか確認します。ついては少しお時間をいただけますか。よろしいでしょうか。納得したうえで、いったん電話を切った。

14時4分。電話が鳴った。ソフトバンク光はずいぶんと対応が速いな、と電話に出ると、
ヒューマンスピリットの○○だった。それも、信じられない言葉だった。

フレッツ光のご契約者であるお父様に連絡もなく、不手際がございました。

すんなり認めるとはねえ。そもそも、どうやって契約したの?
「息子様のお部屋をピンポンさせていただきました」

「で、必要もないオプションを付けたんだ、そもそもBBフォンなんて固定電話のサービスだよね。子どもに固定電話の有無を確認したの」「いえ」「じゃあ、あれだよね。ほとんど理解してない未成年を一種、だまして契約したようなもんだよね」「はい」

…またびっくりした。あっさり「詐欺まがい」と認めたのだ。

じゃあ、こっちにも言い分がある。わたしに承諾もなく望んでもない契約だから、元に戻してくれ。そう言うと急に口が重くなった。

NTT光へのお申し込みは、お客様本人からのお申し入れが必要です…

ここでカチンときた。「お客様本人のお申し入れが必要な転用承諾番号を、契約者本人の承諾も得ずに取ったよね。じゃあ、同じようにして戻してよ。とにかく元通りにして。それ以外は、受け付けない」

すると、「会社の上席と相談します」ときた。「何時までに連絡いただけますか」「18時までに必ず」「じゃあ、○○さんの会社の電話番号を教えて」「わかりません」「はっ」「知りません」「いや、自分の会社の電話番号だよ」「わからないんです」「あなた、会社の上席と相談します、って言ったよね。どうやって相談するの」「携帯に」「ああ、しかし自分の会社の番号を知らないなんて信じがたい」「名刺を携帯していればわかるんですが、今は持っておりませんので」「名刺には会社の番号が書いてあるんだ」「はい」「でも名刺がないから分からないんだ」「はい」

あきれ返って声もでなくなったから「はいはい」と言って電話を切った。

ここまで書いて、また疲れ果てた。続きは後日にしましょう。

普段、三男は自分からラインなんてしてこないのに、夜おそくメッセージが来てた。

「明日は森ファンの友人と西武ドームに行ってきます笑」「ちゃんと日ハム側の席とったからね」

わたしは気が付かないまま寝てた。子どもなりに、親の機嫌を取ろうとしてるのかな。

翌28日の日曜日も、起きる前にメッセージがきてた。

「菊池が絶好調ですね」

その後は仕事に行くので「試合に変化があったら連絡して」と送ったら、まあメッセージが来ること。逐一、速報をしてくれた。気を使ってるんだね。子どものけなげさを感じてしまった。

ちなみに西武ライオンズの森と、わが息子は中学時代に対戦しています。結果は2打数0安打1四球でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

王者も今日から期末考査

 いやー、驚いた。今、買ってきた日刊スポーツを開くと、3面にドーンと「16歳新女王 中村美里」の大見出し。記事には、しっかり「渋谷教育渋谷高」と入っている。中1長男の通う「渋渋」の高校生、中村美里選手が、昨日の福岡国際柔道で初優勝に輝いた。高1以下での同大会優勝は、YAWARAちゃん以来の快挙だという。今日の学校は、大騒ぎだろう。あっ、今日から期末考査か。でも、大騒ぎだろう。

 昨日は家族そろって、テレビに見入っていた。中村選手のプロフィルを紹介するVTRが流れると、長男「オレの学校だ」と言って興奮している。北田選手との決勝戦「1本」の判定に、「ヤッター」と大歓声。しかし技ありに変更。「なして、なして」とカミさん。知らん…。しかし、知り合いでもないのに、なんでここまで熱中してるのだろう。長男と同じ学校に通っている生徒というだけ。でも、それで十分か。勝利の瞬間には、みんなで拍手を送った。

 昨日のこのブログは、アクセス数294と、最高の数字を記録したのだが、それも中村選手のおかげだった。検索ワードをみてみると「中村美里」「渋谷教育渋谷高」「柔道」なんて言葉が、やたらに目立った。そして、優勝の決まった午後4時台以降に、数字が急増している。思わぬ渋渋効果。ありがとう、そして、中村選手おめでとう。

 期末考査の勉強を中断してテレビを見ていた長男。中継が終わると「中村さんも、明日から試験なのかなあ」。わたし「そりゃ、そうやろ」。すると長男「いいなあ、赤点とっても、何も言われんやろうね」。わたしとカミさん、同時に叫んでいた「そんな問題じゃない!」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

震度3は水増しだろう

 ○日本ハム2‐1阪神。いやー、面白かった。なにがって、ヒーローインタビューが終わり、木元と稲葉の間に割って入ったB・Bの姿。ユニホームには砂がベットリ。それも、一塁にヘッドスライディングをした木元と、同じように、砂がついている。わざわざ、汚してきたんだね。楽天のキャラクター・カラスコも楽しいが、B・Bだって負けていない。

