« 食道がん「5%」の恐怖 | トップページ | 食道がん日記 »

2017年2月21日 (火)

がん完治のための禁酒令

 食道の全摘出可能性5%…

けっこう、ドキドキして行ったんですよ。


 でもね、診察室のイスに座らないうちに

「大丈夫」って…


 拍子抜けするやら、ホッとするやら

何か、力が抜けちゃいましたね。


 
 内視鏡治療で取った食道がんの、

病理検査の結果は95%の方でした。

 「再発なし。転移のリスク0」。


 内視鏡治療を担当してくれた、

ベテラン医師から太鼓判を押されたので、

あとは、いつから酒を飲んでいいか聞こうとすると、

「酒はやめた方がいいね」。


 「機会を見てとかじゃなく、全てですか」。

恐る恐る遠慮がちに聞くと、

「そう、飲むか飲まないかですから。

禁酒した方がいい。飲むと赤くなるんでしょ。

元々、弱いんですよ。

アセトアルデヒドが分解できない」。


 さらに、食道の内視鏡写真を見ながら、

説明が続く。

 「食道がまだらなんです。

がんの『卵』が、そこらじゅうに、あるんです」。


 
 気持ち悪く、心に刺さる例えである。

「卵」が孵化すると…


 「2度、3度(がんが)できる人はいますよ。

もう、次は今回の(取った場所)が邪魔して、

(内視鏡じゃ)取れない」。


そして決定的な一言。

 「言葉の拷問みたいですけど…

祝杯は挙げられないんです」。


 「節度のある飲み」なんて、

できてりゃ、がんになってないだろうし、

担当医は全てお見通しなのだ。

 酒が飲めない…

いたたまれなくなって、

大学時代を過ごした街をさまよっていた。


 30年たった今も、

アパートも、1階の酒屋も、

そのままだった。
 

|

« 食道がん「5%」の恐怖 | トップページ | 食道がん日記 »

コメント

はい。

食道の全摘手術だけはしたくないので思案しています。退院から2週間たち本来なら解禁日のはずだったのですが。

投稿: 人生真ん中 | 2017年2月23日 (木) 02:16

よよよ...なんとまあ厳しいお言葉。
お医者は患者に厳しいですものね。
しかし、ガンの卵が...と聞くと、
やはり躊躇しますよね。

投稿: ナツパパ | 2017年2月22日 (水) 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/64920272

この記事へのトラックバック一覧です: がん完治のための禁酒令:

« 食道がん「5%」の恐怖 | トップページ | 食道がん日記 »