« 勝利の扉を開けてくれ | トップページ | 負けと思うたばってん8点 »

2007年4月27日 (金)

打ち過ぎ2安打

 惜しかったなあ、昨日のハムは。「スミ1」どころか、「スミ1安打」で勝つかな、と思ってたのに。昨日のダルなら、あの、ロッテからもらった1点で十分だった。タイムリーなし、さらには、残塁なしの勝利かと思ってたら、ヒチョリが四球で出ちゃった。金子はチーム2本目のヒットまで、打っちゃって、いらんことするなあ、なんて軽口がたたけるのも、勝ったから。逆に、ダルも1安打投球で、2チーム合計2安打の試合なら、パ・リーグでは史上初のことだった。

 ダルちゃんは、完璧だったよね。カミさんは、すっかり、20歳エースのとりこ。昨日の日刊スポーツ芸能面に載ってた登場曲の記事を見ながら、「ホント、カッコいいバイ。等身大のポスターないっちゃろうか」などとほざいていた。野球中継なんて見もしなかったくせに、昨日は「ダルになりたい」と言う小6三男と、じっと見てたらしい。その三男、9回2死、カウント2-0から四球を出したダルを見て「ほら、プロでも、ツーナッシングから四球を出すとよ」と、得意気に話したそう。あのねえ、ほとんどの打者を歩かせてるキミとは、次元が違うでしょ。この間の投球内容は、6回を投げて四球が7つに死球が3。それがもとで、6失点を喫してる。さらにその内訳も、ボークで1点、暴投で1点。あとの4点は味方のエラーだけど、これだけ走者を出せば、守りのリズムもつかめるはずない。昨日の、ダルの投球から、少しは学びなさい。

 しかし、勝つには勝ったけど、打線は重症だな。だいたい、6番金子なんて、あまりに苦しいオーダーだ。小田の不調は、どうしたことだ。打率.059とは。.037で2軍落ちした木元に近づいている。ここまでファーストが打てないチームも珍しいよね。

 昨日、書き忘れたけど、安心したのは陽仲壽。右投手相手でも、右打席に入ってたから。昨年、鎌ケ谷で左打席に入った陽を見て、「やめた方がいい」とは、このブログでも書いたけど、良かった、やめてくれてて。そうだよ、右の大型ショートになるんだから。とりあえず、今はサードでもいいから、使い続けて欲しい。金子を9番に下げて、6番とか7番あたりでね。

|

« 勝利の扉を開けてくれ | トップページ | 負けと思うたばってん8点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/14859176

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち過ぎ2安打:

» 公鴎5回戦 一粒の予感 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 謝るくらいなら最初から書かなければいい。確かに、全く持ってその通りで御座います。それを承知で書くという事は、実は謝っているのもフェイクで全てネタだとか。  いや、キレそうだったのはネタでもなんでもなくて... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 09:16

« 勝利の扉を開けてくれ | トップページ | 負けと思うたばってん8点 »