« レアな場面を見ました | トップページ | そして神戸の誤算 »

2015年7月27日 (月)

レアすぎる対戦打率

○8―3西武

ソフトバンクが9回に追いついた。

唯一のデーゲームを一生懸命に見た。

「負けろ」。じゃなきゃ、また7差危機。


オリックスが、まさかのエンドランの失敗からの、

一塁走者の結果的に好走塁。これは大きい。


7差が5差になっちゃった。限界までは戻した。


昨季、ソフトバンクが道中で独走したようにみえたけど

最大差は4.5だったのね。


7差となれば、独走Vと言われた11年以来。


この年、ハムとデッドヒートを繰り広げていた。

でも終わってみれば「独走」。

そうならないように、食らいつこう。


しかし、昨日もホームランのレアードは、どうしちゃったんだろ。

この3連戦前に、レアード外しの検討に入った模様、

なんて新聞記事が載ってたのに。

外さなくて良かった。栗山監督の辛抱が実ったんですね。

わたしにはできない。すごい深謀遠慮です。

カミさんも、ついに「レアちゃん」ですから。

1割打者も返上しました。

18号か~。リーグ5位タイ。あの柳田と同じ本数ですよ。

スマホサイトにタップして「対チーム別成績」ってのがあったので

見てみると

ソフトバンク2割6分
オリックス 2割9分5厘
ロッテ   2割6分3厘
西武    2割7分5厘
楽天    1割9分4厘

楽天以外は、どこにもコンスタントに打ってんじゃん。

でも?? これじゃ平均しても2割を切ることはない。


もう1度、上の画面に戻ってみると

ソフトバンク.026だった…えっ、2分6厘…

昔むかし、木元が絶不調の時も、実松の普段の打率も、
中島の出始めの頃も、ひどい打率ではあったが、
ここまではなかった。

2分6厘…2分6厘…うわ言のように、つぶやいている。


39打数1安打、その1安打は本塁打。

レアード低打率の原因は、はっきりしました。

ソフトバンク戦だけは使わなきゃ、いいんだ。

しかし、ソフトバンクはどんなレア―ド対策をしてるんだろう。

幸いにも、次のソフトバンク戦までは遠い。

ゆっくり考えましょう。

|

« レアな場面を見ました | トップページ | そして神戸の誤算 »

コメント

そうだったんです。

あまりのことに
.026を
2割6分と間違えてしまいました。

今のレアードの通算打率は.201

昔、長嶋巨人に初めての外国人ジョンソンも確か打率は2割そこそこだったと記憶してます。何より守備が、うまかった。レアードと共通するところです。

レアードもハム優勝の伝説外国人に、ならないかな、と期待してます。

投稿: 人生真ん中 | 2015年7月28日 (火) 03:44

なるほど、そうか。

投稿: ナツパパ | 2015年7月27日 (月) 05:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/61964729

この記事へのトラックバック一覧です: レアすぎる対戦打率:

« レアな場面を見ました | トップページ | そして神戸の誤算 »