« 見ると聞くでは大違い | トップページ | カミさま、さまです、か? »

2015年5月28日 (木)

最大の逆転やっぱり夢か

日本ハム4―7ヤクルト

あまりの惨敗ぶりに洗濯物を干していた。部屋に戻ると0-7ながら走者2人を置いて中田。「ホームランじゃない、走者をためよう」。でも「行った―」と思ったんだけどな。まあ、願い通りの二塁打で反撃ムードが一気に高まった。なのにねえ。


仕事休みなのに、仕事に出かけ、帰った時は8時前。上沢が真っ赤な顔をしてマウンドにいた。スマホで見ながら帰って来ようとしたのに見られない。J-COMオンデマンドの「新しいバージョンのアプリがあります。最新バージョンにアップデートしてください」なのに「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」って何。


まあ、見ていたら失点シーンばかりだったのでいいか。冒頭の場面に戻ろう。中田二塁打で1-7。近藤の遊ゴロが今浪の失策を誘って3-7。杉谷が何かあったのかと思わせる4安打目で4―7。ヤクルトは投手交代。左の成瀬から右の今季2戦目の松岡。押せ押せ、攻めまくれでしょう。渡辺諒は期待の若手で前の打席にヒットを打ってるとはいえ、代打賢介でしょう。同じセカンドなんだから。もっとレフトスタンドが盛り上がったはずなんだけどなあ。今季、両リーグ通じて最大の逆転が見られると思ったのは淡い夢だった。


まあ8-0の試合を追いつかれたチームですけどねえ。その佑ちゃんは昨日GAORAで見たけど、何をしたいんだろう。残念でした。

|

« 見ると聞くでは大違い | トップページ | カミさま、さまです、か? »

コメント

今晩は。既述の様に、中田翔選手は大阪桐蔭高時代から、自分はファンです。
ファイターズでも、純一打撃コーチのファイターズ現役時代のバック・ナンバー、“6”の後継者でもありますしね。
昨年は初のタイトル、打点王をゲットしてくれて嬉しかったです。
昨日は、ホークスの柳田悠岐選手の9号、10号のホームランも凄く嬉しかったです!
名古屋ドームで、右に左にあの恐るべき打球によるホームランを打ち分けるとは。本当にアメージング・プレーヤーだと思います。
今年は、中田翔選手が最低40本以上打ってのホームラン王、柳田悠岐選手には初の首位打者をゲットして欲しいです!
本日も、交流戦でパシフィックの各球団に勝利のため奮闘して欲しいです。

投稿: エイトマンちから | 2015年5月29日 (金) 17:03

4点取ったのは良かった!!
調べたら、日ハムは28勝20敗なんですね。
このメンバーでこの勝率はすごい、と思う。

投稿: ナツパパ | 2015年5月28日 (木) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/61660292

この記事へのトラックバック一覧です: 最大の逆転やっぱり夢か:

« 見ると聞くでは大違い | トップページ | カミさま、さまです、か? »