« 悼む、東京ボーイズ | トップページ | それは、なしだ! »

2007年11月 2日 (金)

札幌に連れてって欲しかった

●日本ハム0‐1中日

山井から岩瀬への交代を告げられたとき、
終戦を覚悟した。
ハムは札幌へ戻れなかった。
わたしの札幌行きも消滅した。

異様な雰囲気の中、
山井が完全試合を目指すマウンドに立つ。
言いようのない重圧に包まれるだろう。そこにしか、
ハムの付け入るスキはないと、思っていた。
でも、落合監督なら岩瀬への交代を告げるだろう。
しかし、ナゴヤドームの観客がそうさせるのか。
落合監督の決意が揺らいでくれ、
そう願ったがかなわなかった。
落合監督の、したたかさに屈してしまった。

今回は、土日が札幌開催。
昨年は1人で行った決戦の地に、今年は
日本ハムファンに仕立て上げた、
いや、自らの意思でなった
野球少年の小6三男と行くはずだったのに。

一般発売の電話が、10時10分に、
奇跡的につながった。
取れた席は、三塁側ベンチのすぐ上。
今まで、経験したことのないような「特等席」で、
ハムを応援するのを楽しみにしていたのに。

負けても、親子旅行をするはずだった。
「カニ、ねっ、野球がなくても、カニ食べに行こう」。
そう言ってた。
旭山動物園行きも予定し、
帰りは旭川からの飛行機をおさえたんだけど。

4日の日曜日、三男に野球の練習試合が入った。
一応、エース。投げなきゃいけない。
それでも「練習試合なら、日本シリーズ」。
そう言っていたが、負けた瞬間
「オラ、練習試合に出る」と、カミさんに告げたらしい。

やっぱり、先週の試合が心にひっかっかっていたんだろう。
秋のリーグ戦3位決定戦で、1回3分の0KO。
投げ方がわかんなくなったとかで、パニック状態。
ストライクが入んない。
1-1の2回表、無死から連続死球を出して、
交代を告げられた。
1回の2四球と合わせて4四死球、
失った1点も暴投では、致し方ない。
レフトのポジションで、泣きじゃくっていた。
公式戦最終戦で、自己最短降板。いたたまれなかった。
チームが勝ったのが、救いだった。

練習試合とはいえ、予定になかったリベンジの場。
思いっきり、心のたけをぶつけてくれ。
完全試合の、お返しをしてやれ。
さあ、1時間後には朝走だ。B球にもちかえた左手に
再びC球を握って、投球練習だ。

ツアーの前日キャンセル料、4割の分もね。
ああ、小市民…。

完膚なきまでにやられたハム首脳陣は、
事実上の解散をするらしい。

これが転落の第1歩にならないことだけを祈る。
この2年が、いい夢だったと、後に振り返りたくないから。

|

« 悼む、東京ボーイズ | トップページ | それは、なしだ! »

コメント

cheezuさま

そういう集まりは、負けて言うのもなんですが、いいですねえ。楽しそうです。

わが家は、北海道に行った気分で
かに鍋を食べようなどと、三男が言ってます。

投稿: 人生真ん中 | 2007年11月 3日 (土) 02:52

おひさしぶりです。
札幌に・・・残念ですね。
2戦目セギのHRが隣に。。。
敗因は私の中では勝の1球目にあると。
鶴ちゃんでいってほしかった。
偏見の感想です。
札幌で2勝出来ていれば・・・
明日はなぜか?日ハムHPで知り合った知らない人たちと残念会焼肉です。(笑)
ドームに近いから幹事に。
来年の新体制が楽しみです。
女心はすぐ切り替わるんです(笑)

投稿: cheezu | 2007年11月 2日 (金) 11:35

Yさん。壮行会までしていただいたのに
すみません。

痛みはないんですけど、なんでしょうね、この気持ち。

とにかく、暗いんです。

次回は、はじけますよ。どうか、お付き合いください。

投稿: 人生真ん中 | 2007年11月 2日 (金) 08:54

おお、ブンジンさん、ありがとう。
親ばかですけど、楽しみです。

投稿: 人生真ん中 | 2007年11月 2日 (金) 08:52

残念だった。
でも、来年を信じよう。
それがファンのあるべき姿だ!!

痛みが癒えた頃、真ん中さんの激励会をしましょうね。

投稿: Yです | 2007年11月 2日 (金) 08:19

「今年もVおめでとうございます」の電話が出来なかったのが残念です。
野球に夢中な息子さん。これからが楽しみですね。

投稿: ブンジン | 2007年11月 2日 (金) 05:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/16948536

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌に連れてって欲しかった:

« 悼む、東京ボーイズ | トップページ | それは、なしだ! »