« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月24日 (月)

ソフトの強さはハード

○5―1オリックス

東京のレジェンドシリーズは楽しめました。

昔風の、笛と太鼓だけの応援は懐かしく

誰でも、この拍子

ちゃっちゃっ、ちゃっちゃちゃっちゃちゃっちゃちゃ
ちゃっちゃっ、ちゃっちゃちゃっちゃちゃっちゃちゃ
ちゃっちゃっ、そーれ

それ、かっとばせー、おーおみやー


でも、柏原さんだけは特別バージョン

ちゃっちゃっちゃっちゃちゃっちゃちゃー

じゅんーいち

3番クルーズ5番ソレイタを従えて

打ってくれました。


そんな打線を思い出させる

ホームランだけの3発快勝。

これで、ソフトバンクが負ければ

次戦の勝ち負けでマジックが消滅する。

でも…

ソフトバンクは負けませんねえ。

違う時間にやってるから

双方の試合が見れた。

強えーや。

あっさり3点先取、でも逆転されて、おやおやと

期待感が高まれば

5番デホの代走で入った福田が好走で

8回に同点のホームを踏めば

その福田が、9回まさか楽天松井から

2ランとはね。

この采配、神がかり的です。


ソフトバンクにマジックナンバーが点灯したのが

直接対決の8月5日でした。


翌日も負けて11.5差。


それからハム15試合12勝3敗。
ソフトバンクは14試合9勝5敗。

勝っても勝っても縮まったのは2.5差だけの9差。

これは、つらい。

でも、根負けしないことですよ。


この9差は、

ハムには2回ありましたよね。

辛抱たまらんとばかりに負けが込んだ時期が。

ソフトには、それがない。そんだけの差です。


ということは

今後どっかで2度ぐらい、

ソフトにそんな期間が、こないとも限らない。

なおかつ

直接対決が、あと10試合ある。

今度の3連戦は、いけそうな気がするんですけど。

メンドーサの登板順が変わってるから

吉川―メンドーさらには、

昨年ソフトキラーの中村。

3タテを食らわせれば、

さすがのソフトも慌てないかな。


わたしも自暴自棄になった時期もありましたが

考えを変えました。

あきらめないことです。


しかし…

斎藤佑樹の抹消理由に

(登板機会なし)は、ないよなあ。

再調整でしょ。

先発は大谷、メンドー、吉川、有原、中村に新垣を加えて6人

上沢まで入れれば7人いますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

満員のレジェンド東京

●1―10オリックス

レジェンドユニホームは、東京が似合います。

札幌で着用していた時には、

どこか気持ちが入んなかった。

懐かしさに没頭できなかったんです。

高橋直樹さん、いいですねえ。

わたしがハムファンになった時のエース。

東京ドームに行きたかった。

「どこに、そげなお金があると。

(東京で暮らす大学4年の長男も)

