« 悪夢にサヨナラだ | トップページ | 唐川にからかわれた »

2008年5月11日 (日)

サウスポーの理想と現実

ヒルマンならぬ、昼間んのたたりらしい。クビを切ったわけでもない監督に、たたられる理由などないが、日刊スポーツによれば、そんな声がチーム内であがるほど、ひどいデーゲームの勝率らしい。昨日もデーゲーム、そして、わたしは、函館の方には申し訳ないが、いい印象がないんですよね。

ダルビッシュが思わぬ制球難で、自責点は0ながら2回途中KOをくらったのは、一昨年のことだったっけ。もっと前には、西武大沼に完封を許したこともあったような。金村が風に苦しんで投げていた記憶もあるなあ。苦手の場所で苦手の時間…なんて関連付けたくないが、悲しい試合になってしまった。

一番悪いパターンにはまってしまったようだ。チーム状態が悪いわけではない、いや逆に良かったのに、たまたまコインの裏が出てしまったのが、前の西武戦。うまくかみ合ってない状況は、中2日でも流れは変わらず、今度は最も状態が良かった藤井までも、勝てない状況に追い込んでしまう。得てして、こんな時はミスが出て、それが致命傷になってしまうものなのだ。かみ合ってる時は、そんなミスは覆ってしまうものなのにね。

しかし、藤井は良かったなあ。1回、仲沢の3ボール目の球は、あれがボールか。あまりにいい球で、審判が手を上げそびれたんじゃないか。その後、不運にも、そのランナーが生還してしまうが、見ているものの心をつかむピッチングだった。3年前だったか、神宮でハムがひねられるのを目の当たりにした、あの投球だ。藤井には、その時のいい印象しかなかったから、過去の登板に首を傾げっぱなしだったが、もう大丈夫だろう。いいねえ、これが左の本格派だっていう投球は。細かい制球力なんか気にせず勢いで、って感じは、ウチの三男にも通じるので、共感する。

どうも、杉内のような左は好きになれないんだなあ。キャッチボールでもしてるようで、躍動感がない。でも、あんな投法でもスピードはあるし、制球もいいんだよね。昨日だって、結果、藤井に勝っちゃうし。

三男にも、最近言うのよね。「そがん力まんでもよかろうもん。ゆたーっとモーションを起こして、投げる瞬間だけ、ピュッと力を入れる。杉内のフォームが理にかなってるんだよ」。理想と現実の狭間で揺れる親心とは、言い過ぎか。


|

« 悪夢にサヨナラだ | トップページ | 唐川にからかわれた »

コメント

やはり、そうですか。函館の中継を見ると、いつも強風が吹き荒れてる気がしていたので。

小田はいいですねえ。左投手の時も変えなきゃいいのに。頭角を現した04年には、左投手相手に4割近くも打ってるんですから。東京ドームで、右翼スタンド一直線に飛び込んだ打球も目の当たりにしましたしね。小谷野が3球三振したから言うわけじゃないけど、三瀬レベルの左なら、打てるでしょ。

て、なんか、記事を書いてるような論調になっちゃいました。本日の更新は、これをもって、かえさせていただきます。

cheezu さま。いつも、ありがとうございます。

投稿: 人生真ん中 | 2008年5月12日 (月) 05:33

こんばんは!この時期に函館でやること事態勝つ気あるのか疑問です。寒すぎます。日程は誰が作るのか?まあ今日は小田が打ったから良しとするけど(笑)球団は北海道をなめてますね。

投稿: cheezu | 2008年5月11日 (日) 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/41166153

この記事へのトラックバック一覧です: サウスポーの理想と現実:

« 悪夢にサヨナラだ | トップページ | 唐川にからかわれた »