« 総務省の家計調査2カ月目 | トップページ | 棚から4点、賢介も2点 »

2006年6月28日 (水)

タナカら賢介

○日本ハム3-2ロッテ

よく勝ったなあ。金村の球が全部高いから、賢介の2ランで先制しても、いつか、やられるぞ、と思っていたら、案の定4回に、2死からヒットを許し、フランコにどっかーん。「それで、エースかよ」とわめいていたら、そこからは抑えてくれた。よく7回まで、しのいでくれた。大エースと呼ぶには物足りないが、エースの最低限の仕事は果たしてくれた。

賢介も、よく打ったよなあ。昨日のバッティングが、オレが好きだった20歳で3番を打ってた賢介のバッティングだ。やっと、モノになったかなあ。この事象に関していえば、粘り強く使ったヒルマンが、偉いのかなあ。でも、ヒルマンは、就任時から、賢介が好きだったもんなあ。

しかし、木元の守備は、何とかならんのか。あんな守備範囲の狭い、送球に難のある三塁手はいない。あれなら、セカンドの方がマシだった。ああ、賢介がいるから戻れないか。それに、1点差の8回に出てこれない武田久は、よほど悪いのか。心配だ。それとも、福浦を抑えることを最重要課題として、アタマから岡島を使ったのか。岡島は調子がいいなあ。西岡、堀と簡単に取り、福浦には粘られたけど、三振に切って取ってしまった。

昨年に続いて、交流戦V「燃え尽き症候群」のロッテに元気がないから、今日も、もらっちゃおうか。でも、先発は俊介。虫が良過ぎるか。いや、苦手だからと新庄が外れれば、坪井あたりがいい仕事をしてくれそう、と期待しよう。

|

« 総務省の家計調査2カ月目 | トップページ | 棚から4点、賢介も2点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10707631

この記事へのトラックバック一覧です: タナカら賢介:

« 総務省の家計調査2カ月目 | トップページ | 棚から4点、賢介も2点 »