« タナカら賢介 | トップページ | 采配ミスにも選手はヒルマン »

2006年6月29日 (木)

棚から4点、賢介も2点

○日本ハム8-2ロッテ

こんなにうれしい勝ちはない。タナカら賢介、じゃなく、ぼたもちが4点も降ってきた。2点は賢介が運んできた。

無死一、二塁から飯山のバント失敗…「セーフ? なんで??」。今江の足が離れている? 今江は三塁ベースに笑い、三塁ベースに泣いたな。でも無死満塁からヒチョリが投ゴロゲッツー。普段のハムなら、ここで終わっていたはずだ。それを、頼れる賢介。よく打ってくれた。やっと、一皮むけたねえ。

俊介は最近の調子が良くないから、「もしかしたら」とは思っていた。でも、スタメンを見て「なんで、小笠原まで、いないの? 休養か? ディアスだから試合を捨てたのか」とも思った。ところが代役の小田で1点を返し、新庄の代役、坪井もよく四球でつないだ。少なからずの期待はあったが、ホント、うれしい誤算だ。

しかし、だ。飯山クン。ラッキーボーイと呼ぶには、おこがましい。普通なら「戦犯」だからね。ストライクのスクイズを空振りしてんじゃねえよ。続くバントも何だ! 記録こそ犠打野選だけど、実体は今江の失策だ。打つ機会よりも、バントする方が多いだろ。打てないんだから、バントぐらい決めろよ。存在価値が、なくなるぞ。

れいめい高時代から注目していた。守備はホントうまい。ヤクルトの宮本タイプになるんじゃ、と楽しみにしていた。こんなたたき上げの選手には頑張って欲しいんだよ。でも、ここまでの惨状を見せられると、さすがにかばえない。もう1度、自分の役割を肝に銘じて、2軍に落ちて、バントの練習ばかりしてきなさい。見放しはしない。もう1度、頑張れ。

それと、同じ南九州は宮崎・都城の幸雄さん! ツイてない打球には同情するけど、そろそろヒットを打ってください。2000本安打が達成できるか、ヒヤヒヤし始めています。

|

« タナカら賢介 | トップページ | 采配ミスにも選手はヒルマン »

コメント

わたしも、そこが気になるところなんですよ。痛しかゆしというか、賢介の脱皮はうれしいけど、川島の芽を摘まなくてもと…。今年の狙いは、なかなか本調子にならない、三塁木元の方かもしれませんね。

来年になれば、新庄が抜けてレフトも照準に入るし、まあ、賢介、木元、ヒチョリのみんなが調子いいなんてことはないだろうから、チャンスはあるでしょう。固定したがるヒルマンの存在が、一番の障害でしょうか。

投稿: 人生真ん中 | 2006年6月30日 (金) 02:11

今江のブログによると、前日の9回のチャンスにも
打てなく、この所のエラーも多く帰宅して子供と
奥さんの顔を見たら思わず涙したとか・・・
8つも年上の奥さんをもらうとこうなるのね。
なので・・今日も今江は使い物にならないと思ってたら案の定・・・
小田が活躍してくれてうれしい反面、賢介の活躍が
川島の1軍をビミョ~にしてる。
まあ勝てばいいか!

投稿: cheezu | 2006年6月29日 (木) 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10719395

この記事へのトラックバック一覧です: 棚から4点、賢介も2点:

« タナカら賢介 | トップページ | 采配ミスにも選手はヒルマン »