帰ってくるとに。旅費わたさないかんやん」


さらに感慨をぶち壊すやつもいた。

「なん、これ、ダサっ」

一緒に暮らす、これまた大学4年の次男だ。

札幌移転当初のユニホーム

「11」ダルビッシュを着てる。

前日は「10」木元だ。

当時は小学生だった三男に

買ってやったもの。

木元ファンだったのに

.037だったかな、あまりの打率の低さに

ダルに宗旨替えしたな。


この3連戦のどこかで

岩本勉さんに解説して欲しかった。

北海道のテレビ解説が入っているのか。

西山さんや光山さんじゃ、レジェンドのハムを

語れないもんなあ。

西崎さんや、せめて金石さんを呼べなかったのか。


まあ、いいや。観衆3万9901。

久々、週末の東京ドーム。

試合は負けましたけど

斎藤佑樹を攻めはしません。

「精いっぱいは、した」

その通りのピッチングでした。

栗山監督

「5点ぐらい取っていれば

勝利投手になってた」

うんうん、と思いながら…

5点も取ってくれれば、どんな先発投手も

勝利投手でしょ。やっぱり、なぜか甘いな。

まあ、しようがない。

と思ったら、声を荒げてる女がいました。

「誰ね、10点も取られたピッチャーどもは」

佑5+クロッタ3+乾2…

「な~んば、しよっとねっ」<`ヘ´>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

先代ユニで仙台ソフトにも勝つんだ

○5x‐4オリックス

よく打ってくれたよなあ、市川。

ネクストに矢野さんがいたもんだから

カミさんと2人、ドキドキしてた。

「まさか、市川に代打やないやろうねえ」

大谷そして市川と粘った。

審判のストライクゾーンが以上に狭い試合ではあったけど
同じ条件ですから。

負けてしまっては、イライラばかり募る試合だった。

吉川も、あれはないよなあ。

「あ゛~」

珍しく家族3人が声をそろえた瞬間。


序盤の二、三塁でブランコ。

ホームランさえ打たれなきゃ、なんだっていいのに。

歩かせるつもりでスリーボールにしたんじゃなかったの。

なん、投げとーん。


珍しく3人そろって野球観戦。

同じ気持ちだったみたいです。


あー、良かった。

ソフトバンクが雨中の日に負けなくて。

バンデンで、勝ちを計算してた試合だから

少しぐらい響くでしょ。

マジックナンバーだけは、とにかく消したい。

そこから何かを起こしたい。


まだ野球をやってますね。

JCOM独占中継?

