« 虚をつけとは言ったけど | トップページ | 1点から一転、何があったんだ »

2006年5月27日 (土)

ヤク立たない助っ人たち

●日本ハム3-4ヤクルト

まあ、仕方がないか。一番の期待がかかった小田が凡退してゲームセットだから。木田は、この時だけは、素晴らしいコントロールを見せていた。うーん、残念。パの1人負けだけはイヤだ、誰か道連れを、一番近い存在はソフトバンクだ、と思っていたら、追加点をとっちゃったし。ショック倍増だ。

しかし、小田の出番が遅くないか。私が思うに、1点を取って2点差に追い上げ、なお無死一、二塁で迎えたセギノールの打席で、代打小田だろ。「あー、代打じゃないんだ。なら、ゲッツーだよ。お願い、それだけは、避けてくれ」と懇願していたら、案の定だ。前日にセギノールを外したんだから、この日も外せば良かったのに。4番は、前から言ってるように、小田だ。復調気配の稲葉でも異論はない。代打を送られたのは、マシーアス。セギノールとともに、何をやってるんだ。これなら、いない方がいい。2人の野球への取り組みには好感が持てるけど、それと、打撃成績とは別問題だ。

グチはやめて、明るい材料に希望を見出そう。木元が復調。高橋信もどん底を脱したようだ。鶴岡クンが研究され、当たりが止まっただけに、信二にやってもらわなきゃ困る。さらにトーマスも、昨年後半の投球を思い出させてくれた。たまには、もともと力のある打線の爆発で勝って欲しいな。今日は江尻だから、そういう展開には、うってつけだ。

それにしても、昨日の札幌ドームは、よく入ってましたね。今日もっと、お客さんを呼ぶであろう、スイートホームで、スカッとする白星を見せてくれ。

|

« 虚をつけとは言ったけど | トップページ | 1点から一転、何があったんだ »

コメント

KIDさま、ありがとうございます。
小田は、昨年のオープン戦で、4番を打ってました。
だから、突拍子もない案だとは思わないんですよ。あくまで、オープン戦ですけど、セギノールがいないだけの、ベストオーダーでしたから。
札幌ドーム1号を目の前で見せてくれたほど、
意外にパワーもあるし。

ただ、最近は調子を落とし気味のようなので、
機を逸したかな、と思います。

投稿: 人生真ん中 | 2006年5月29日 (月) 01:24

大砲=4番適正という既成概念の殻を破ってみると、小田の4番というのは確かに面白いかもしれないと思いました。

そういえば、長距離砲じゃなくても4番が勤まるとバレンタイン監督が証明したのはつい一年前のことなんですよね。

投稿: KID | 2006年5月28日 (日) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10256483

この記事へのトラックバック一覧です: ヤク立たない助っ人たち:

» あなたは拘束されるための努力をしているのかも!? [ニート・フリーターバイト卒業する会 ]
イワサと申します。「あなたは自由になるための努力をしていますか?」もしかして拘束されるための努力をしているのかも知れません。 [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 20:51

« 虚をつけとは言ったけど | トップページ | 1点から一転、何があったんだ »