« 食道がんは浸潤しやすい | トップページ | がんになっても禁煙は翌日 »

2017年2月14日 (火)

恵美須ケ浜造船所跡

 食道がんの治療を行う前には、

山口の萩に1年半ぶりに里帰りをしていた。

前回は、ちょうど世界遺産に登録された直後。

「大板山たたら製鉄遺跡」から

造船所に向かいます、と記したっきり

更新を止めてしまった。

来ていただいた方、すみません。

1年半遅れの「世界遺産」完結編です。

Bus1


「花燃ゆ大河ドラマ館」は閉館していたが、

新山口駅からの直行バス「スーパーはぎ号」は

運行を続けていた。

平日の昼間に、10人ほどの乗客がいるから

「えっ、こんなに」と驚いた。


Busfront1


中国自動車道と、途中まで完成している

小郡萩道路を通って、ノンストップ1時間。

「萩・明倫センター」からは

萩循環まぁーるバスの東回り「松陰先生」に乗り

市内をぐるぐる回りながら30分、

「萩しーまーと」が「恵美須ケ浜造船所跡」に

最も近い。


とはいえ、まだけっこう歩くので、

土日は「萩しーまーと」から、

シャトルバスが出ていると、

バス停に案内があった。

実は今回、世界遺産の旅はしていない。

ここに来たのは、すぐ近くにお墓があるから。

ここからの写真は、前回訪問時の写真です。

ご了承ください。

Sekihi

こんなところに造船所があったとは

郷土史でも習ったことはなかった。

高校まで暮らしていたのに知りませんでした。


146

日本海の眺めがきれい。


149


ほど近い場所に「反射炉」。

こちらは知ってました。


150

宝くじも買えますし

コンビニもあります。


151


すぐ近くを山陰本線が通ってます。


153


反射炉から恵美須ケ浜造船所跡を望む。


159

元の場所に戻って、

旧明倫小学校は1935年の建設。

父も、わたしも学びました。

70年代は2000人近い児童が通ってました。

当時から古かった、という印象。

それでも築40年程度だったのですね。

廊下の床が、よく抜けたものでした。


166


当時の運動場は今、駐車場に。

どこか寂しい。

向こうに見えるのが2014年に完成した

新校舎ですね。

|

« 食道がんは浸潤しやすい | トップページ | がんになっても禁煙は翌日 »

コメント

はい、旧藩校でございます。

小学生の時は校内の史跡を回る

郷土史のような授業がありました。

「松陰読本」という教科書もあり

松陰先生の徳を学びました。

松陰「先生」です。

投稿: 人生真ん中 | 2017年2月16日 (木) 01:26

明倫小学校は、藩校の明倫館からなのでしょうか。
江戸期に教育が盛んだった藩には、様々な藩校があり、
その名前が今に続いていますね。
伝統を感じます。

投稿: ナツパパ | 2017年2月15日 (水) 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/64888215

この記事へのトラックバック一覧です: 恵美須ケ浜造船所跡:

« 食道がんは浸潤しやすい | トップページ | がんになっても禁煙は翌日 »