わが家では見られるけど見てはいない。

でもカープ女子や巨人ファンには

迷惑な形態ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

K算の違うことばかり

●4―5×楽天

この、ソフトバンクとの勝ち負けの差は痛いよなあ。

仕事中にも、まずはデーゲームの

ソフトバンクの結果は気になるわけです。

負けを計算してたのに…

また川島か。

ここぞという場面で、いい働きをしてるよなあ。

帰って欲しいぐらい。

日本ハムのルーキー時代に、

こんなハツラツとした選手は使おうよ。

そう思ってたけど

賢介とのレギュラー争いに負けてしまった。

今の活躍には、ハムにはたいそう痛いので

地団太を踏む気持ち。


斎藤佑樹の経過にも気をもむ。

でも目を疑った。

2回まで5奪三振。それも全部、空振り。

悪態を突いてたわたしですが

前回の先発からは納得してますよ。

でも、佑ちゃんに勝ってほしい、って

気持ちは、そこまでない。

だけど、この試合は取らなきゃでしょ。


ちょっと、ズレてるんだな。

8回を投げた宮西の、先頭の四球が

痛かった。

でも、ベストを尽くした采配だったのか。

右打者のウィーラーが代打に出てきて

宮西の続投だったのか。

白村じゃ、ないのかなあ。

宮西もホームランだけは

打たれちゃいけません。


サヨナラ負けするな、と思いながら

速報画面を見ていると案の定…


今シーズンの中盤以降は

ずっと、こうですね。

勝ち負けの上下は大きい。

ソフトバンクのマジックナンバーを消すどころか

なんだかなあ、もどかしいにも程がある。

佑ちゃんが、三振ばかり取るからか。

K算違いも、はなはだしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

「転用」から「転用戻し」の不思議

最初にソフトバンク光に電話をしたのが6月26日の金曜日。

やっと7月31日の金曜日に「転用戻し」は一応の解決は見た。

NTTフレッツ光から、契約者のわたしに何の連絡もなく、

ソフトバンク光に「詐欺まがい」の転用が行われ、

必要もないオプションが8つも付いていたから、

慌ててソフトバンク光に電話をしたところ「転用戻し」の提案をされた。


しかし、以前の割り引きはなくなると言われ、

工事費の割り引きまでなくなったんじゃ、かなわない。


ましてや、一から工事費が始まったんじゃ…


しかし、工事費の説明はおろか、

ソフトバンク光との今の契約内容も説明してくれない。


約束の7月30日に電話もかかってこない。

7月31日(金)こちらから電話をし「昨日、お電話をいただけなかったのは、なぜか」

「工事費の請求内容は。今の残額は」

「今のソフトバンク光の契約内容と、これまでの支払金額、これからの請求金額」

3点の説明を求めた。

ほどなく、こんどは電話がきた。


「確かに7月30日に電話を差し上げる記録は残っておりますが、

電話をするための登録がされておりませんでした。申し訳ありません」

1度ならず2度とはねえ。


でも、この担当者。ソフトな物言いをするので、

こちらも声を荒げることはなかった。

――工事費の件

工事費の残債はない。「間違いありません」

「転用」のタイミングでは、もうなかった。


NTTからは残債のない状態で引き継がれたという。

不思議である。


ちょうど三男から最後のNTT請求書が見つかったと連絡がきた。

確かに工事費の項目はないと言うが、

最初に2万円もの支払いをした記憶もないという。

どこに消えたのか工事費。


今回の「転用戻し」にも工事費の負担は発生しない。

――ソフトバンク光の契約内容

オプションの解除を申し入れた際に、

オプション料金も含めた請求書が届いてしまうが、

それは廃棄してくださいと言われた。

しかし、三男には届いてないという。

何度かの交渉の中で「基本料金も請求いたしません」

とは言われたけど「それじゃ、ゴネ得になってしまうから」と

丁重にお断りしていた。

わたしは、今の契約内容を確認したかっただけなのだが

「請求が上がってないから分からない」。

前回そう言われていた。

今回「可能な限りお調べしました」。

ソフトな語り口で説明は続く。

「今回のお客さまの(転用戻し)の件とは別のところで、

ソフトバンクのシステム障害が発生しておりまして。

4月10日に開通する旨の連絡がいってないお客様が、

いらっしゃいまして。

利用開始の案内が届かないままに、

(ソフトバンク光の契約が)スタートした。

おわびの意味で利用開始から6月までの料金は0。

オプションも含めて丸々、発生しておりません」。

こんな情報もソフトバンク社内で共有されてないのかなあ。

ともかく…

「請求が上がってない」の説明は正しかったらしく、

三男の「転用開始」は4月10日だったから、

このケースにあてはまったらしく、

ソフトバンクに支払うべき料金は0。

転用戻しの申し入れから手続きの完了までは、

請求をストップしているというから、

6月26日からの料金も発生せず、

オプション停止の手続きも「並行して行われています」。

さらに、工事費の残債もない。

NTT最後の請求書は4月9日までの日割り分だった。

ここにも工事費の記載はない。

なんだかなあ、である。

ソフトバンク光の営業マンが、

三男の部屋を「ピンポン」してから始まった光回線の転用問題。

4月9日まではNTTで、

10日からはソフトバンクで、

三男は変わらずネット生活を続けている。

しかしソフトバンクの事情で料金の請求はされず、

ソフトバンクからの提案で回線はNTTに戻る。

いつしか工事費は消え、今回の工事費は負担しない。


誰が得をして、誰が損をしたんだろう。

休みの日のほとんどをソフトバンクとの電話に費やしていた、

この1か月を不思議な気持ちで振り返る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

モヤモヤにさよならだ

○4×―3楽天

こんな試合が見たかったんだ。

捨て身の後先を考えない継投。

攻撃も捨て身。

いつも、こんな采配をすると負けていた。

でも、昨日は勝った。それが大きな違いだ

いやなことを、全て吹っ切れる以上の

勢いが生まれないか。

さあ乗って行け。


いや、見てはいないか。

初めて今季、ハムの試合を録画してでも見なかった。


昨日はNHKで、高田みづえの出る「思い出のメロディー」。

カミさんが大ファンのトシちゃんも出るから、録画は外せない。


テレビ大阪では、約2か月遅れの「ローカル路線バスの旅」

これは、わたしが録画を外せない。


バス旅が終わっても、BSジャパンで

「ミエと良子のおしゃべり泥棒」。

これまたカミさんに欠かせない番組。


わが家のテレビは、

同時に3つ以上は録画できないから

ハム戦を、あきらめた。


筋が通ってないなあ。ハムファンの。

ダメだなあ。

何を差し置いても

そんな気持ちがなかった。


見てないから

カミさんから来ていたメッセージ

ラインで振り返るしかないか。

仕事終わりに見ると

その数17だった。

「今日は気分がいい!