 3イニングを投げた横山の疲れだけが心配だが、昨日の横山は完璧だった。ヒルマン監督がつい最近「横山の好投は1度しか見ていない」と発した言葉に発奮したのだろうか。ともかく、これで吹っ切れたことだろう。疲れよりも、気持ちの充実の方が大きいとみたい。

 昨日、午前4時52分の地震。夕刊によれば「練馬区で震度3を観測した」とある。わざわざ練馬区としてあるところが、差別されたようで気になる。ほかの22区はそう揺れなかったけど、練馬だけは揺れた、なんて…。それに、あの揺れで震度3は、ないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年5月 7日 (土)

今、揺れた

 酔っ払ってるんじゃないよね。今、グラグラっていってた。家族の出身地、わが家を建てた福岡で大地震があってから、やっぱり敏感になってます。

 とりあえず、パソコン部屋を出て、食器棚を押さえましたけど、これ以上揺れたら、すぐに2階に寝ている家族のもとへ、階段を駆け上がろうって思ってました。

 震度は1か、いってても2かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月21日 (月)

福岡県の家が心配だ

 心配だ。だけど、状況は確認できなかった。震度6弱の地震が、福岡を襲った。わたしの家は、震度5弱と報じられた、福岡県の宗像市にある。今は転勤で東京にいるから、人に貸している。様子はどうだろう。全壊や半壊じゃないだろうか。地震に遭遇しなかったのは幸運だったかもしれないが、持ち家の状況がどうなのか、分からないのはもどかしい。

 入居されている方に、電話をしようとした。しかし、募集から契約の手続き、家賃の請求まで、すべて管理会社に任せている。昨年の台風で「樋が破損したから修理を」の依頼も、管理会社からあった。面識もなく、話したこともない入居者の方に、身を案じる電話をしても、どうせ家を心配しているだけだ、と思われるのが関の山だろう。たとえ家に何かあってても、どうすることもできないし、重大な事態になっていれば、管理会社から連絡がくるはずだ。などと、カミさんと話し、直接の電話はやめた。でも、気になる…。

 耳を疑った。午前7時に寝たわたしには、地震発生時は熟睡中の「真夜中」。それでも、小6長男の「福岡が震度6弱だよー」の大声に飛び起きた。「なんてか」。地震なんて、無縁の地域じゃないか。頭が覚醒していないせいか、テレビに映る福岡の街を見ても、まだ実感はなかった。カミさんは、その時ちょうど、宗像の友人と電話していたと言った。「揺れてる、揺れてる。大丈夫やけど、1回切るね」。そう言われたという。「受話器を通しても、轟音が聞こえてきたもんね」と、興奮覚めやらぬ様子だった。

 それにしても、もし家が壊れていたとしたら、地震保険に入ってて良かった。保険金は火災保険の半分でも、30年一括の火災保険と違って5年更新だけど、保険料も安くはないけど、前回も更新しておいて良かった。加入する意思を見せた時は、不思議な顔をされたもの。でも、阪神大震災の後だったから「福岡でも起きないとは限らない」と、意思を通した。悲観的なわたしは、生命保険もオーバースペックになっているが、地震保険に関しては良かった、と胸をなでおろしている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年2月16日 (水)

地震すごかった

 いやー、すごい地震だった。つい、今さっき。ブログサーフィンをしてたら、グラッときた。「またか、最近、東京は多いなあ」ぐらいにしか考えてなかったが、揺れが激しくなっていく。「2階のカミさんと、子どもを見にいかなきゃ」と思った瞬間に、ガシャーン!食器棚か!! 駆けつけると、食器棚の上に置いていた色鉛筆セットが落下していた。扉を突き破って皿が木っ端みじんになったら、後片付けが大変だと、食器棚を支え続けていた。

 揺れが収まったから、階段を駆け上がった。カミさんも、子ども3人も全員が目を覚ましていた。「揺れたねえ。ベッドを押さえたよ」。そう、わたしも3段ベッドが心配になったのだが、ガシャーンの音に気を取られてしまった。良かった、わたしより体重のあるカミさんが支えてくれていて。そして「下、どう。食器やら割れとらん?」と聞いてきた。「大丈夫」と胸を張った。ふと見ると長男が固まっている。「どうした」と聞くと、カミさん「アンタの机から、モノが落ちてきたもんね」。その1メートル先に、長男の頭がある。「被災地…」。恐怖におののいた顔で、そうつぶやいていた。

 「4はいったな」。「4強はいっとるよ」とカミさん。4には強も弱もありません。NHKの速報によれば、午前4時46分に発生した地震は震源地の茨城で震度5弱。東京23区は以外にも? 震度3でした。でも築30年近いわが借家は、もっと揺れたに違いない。2階から1階のパソコン部屋に降りてくると、さっきまで座っていたイスに、後ろの本棚から雑誌が落下してました。

 わたしは今日、住宅ローンの手続きで、午前10時に東京三菱銀行に行かなきゃならないのに。余震が心配だ。カミさんと子どもに「なんかあったら、すぐ来るから」なんて、カッコつけてしまったもんなあ。寝たいんだけど、でも心配で眠れないなあ。わたしの横で2台のテレビが、けたたましく情報を伝えている。救急車のサイレンも聞こえてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)