« 楽に負けてどうする | トップページ | 勝利の扉を開けてくれ »

2007年4月21日 (土)

ソフトにハードに

 さすがのヒルマン監督も、そこまでは非情になれなかったということか。8回裏、2死二塁、代打は田中幸雄。ソフトバンクは、左腕のニコースキーから右腕の馬原に変えてきた。代打の代打、小田じゃなかったのかなあ。

 でも、そんな素振りさえなかった。西武ドームでは、稲葉を送った。でも、ここは東京ドーム。ものすごい歓声に送られて、幸雄さんが打席に向かおうとした。一昨日の負い目も、あったのか。この雰囲気で、さすがに、代打の代打とは言えないか。古巣の穴か。そりゃ、しがらみもあるだろう。

 7回、坪井、稲田と代打を送った。次の高橋で小田でもいいかと思った。でも、切り札は取っておいた。その小田という切り札を、使う場面はなかった。うーん、複雑だ。しようがないのか。

 今、GAORAで録画中継をやっている。阪神の球史に残る試合の影響で、放送開始が1時間以上、遅れてる。いいなあ、阪神は。今、ハムに、この押せ押せムードと、勝負強さが欲しい。新庄の抜けた穴は大きいのか。

 東京ドームのスタンドには、カミさんと三男が行ってたから、録画ボタンを押した。「ダルが投げる試合を見たい」。珍しくカミさんが言った。「ダルになりない」。小6三男と連れ立って出かけていった。さっき、確かに、外野席2列目にいた母子を確認できた。ソフトバンクファンの中3長男は、学校帰りの3回ぐらいに合流したらしい。つまんなかったろうな。球場に行ってから、ソフトバンクの得点シーンを見てないんだから。ハムファンの三男も、残念だったろう。

 かみ合わない。もどかしい。ソフトバンクもそうだろうけど、勝ったからいいだろう。今日は、何とかしてほしいな。八木が、間隔が空いているのは、気にはなるけど。ソフトバンク斉藤は、本調子ではないにしろ、前回の登板で、少しだけ光が差している。だからこそ、打ち崩して欲しい。ソフトバンクも、ハムも、最近は3連戦の勝ち越しがない。今日が、互いに試金石の試合になるかな。で、ちょっと、不安だ。

 本当は、日曜日に、カミさんと左腕の三男を連れて、今季初の観戦で、八木の投球に浸ろうと思ってたんだけど。グリンと、相手は星野なのかなあ。ちょっと、拍子抜けだ。

|

« 楽に負けてどうする | トップページ | 勝利の扉を開けてくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/14792686

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトにハードに:

» 公鷹3回戦 とらぬ狸の紅い舌 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 勝つとか勝てぬとか最初に言い出したのは誰なのかしら。中々思うようには勝てない。まぁ元々強くないチームが成り行きで優勝しちゃって、当然マークも厳しくなるだろうから弱いチームとしちゃそうそう勝たせてはもらえ... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 10:11

« 楽に負けてどうする | トップページ | 勝利の扉を開けてくれ »