« 天才・小田が帰ってきた | トップページ | 驚いたり首を傾げたり »

2008年4月28日 (月)

鎌ケ谷にこそ情報を

中田翔クンの名前はスタメンになかった。えっ、何で。もしや1軍に上がったか。と思えば、試合前のアトラクションには顔を出した。


こんな時に説明が欲しいよなあ。ハムファンだから決して中田だけを見に、久しぶりの鎌ケ谷に行ったわけじゃないけど、主な目的ではある。これが1軍の試合なら、球場じゃなくテレビの前にいるとすれば、実況かベンチリポートでスタメン落ちの理由が明かされるはずだ。でも、試合観戦に行けば、1軍でも、現場にいることで逆に情報が入んなくなるんだよねえ。どこか、本末転倒のような気がするよなあ。説明ったって、難しいだろうけど。スタメンに名を連ねてない、すべての選手の理由を説明するのかってね。でも、注目選手だけに、何とかして欲しいところではある。


終盤に守備から登場したから故障とかじゃなく、休養だったのか。それとも、また何かやらかしての懲罰か。しかし、初めて「生」の姿を見たけど、スイングスピードは、ほかの選手とはやっぱり違うなあ。簡単に追い込まれたからアララ、と思ったら、アウトコースの球だったと思うけど、思い切り引っぱたいて三塁ベース直撃のヒットにしちゃった。バット引きや球拾いも一生懸命やってたし、いい姿だった。守備機会がないのだけが、残念、見たかったなあ。


しかし、試合内容はお寒いものだった。ちょうど前日「須永は何してんだ」なんて話題にしてたら先発だったから期待して見てたけど、ダメだなこりゃ。立ち上がりこそ無難だった。でも2回、先頭打者に1発を浴びたら、もうバタバタ。次の打者を歩かせたら、スタンドから「またかよ」なんて声が聞こえたから、制球難はいつものことなのか。まずい守備でも自分を苦しめ、しまいにはメッタ打ち。2回途中6失点で降板とは、救いようがない。何とか、立ち直って欲しいなあ。


確かあれは、札幌移転2年目、05年もう秋のホームゲームじゃなかったか。勝利投手にはなれなかったけど、9回を0に封じた投球の印象が強すぎるのだ。そういや、ほぼ時を同じくしたその年のホーム最終戦。延長に入ってサヨナラ弾を放ったのが、苦しみ続けていた賢介だった。その年の鎌ケ谷で賢介が失策を犯すと、スタンドからは「またか」の声が飛んでいた。でも、賢介は、このサヨナラ弾がきっかけになったのか、翌年にはレギュラーの座を手にした。きっと、なにくそ魂があったはずだ。須永にも、鎌ケ谷のファンを見返す気概がほしい。何かきっかけさえつかめば変わるはずだ。球は威力があるんだから。


さらに…1死満塁の大チャンスに登場しても、応援団以外からは拍手どころか歓声さえ起こらない助っ人って何でしょうね。バットに当たれば、逆に「おお、当たった」と驚きの声が飛び、ボール球と思われる高めを空振りして三振を喫したら、やっぱりか、みたいな雰囲気が球場を包むとは。今年は化けると思ったんだけどなあ。ジョーンズに期待するのは、やめた方がいいか。助っ人に、なにくそ魂なんかないだろうし、長い目でも見られない。

|

« 天才・小田が帰ってきた | トップページ | 驚いたり首を傾げたり »

コメント

この記事のテーマに関係ないコメントは、困りますねえ。って、そうねえ。「甲子園の道」より「高校受験の道」だなあ。あと、10カ月しかないやん。どうするつもりなんやろ。

投稿: 人生真ん中 | 2008年5月 4日 (日) 03:38

うちには子供が三人いますので、「次男の高校受験への道」「長男の大学受験への道」も期待してます。高校受験はもうヤバイくらい経過してますが・・・。

投稿: かーちん | 2008年5月 2日 (金) 21:27

本当に、惜しい人を…。鎌ケ谷で散々な試合を見せられて、家に帰って神宮の中継を見て、複雑な気分になりました。川島は当時の高田GMが見つけた選手だから、と、自分に言い聞かせるように、つぶやいておりました。

投稿: 人生真ん中 | 2008年4月29日 (火) 04:12

6月にまた鎌ヶ谷ツアーがありますが、止めました。今の私には糸井しか魅力がある選手が鎌ヶ谷にはいません。夏に、鎌ヶ谷、神宮、東京ドーム3連発決行予定です。神宮の方が楽しみに(笑)
昨日は慶三君がHR!惜しい人を。
オッシーも調子がいいようです。
それに引き換え、藤井?弥太郎?は・・・

投稿: cheezu | 2008年4月28日 (月) 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/41016022

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌ケ谷にこそ情報を:

« 天才・小田が帰ってきた | トップページ | 驚いたり首を傾げたり »