矢野さんのヒットのときの

ベンチが最高

ヒーローインタビューも100点!

寝る」


普段はお立ち台なんて見ないから

よほどのことだったんでしょう。


その前のメッセージは

「いや~今日は

佑ちゃんが試合をぶち壊さなかったのが

勝因やね」


会社で聞かれました。

ハムファンから見て

佑ちゃんの先発、ってどうなの?


「納得してるよ。今日に限っては」

へーえ。

「だって、先発できる投手がいないじゃん」


その直後だけ見た。

ペーニャに、ガーン。やっぱりか。

でも、何とか粘ったんだね。


カミさんのラインに戻って

「近藤代えちゃった

大丈夫かなー」


負けてる9回は勝負でしょ。


「石川打ってくれないかな」

「大谷出さないんだ」

「ベンチの佑ちゃんが笑顔だ」

「白村も」


雰囲気は悪くなさそうだ、いいよ。


「岡も打たないかなあ」


でもダイカンの記述がない

相当にショックだったのか。


「クロッタさん、あなたしかいない

抑えてくれないかなあ」

「近藤いないから、そこに大谷代打かな」

「クロッタ、なんで、なの」

大ピンチを迎えた場面ですね

「大谷ブルペン行けや!

自分から行くやろ普通に」

いや、中学野球や高校野球じゃなんだから。

「クロッタさん、抑えた」


「中田打ってくれないかな」

「きたー大谷」


いや、さっきブルペンに行けって…

「やっぱり打ってくれた」

そんで、冒頭のメッセージに戻ったわけです。


こんな日にGAORAの深夜録画もない。


今日の11時半からですね。

楽しみに見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

ソフトな「転用戻し」の担当者

7月31日(金)ソフトバンク光に電話。

また休日の大部分を「転用」問題に割かれるのか。

努めて冷静に聞いてみた。

「昨日、お電話をいただけなかったのは、なぜか」

「工事費の請求内容は。今の残額は」

「今のソフトバンク光の契約内容と、これまでの支払金額、これからの請求金額」


もう、5人目の担当者ですね。


そもそも、ここまで交渉が長引いているのは、

わたしの興奮と怒りから声を荒らげていたことが原因かもしれない。

話が前に進みませんからね。


クレーム処理の達人が先日、上手なクレームの付け方をテレビの「ウラマヨ」で言ってた。

冷静に、理路整然と、相手に「はい、わかりました」しか返答させないように話をもっていく。

ケンカ腰に怒鳴り上げるのは逆効果で満足のいく結果は得られないという。


そういえば、この交渉の取っかっかりは苦情や「転用戻し」ではなかった。


必要のないオプション解除の申し入れを行った際に、

ここに至った経緯を、初めてソフトバンクカスタマーセンターに説明し、

「本来ならこの契約の有用性を…でも、まずオプションを…」

と、ひとり言のようにつぶやいただけ、だったから極めて冷静だったのだろう。


だから「あまりにも、ひどいので、何とかできないか確認します」

と言ってくれたんじゃなかったか。


思えば次からの担当者は、ひどかった。

最後は良かった。

最初と最後だけ。

だから「転用戻し」が、できようとしている。

同じ担当者にしてもらうことは、できないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

光回線「転用戻し」の長ーいお話

光回線の「転用」問題が、ようやく解決に近づいてきた。

すいぶん時間がたったので、要点を振り返ってみると…


NTTフレッツ光のプロバイダーであるniftyから突然利用解除の連絡がきた。

フレッツ光は、千葉で1人暮らしをしている3男にわたし名義で契約しているもの。

その光回線が、わたしに何の連絡もなく、

契約者本人が申し入れるべき承認番号も取得され、

ソフトバンク光に「転用」されていた。


おまけに、その契約にはオプション8つ、

月額4373円が付加されていた…というもの。


あわてて、ソフトバンク光にオプションの解除を申し入れると同時に

「この転用はフレッツ光の名義人であるわたしに何の連絡もなく行われたことで、

この契約の有用性をも疑いたいところなんですけど、

取り急ぎはこのオプションを解除することが最優先で、

契約の有用性うんぬんを言っている段じゃないですよね」

とボヤいたところ、ソフトバンクから、

