« ヤっと勝てた | トップページ | 観劇! 母に捧げるラストバラード »

2006年6月25日 (日)

オリに触れ采配批判

○日本ハム4‐3オリックス

よくしのいだ、八木。これ以上ない火消しだった、岡島。しかし、オリックス以外のチームが相手なら、負けてただろうなあ。清原に故障が発生しなかったら、1度ぐらいは打たれてたかもしれない。谷に助けられた。

八木は悪かった。でも、それ以上に川越も悪かった。もっと、点を取っとかないと。強行出場した金子の、まあ迫力のないこと。前の2打席を見たら打てないことはわかるでしょ。だから、6回の1死二塁は、代打でしょ。八木だって、ずっとアップアップだったから、6回には代えるもんだと思っていた。策もない、交代機もわからないヒルマンには、ホントあきれる。

ロッテのように、ベンチ全体で戦うっていう姿勢が伝わってこない。「打順は固定するに越したことはない」と監督は言ったらしいが、それは確固たるレギュラー選手がいてこそ。日本ハムのように、レギュラーと控えの差が小さいチームが採る起用法じゃない。また、戦力の底上げをしてくれたのは、ほかならぬヒルマンじゃないか。調子を見極めて、いろんな使い方をしたほうが、指揮のし甲斐があるってもんじゃ、ないのかな。それなのにこの監督、使うと決めたら徹底して使い、外すと外しっぱなし。固定観念が強過ぎるよねえ。

2軍で打撃が好調という理由で上げてきたのなら、稲田をスタメン遊撃で使えばいいじゃないか。前日に2軍戦では、ホームランを含む3安打を放ってるんだから。賢介の調子が落ちてきてるんなら、そろそろ川島の復帰時じゃないのか。小谷野だって、幸雄さんだって、何のためにベンチに控えてるのか。八木を7回まで引っ張らなきゃいけないブルペンなら、入れ替えればいい。

交流戦の予備日に2試合が入り、地元の北海道で満足に休息さえ取れなかったから、疲れているのは分かる。でも、交流戦が「ハードな日程だ」などと文句をつけてる暇に、指揮官ならもっとやることがあるでしょ。視野も選択肢も、広く持っててほしいなあ。

|

« ヤっと勝てた | トップページ | 観劇! 母に捧げるラストバラード »

コメント

ほんと、そうでしたね。また、守備でもよく打球が飛んで。そのたびにビクビクしなきゃなんない。そんな思いは、したくないですよね。今日は中止で良かったのかな。

投稿: 人生真ん中 | 2006年6月25日 (日) 14:42

ほんとに金子が打席に立つと痛々しさが先に立って
なんか観てられなかったです。こんな思いをファンにさせてまで出る必要があるのか?
プロだからこそ出るなら打てよと言いたい。

投稿: cheezu | 2006年6月25日 (日) 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10668054

この記事へのトラックバック一覧です: オリに触れ采配批判:

« ヤっと勝てた | トップページ | 観劇! 母に捧げるラストバラード »