« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

打ち過ぎ2安打

 惜しかったなあ、昨日のハムは。「スミ1」どころか、「スミ1安打」で勝つかな、と思ってたのに。昨日のダルなら、あの、ロッテからもらった1点で十分だった。タイムリーなし、さらには、残塁なしの勝利かと思ってたら、ヒチョリが四球で出ちゃった。金子はチーム2本目のヒットまで、打っちゃって、いらんことするなあ、なんて軽口がたたけるのも、勝ったから。逆に、ダルも1安打投球で、2チーム合計2安打の試合なら、パ・リーグでは史上初のことだった。

 ダルちゃんは、完璧だったよね。カミさんは、すっかり、20歳エースのとりこ。昨日の日刊スポーツ芸能面に載ってた登場曲の記事を見ながら、「ホント、カッコいいバイ。等身大のポスターないっちゃろうか」などとほざいていた。野球中継なんて見もしなかったくせに、昨日は「ダルになりたい」と言う小6三男と、じっと見てたらしい。その三男、9回2死、カウント2-0から四球を出したダルを見て「ほら、プロでも、ツーナッシングから四球を出すとよ」と、得意気に話したそう。あのねえ、ほとんどの打者を歩かせてるキミとは、次元が違うでしょ。この間の投球内容は、6回を投げて四球が7つに死球が3。それがもとで、6失点を喫してる。さらにその内訳も、ボークで1点、暴投で1点。あとの4点は味方のエラーだけど、これだけ走者を出せば、守りのリズムもつかめるはずない。昨日の、ダルの投球から、少しは学びなさい。

 しかし、勝つには勝ったけど、打線は重症だな。だいたい、6番金子なんて、あまりに苦しいオーダーだ。小田の不調は、どうしたことだ。打率.059とは。.037で2軍落ちした木元に近づいている。ここまでファーストが打てないチームも珍しいよね。

 昨日、書き忘れたけど、安心したのは陽仲壽。右投手相手でも、右打席に入ってたから。昨年、鎌ケ谷で左打席に入った陽を見て、「やめた方がいい」とは、このブログでも書いたけど、良かった、やめてくれてて。そうだよ、右の大型ショートになるんだから。とりあえず、今はサードでもいいから、使い続けて欲しい。金子を9番に下げて、6番とか7番あたりでね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月26日 (木)

勝利の扉を開けてくれ

 まあ、よう負けますな。日本ハムは。それも、一昨日までは打つには打ってたけど、ついに昨日は打てなくなった。主審の判定にも、大いに問題は、あったけどね。やたら取ってた左打者ならインコース、右打者ならアウトコースの低め。あれが今年からの新ゾーンなら従うけど、同じパ・リーグでも、ソフトバンクの試合では取ってなかったもんなあ。その影響で涌井はKOを食らい、久保はそのおかげで勝利投手になった。ハム戦の主審は、取るなら取るで一貫した姿勢は買えるけど、リーグでも一貫してくれよ。なんて、恨み言を書いてもしようがない。典型的な弱いチームの姿になってる。

 今季、初観戦した日曜日のソフトバンク戦も、ひどかった。決して調子の戻っていないソフトバンク相手に、何もできない。トイレから帰ったら、グリンはマウンドにいないし、カウントは1-1を示してるし。何が、あったんだ。帰って、ビデオを見返すと、ガンちゃんは、怒ってましたねえ。不快、不可解、そんなことの連続だ。松中の満塁弾以外には、両チーム通じて、何の見どころもなかった。子どもの少年野球の方が、よっぽど面白い。その日も2週続けて、最終回の表に逆転し、2週連続の1点差勝利だから。いやー、しびれましたね。よく抑えたよ、ウチのガキが最終回の裏を3人で。以前、このブログで、今は中3になった長男の受験日記を記したことがあったけど、今度は「甲子園への道」を書いてみようかなあ。まだ小6、時間はあるから、夢もある。

 東京ドーム開催の入場チケットについて一言。朝、その小6三男の試合があったから、急いで行っても球場到着は試合開始を30分過ぎていた。そしたら、指定席しか発売してないと言う。なんじゃ、そりゃ。わたしは、自由席のネット裏2階席で見るのが好きで、日曜だから開放してるもんだと思っていたのに。1階の自由席が満員なら、2階を開けろよ。去年もおととしも、そうしてたじゃないか。清掃費の問題と聞いたことがあるけど、アマチュア野球ならそんな事情は理解できても、プロ野球でしょ。開かない席があるなんて、おかしいでしょ。しようがないから指定券を買ったけど、子ども料金がないから、予定外の出費を強いられた。札幌ドームでは、アッパー指定席が好みなんだけど、今年からは、その席の子ども料金もなくなった。家族連れにはつらいと思うけどなあ。野球好きの家族に、やさしい料金設定であってほしい。

 すべてにおいて、あーあ、だなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

ソフトにハードに

 さすがのヒルマン監督も、そこまでは非情になれなかったということか。8回裏、2死二塁、代打は田中幸雄。ソフトバンクは、左腕のニコースキーから右腕の馬原に変えてきた。代打の代打、小田じゃなかったのかなあ。

 でも、そんな素振りさえなかった。西武ドームでは、稲葉を送った。でも、ここは東京ドーム。ものすごい歓声に送られて、幸雄さんが打席に向かおうとした。一昨日の負い目も、あったのか。この雰囲気で、さすがに、代打の代打とは言えないか。古巣の穴か。そりゃ、しがらみもあるだろう。