あまりにもひどいので、何とかできないか確認します、の返答。


ここまでが前回のあらましだ

1時間ほどして電話が来た。ソフトバンク光から2つの提案をされた。


①「転用戻し」


フレッツ光を使っていた元の状態に戻すことができるかを確認する。

できるとしても、2~3か月はかかる。


②ソフトバンク光を解約して、


フレッツ光と新規に契約をする。

その際の解除料金は発生させないし、

フレッツの工事費もソフトバンク光が補償支払いをしてくれるという。

①ができるかどうか後日、電話をくれるという。


今回、三男を「だまして」契約したと認めた代理店、

ヒューマンスピリットの当事者からも電話がきた。


こちらからは②の提案だけをされた。


費用はすべて「お支払いします」という。


フレッツ光には、お客様本人からの申し込みが必要なので、

手続きをしていただいて、ご連絡くださいと言った。


ここまでが6月27日(土)の話。


ソフトバンク光が連絡をすると約束した7月2日(木)。

しかし電話はなかった。途中経過でもいいから、

と約束していたにもかかわらず。

翌日7月3日(金)に電話。

こっちが冷静じゃないから結論は出ず。

2週間後7月16日(木)の電話を約束した。

1回1回の電話交渉が長くかかるので、

世界遺産の帰省をした9日(木)、10日(金)以外の休みは、

すべて「転用」問題にあてられている。


約束の日を待たず7日(月)に電話が来た。


「転用戻しは可能」とのこと。仕事中で長く話はできないので、


後日こちらから電話をすることにした。


7月17日(金)ソフトバンク光に電話。


たまたまなのか、7日に電話をくれた人物と同じ苗字を名乗った。


声も同じ気がする。

でも確認事項を一から聞かれる。

話の途中で「7日に電話をいただいたのも、

同じ○○さんと名乗られたんですけど、

今の○○さんとは違うんですか」と聞くと


「わたしがお電話差し上げました」。


じゃあ、「あー、○○です。

では続きからお話しします」ぐらい言えよ。


イラっとした。

それは、転用戻しの具体的な手続きを聞いている中、

ある1点で、大きなイライラとなった。


「従来の(フレッツ光との)契約で割り引き等あれば戻りません」。

NTTフレッツ光と契約したのは、昨年9月のこと。


その際、工事費が発生して、


いくらかは最初に払い残りを何回かの分割で請求され、


そこには割り引きもあったはず。


その割り引きの部分だけなくなったんじゃ、「元に戻した」


とは言わないし、一から工事費が発生したんじゃ、かなわない。


少なくとも今年4月の転用まで7、8か月分は払っているはず。


最初に「転用」の仕組みを聞いた際に、

NTTの契約を基本料金以外は引き継いでいる、

と説明されたので、その詳細を聞いてみた。

「NTTとは、特に工事費は、どんな契約をしてたのかな」

「こちらでは、分かりかねます」


そりゃそうか。では、NTTの契約を引き継いでいるんなら、


今のソフトバンク光の契約内容を聞くと、それも分からない、という。


はあ…


「じゃあ、転用戻しとかは置いといて、

一般的に、来月の料金はいくらになるのかを聞いたとしましょう。

その明細を教えて」

「それも分からないんです」


なんで


「次回の請求があがっていないんで分からないんです」

「いやいや、全てのお客さんに、そう答えるの」

「お客さまのおっしゃることは分かります。でも分からないんです」


「もう、いい。以前の工事費の残額とか、

これからの支払い方法とか、割り引きがあったんなら、

それがなくなるのは納得できないから。

転用戻しにの手続きにも入れない。わかったら連絡して」


怒りにまかせて電話を切った。


翌日18日(土)の朝に電話があったけど出られなかった。

なのに23日(木)にNTTから電話が来た。

「ソフトバンク光さまから、転用戻しのご連絡がございまして」…

どうなってるんだろ、保留にしてるはずの「転用戻し」が進められてる。

事情を説明しながら、工事費について聞いてみた。


一般的に工事費は2万4000円。

3000円を当初に払い、

残り2万1000円を30回分割払いだから、

月々700円。


キャンペーン割引が月220円あるから、

実質負担は480円の30回払い。

ほら! 割り引きがあるじゃん!! 

