« 富田勝さんの衝撃 | トップページ | 最大の逆転やっぱり夢か »

2015年5月28日 (木)

見ると聞くでは大違い

日本ハム5―5ヤクルト。

9年前を思い出してファイターズの試合論評を書こうかな。

昔は東京の職場のどこかで日本ハムの試合を見ることができたものだった。

でも、今の大阪の職場では、どのテレビもハムの試合が映ってない。だから、見ずして書くことはできなくなって、このブログも休止状態になった。

たとえば昨日の試合。2―3で迎えた無死二、三塁。浅間は見逃し三振に倒れた。テキスト速報では、あーあ、である。浅間っ、ここで見逃し三振はないだろ。まだ、1軍に上げるのは早すぎたかな。そんな妄想で家に帰ってきた。

でも今は、録画環境が進化して、CS放送も試合全部が録画できるようになった。今年は全てのハムの試合を家に帰って確認している。

だから…浅間くん、ごめんなんさい。君の特長は選球眼、って記事を読みました。あのストライクの判定はないよな。でも、最近はストライクボールの判定に不服をいう打者もベンチも、ほとんどなくなった。これは、いいことだ。

でも、22日の札幌ドームで、近藤が打った遊ゴロだか三ゴロはセーフです。完全に一塁手の足がベースから離れていました。何より札幌ドームの反応がそれを証明しています。わたしも、その場に、いましたから。このお話は、また記すとして。

神宮の試合。栗山監督も「うれしい」って言ってるぐらいだから、負けなくて良かった。誰も責められない。白村は、よく抑えたよ。慶応ボーイには見えない風貌がいい。なーんか親近感を覚えて、応援してしまうんだよな。

|

« 富田勝さんの衝撃 | トップページ | 最大の逆転やっぱり夢か »

コメント

ナツパパさま

どうかコメントお気遣いなく。

佑ちゃんは次の記事でも書きましたが、何がしたいんでしょう。

決してクローザーに本気で転向しようとしているわけではなく、自分を取り戻すための一環らしいんですが、何のきっかけにもならず…

大谷は佑ちゃんとは逆の悩みですよねえ。
投手専念でもいいんでしょうが、大谷が3番に入ると打線の厚みが違うんですよ。打率1割台でも相手投手に与える重圧が。だから中田が、ここまで本塁打を量産してる気がしますね。

投稿: 人生真ん中 | 2015年5月28日 (木) 22:03

エイトマンちから様

連日のご訪問ありがとうございます。
チャッチャッチャッチャチャッチャチャ
ジュンイーチ

これを一緒にやるのが少年時代のわたしの夢でした。

投稿: 人生真ん中 | 2015年5月28日 (木) 21:58

日ハムは今年も頑張ってますね。
わたしは大谷君はどうなるべきなのか、
真ん中さんに伺いたいところです。
...また、斉藤君のクローザー転向?についても。

投稿: ナツパパ | 2015年5月28日 (木) 20:32

今晩は。自分の富田勝さんについてのコメントに対して、丁寧なレスポンス、どうも有り難うございました。
本文で仰っている様に、元ファイターズの熱狂的なファンの一人として、自分もファイターズの試合論評を拝見したいです。
既述の様に、現在は特定な球団に熱狂する事はありませんが、ファイターズは勿論、好きな球団です。
昨年、少年時代の憧れの選手の一人だった、柏原純一さんがファイターズの打撃コーチとして現場復帰してくれた事は凄く嬉しかったです!
後楽園球場1塁側のスタンドから、“純一・コール”で応援していた時代が懐かしかったです。
自分は、ミスター、ジャイアンツの終身名誉監督の個人的な大ファンであります。
現役プレーヤーでは、ファイターズの大谷翔平選手、中田翔選手、マリーンズの荻野貴司選手、ホークスの柳田悠岐選手、長谷川勇也選手、イーグルスの松井裕樹投手、ライオンズの森友哉捕手、そして、カープの黒田博樹投手のファンです!
現在の交流戦、パシフィックの応援には熱が入ります。一つ負け越してますが、早くひっ繰り返して欲しいです!

投稿: エイトマンちから | 2015年5月28日 (木) 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/61655763

この記事へのトラックバック一覧です: 見ると聞くでは大違い:

« 富田勝さんの衝撃 | トップページ | 最大の逆転やっぱり夢か »