 7回、坪井、稲田と代打を送った。次の高橋で小田でもいいかと思った。でも、切り札は取っておいた。その小田という切り札を、使う場面はなかった。うーん、複雑だ。しようがないのか。

 今、GAORAで録画中継をやっている。阪神の球史に残る試合の影響で、放送開始が1時間以上、遅れてる。いいなあ、阪神は。今、ハムに、この押せ押せムードと、勝負強さが欲しい。新庄の抜けた穴は大きいのか。

 東京ドームのスタンドには、カミさんと三男が行ってたから、録画ボタンを押した。「ダルが投げる試合を見たい」。珍しくカミさんが言った。「ダルになりない」。小6三男と連れ立って出かけていった。さっき、確かに、外野席2列目にいた母子を確認できた。ソフトバンクファンの中3長男は、学校帰りの3回ぐらいに合流したらしい。つまんなかったろうな。球場に行ってから、ソフトバンクの得点シーンを見てないんだから。ハムファンの三男も、残念だったろう。

 かみ合わない。もどかしい。ソフトバンクもそうだろうけど、勝ったからいいだろう。今日は、何とかしてほしいな。八木が、間隔が空いているのは、気にはなるけど。ソフトバンク斉藤は、本調子ではないにしろ、前回の登板で、少しだけ光が差している。だからこそ、打ち崩して欲しい。ソフトバンクも、ハムも、最近は3連戦の勝ち越しがない。今日が、互いに試金石の試合になるかな。で、ちょっと、不安だ。

 本当は、日曜日に、カミさんと左腕の三男を連れて、今季初の観戦で、八木の投球に浸ろうと思ってたんだけど。グリンと、相手は星野なのかなあ。ちょっと、拍子抜けだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月14日 (土)

楽に負けてどうする

 木元も、ツイとらん男よなあ。どうやら、2軍落ちが決まったらしい。

 数日前に、何戦ぶりかでスタメン出場した試合。気持ちもみなぎってたろう。だが、その場面は、無死一、二塁のチャンス。思いっきり振れる場面なら、過去のモヤモヤを振り切るチャンスだったろうに、出たサインは送りバント。それを1度、2度と失敗し、挙げ句、空振り三振。ホントは、決めなきゃいけないんだよ。でも、ふびんだった。

 本人のコメントを、新聞で読んだ。「決して調子は悪くない。でも、なぜか、試合になると打てない…」。

 そう、振りは、悪くないんだよ。でも、一昨日のチャンスでも、空振り三振を喫してしまう。解説の金石さんが言ってた。「8割は、空振り三振ですから」。

 そうか、調べてしまったじゃないか。決して、そんなことは、ないのにね。イメージっていうか、印象は恐ろしいもんだ。唯一のヒット、千葉マリンのヤツを見てしまったからね。レフト前のポテンだった。振り切ったから、生まれたタイムリーだった。でも、その後はヒットがなく、打率.037って、あんまり見ない数字だよね。

 一昨日の札幌ドームスタメン発表では、不振の選手に、ブーイングが起こったんだって。でも、賢介にブーイングを起こす札幌のファンじゃないだろうから、その対象は木元とグリーンだろう。いたしかたなきかな。

 今年のハムは、うまくいきませんねえ。でも、なぜか、本気で怒れないんだよねえ。これが、今まで、経験がなかったけど「燃え尽き症候群」っていうヤツか。今までは、ハムの試合の一挙手一投足に一喜一憂してたんだけど、今年は中継を見る目にも力が入らない、っていうか、見てない。だから、このブログも更新できないんです。のめりこんで、いけないんです。去年の札幌ドームの、あの夢心地を引きずってるような。81年の日本シリーズで負けて以来、30年近く、本気でグダグダ言ってたから、去年の日本一で、そのグダグダもなくなり、グチの言い方や当たり方も、忘れてしまいました。

 昨日の8回2死満塁のチャンス、稲田に代打・金子洋平を送ったよね。ノムさんは、ピッチャーを福盛に代えた。そこで、代打の代打、木元を告げればいいのに、と冗談半分、本気半分で言ってました。洋平に期待はしたけど、初球ファウル、2球目もファウルとされた時点で、落とされて終わりだな、と。悪い予感は当たってしまったけど、洋平はいいものを持ってるけど、やっぱり本当の勝負強さは培われてませんよ。でも、幸雄さんの衰えも激しいし、じゃあ、一発木元にかけてみれば、と思ったわけです。その後、守備についてたから、なんともいえない気持ちになりました。

 久しぶりだから、とりとめもなく書いてしまいましたけど、まだ首位まで4ゲーム差しかないんだから。それよりも、今、AクラスとBクラスに分かれてはいけません。やっと、小田が上がってきます。どんな事情があったのかは知りませんけど、一緒に上がってくる小谷野は、どうでもいいけど、わたしは小田を待ってた。2軍でも指名打者だったから、守れないのかなあ、本調子でもないのかなあ。でも、天才だから、何とかしてくれるよ。セギノールがファーストに入ればいいんだから。今は珍しい、ファーストもサードもいないチームだから。

 わたしの小6三男は、「ダルビッシュになりたい」と、本気で野球に目覚めたようです。でも、アンタ、左投げですから、ダルビッシュには、なれませんから。でも、少年があこがれる20歳の投手が先発し、天才が1軍に上がってくる今日を、反抗記念日にしたいもんです。

 ダラダラと、すみませんでした。
 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »