« 軽い気持ちで軽井沢 | トップページ | 走っても太る原因 »

2007年5月26日 (土)

ハム吉川クンのように

 まるで、子どもの少年野球を見てるようだった。プロでも、あるんだねえ。こんなことが。小6三男のチームは、4戦連続で最終回の逆転勝ちというミラクルぶりだったけど。プロの世界でも、特にヤクルトのように勝ってないチームは、接戦の最終回には、正常な精神状態では、いられないってことか。

 実は、グライシンガーが投げてる限り、日本ハムの勝ちはないと思い、テレビ画面から目を離してた。うわさには聞いてたけど、いいピッチャーなだあ。なんで、代えてくれたんだろ。何にしても、めでたい。

 吉川クンが投げてる時は、自分の子どもを応援するような感覚で見てた。序盤は完ぺき。5、6回は、腕が振れなくなったなあ、なんて。家でテレビを見ていた三男も「オラに似てるね」なんて言ってたらしい。いい、お手本になっただろう。

 さあ、その三男も、3泊4日の軽井沢への移動教室を終え、帰ってきた。現地で熱を出したらしいが「明日(26日)は走るけん」なんて言ったらしいから、大丈夫だろう。「朝走」の復活だ。やっぱり、酒浸りの生活は、イカン。雨も上がったことだし、2時間後には、走るよ。明日、27日には、リーグ戦の試合もあることだしね。

 日本ハムは、子どもたちのように勝った。試合をつくったのは、まぎれもなく、三男に似ている左腕の吉川くんだ。これを、吉兆と言わずして、何を吉兆と呼ぶ。相手は、リーグ戦全勝中のチームだけど、直前のカップ戦では負けたけど、その試合、三男は先発を回避したから、恐れることはない。救援した結果は、スコアだけを見れば、2回3分の2を無失点、6奪三振じゃないか。1敗のわがチームは負けられないし、大丈夫だ。まずは、序走でしっかり、足元を固めよう。

|

« 軽い気持ちで軽井沢 | トップページ | 走っても太る原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/15204227

この記事へのトラックバック一覧です: ハム吉川クンのように:

» 名探偵コナンの最終回あらすじ〜コナンと蘭は・・・〜 [名探偵コナンの最終回あらすじ〜コナンと蘭は・・・〜]
名探偵コナンの最終回のあらすじってご存知ですか?名探偵コナンと蘭はどうなるんでしょうかね。どんなストーリーでも最終回って気になりますよね。とは言っても名探偵コナンはまだまだ続きそうですね、一体、どんな終わり方するんでしょうかね?あらすじだけでも知りたいとは思いませんか・・・... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 08:53

« 軽い気持ちで軽井沢 | トップページ | 走っても太る原因 »