なくなっちゃ、困るじゃん。


「以前の契約は、そのままソフトバンクさんに引き継がれてますから。

工事費の残額があれば、NTTからソフトバンクさんに請求をしています。

ソフトバンクさんが、どういう形でお客さまに請求されているかは、

分かりかねますが」


試しに、NTTに戻したらどうなるかを聞いてみると


「光回線がNTTに戻っても、

工事費の残額を再請求することもありませんし、

一から始まることもありません」

「戻す、とは言っても、実は戻らないんです。

新しいものにするんです。

しかし、お客さまの工事費負担はありませんし、

分割払いも発生しません」

「そもそも、これはNTTとソフトバンクさんの問題ですから、

お客さまにご負担をかけることはいたしません」。


こういう分かりやすい説明が欲しかったんだな。

NTTは、3月以前の契約内容を調べるのに1日かかる、

とは言ったが翌日には、約束通り、きっちりと電話をくれた。


なのにソフトバンク。

25日(土)に電話をすると、

前回とは別の担当者から

「お客さまは、転用戻しを希望されますか」と来た。


また一からか。

そもそも、保留のはずの手続きを進めておいてこっちの疑問には答えず。

全てを説明して欲しいと伝え30日(木)の電話を約束して、切った。

でも30日に、また電話は来なかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カミさんが言う神様とは

●3―4ソフトバンク

優勝へのマジックナンバー点灯ですか。

いろいろ書くことを考えたんですが、

しようがないですね。

おとといも、昨日も力負けですから。

6回1死満塁で、そこまで肩で息をしていた

スタンリッジに、4番ですよ、4番の中田が屈した。

初球を仕留めて欲しくて

甘い2球目には手が出なくて

スライダーだかチェンジアップに三振。

しようがない…


しかし、ソフトバンクの選手は

この場面のスタンリッジにしても

精神的に強いのか

サヨナラ安打を打った本多もしかり。

普段は、たいしたことないのに

勝負どころで仕事する選手が多いよ。

ハムから行った川島慶三も鶴岡も、今宮もジャパ高田も牧原までも。

こっちは、あと1本が出ない。

カミさんは常々、言ってました。

「ハーミッダがいればなあ」

2人で行った京セラドーム大阪、

唯一のホームランを見たから

思い入れが強いのかも。

ここという場面では必ず打ってくれた。

通算打率.221

得点圏以外.164

ということは得点圏.385

GAORAの近藤アナウンサーが言ってた

「得点圏に走者がいると人が変わります」

でも、こんな低打率では5番は任せられない。

じゃあ、得点圏で使えばいいんです。

代打で。


でも自らの不注意でけがをして

いなくなってしまった。

ここからじゃないかな。

ハムの勝負弱さが始まったのは。

レアードも6番に上がったとたんに

おかしくなってしまって。

これも仕方ない。


ここからが大事ですよ。

クライマックスシリーズで

ソフトバンクに復讐するために。

主力の状態を、10月にベストになるよう、

しっかり整えて

ここぞの場面で勝負できる人材を育てましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

今日から「有」「吉」再ブレーク

●2―7ソフトバンク

鬱鬱としてますねえ。

かろうじて望みをつないで迎えた3連戦の初戦に負けた。

誰に当たれるわけでもない負け方でした。


あわよくば、ではなく、3連勝をあてにしてたんです。

ソフトバンクの投手は中田、スタンリッジ、摂津。

比較的に組みしやすい3人だ。

バンデンハーク、武田、寺原に比べれば。


日本ハムは大谷、有原、吉川。

3戦目に中5日で吉川をもってきたことで、

メンドーサはいないが、ベストに近い布陣。


おまけにソフトバンクは、

その前の3連戦でサファテが3連投してるから

「次の日ハム戦は考える」

と、工藤監督が起用をためらっている。


もらえるものは、もらっちゃいましょうよ。

だったのになあ。


負けましたねえ。

対戦打率.026のレアードが先制打を打って

左打席でプロ初ホームランの杉谷で追いついて

でも直後に大谷が打たれて。

大谷を責めることはできませんねえ。


今日、負けか引き分けで

ソフトバンクに、優勝へのマジックナンバーが出るそうです。


でも、ね。

ソフトバンクは

昨季も出る出る、と言われたマジックですが

出やしなかったんだから。

そのうちに、辛抱たまらんとばかりに

調子を崩して大失速。


とにかく、M点灯だけは

このカードでだけは

阻止しましょ。

マジックがついちゃえば、その気になっちゃうから。

8月を乗り切れば

ソフトバンクの9月は大変な日程だから。

8月は逆にハムの日程が厳しいけど。


困難を乗り越えた先に光がある。

そう信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

8てん誤差です

●1―2ロッテ

やるせない、もどかしい

光回線の「転用戻し」をめぐっての

ソフトバンク光との電話交渉も、そうだったけど

ハム8.5差か…

なんで、こんなになっちゃったのか。

大谷の登板は、あす4日火曜日のソフトバンク初戦だそうです。


ソフトバンクとの直接対決にぶつけろ、とは言ってたけど

勝ちを一番、計算できるエースを

この時期に中10日空ける意味が分からない。

その間に谷間を2度も作って

2度とも負けた。

まあ、昨日の中村勝を

責める気にはなりませんけど。

よく投げました。


でも、中10日の間にパ・リーグ、ペナントレースの

灯が消えようとしている。

ソフトバンクはハムに1勝1分けでも

優勝へのマジックナンバーが点灯だそうな。

M点灯=ペナントレースの消灯でしょ。


今、ローテーションの調整をするぐらいなら

こんな事態になる前に

何度か機会はあった。


まずは交流戦空け、6月19日からのソフトバンク3連戦

なぜか2戦目に谷間を作って3連敗した。


ここで登板せずに大谷は旭川の

6月23日火曜日からのロッテ戦に回ったから

6月30日火曜日オリックス函館

7月7日火曜日ロッテQVC

7月14日火曜日ソフトバンク帯広


無類の強さを誇る地方球場で勝ちを重ねるものだと

思っていた。

でも、6月にも7月にも、

ソフトバンク戦の登板はなかった。


分からんなあ。

ガラテの退団も分かんない。

わかさ京都で観戦した翌日

家に来た日刊スポーツの記事に目を疑った。

そこから、いろんなサイトを見て回ったけど

納得する記事はなかった。

28日のオリックス戦には普通に投げてた。

29日にはベンチにいなかったから

次の谷間に向け先発調整に入ったのかと思ってた。

でも、クビ…外国人枠の問題…


ハーミッダは帰ってきたけど

2軍の試合にも出てない。

ライブリーも2軍落ちしたところ。

今のこの2人に、ガラテが劣るのか。


少なくとも今は、外国人枠は空いている。

もったいない。

目先のことが最優先じゃないのかな。

外国人の契約の詳細までは分かんないけど。


ともあれ、火曜日からはソフトバンク3連戦。

すっかりM灯ムードだけど

昨季のソフトバンク、そう言われながら

マジックナンバーなんて、ともらなかった。

どころか、そこから大失速。

ここらへんに、いちるの望みを託して

見てみましょうか。

ソフトバンク戦は、幸いなことに

半分近く、あと12試合も残ってるんだから。


10勝2敗でいけば、

8.5差は、ほとんどなくなる。

なるほど、だから2敗すればマジック点灯なんだ。


でも、0.5差なんて誤差です。


北海道に移転してからのハムは

3年続けてのV逸なんて、ありませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »