« ヤク立たない助っ人たち | トップページ | 打線が弾けた、記憶は飛んだ »

2006年5月29日 (月)

1点から一転、何があったんだ

○日本ハム3-2ヤクルト

PHSでチェックすると、1点を勝ち越していた。「エライ!」と叫んで8回の打撃成績を確認すると、二失、中飛、投失、四球、一ゴで1点? 夜のスポーツニュースを見ると、暴投で勝ち越し点をもらったのが分かった。でも、その1点だけ? テーブルを見ると、走塁死 稲葉(8回)飯山(8回)とある。いったい、何が起こったんだ。

7回に同点に追いつかれ、その裏の好機に小笠原が三振したところまでを確認して家を出た。8回には、相当に変なことが、あったのか。知りたい。でも、知ったら、イライラするだけだろうか。まあ、いいや、勝ったから。でも、勝っただけで、いいのか。

それにしても、ヤクルトファンの怒りったら、なかったなあ。

|

« ヤク立たない助っ人たち | トップページ | 打線が弾けた、記憶は飛んだ »

コメント

cheezuさま、わかりやすい状況描写をありがとうございます。
向日葵 絵梨.さま、お越しいただき、ありがとうございます。

誤審とミスが重なったということでしょうか。何だか、歴史的な試合を見損なったようで、すごく悲しい。でも、見ない方がよかったのか。

朝日新聞によれば、スクイズのサインを見落としたり、挟殺プレーで生きている走者が塁を離れて併殺になったり、とあるのですが、この場面のことでしょうか。それとも、この試合は、もっと面白い(イライラする)ことが、あったのでしょうか。

それはともかく、今日からホームで巨人戦。先週と同じローテで、先週以上の成績、つまり3連勝もいける、とふんでるのですが。となれば、巨人は7連敗、ってありえないかなあ。でも、まんざら、可能性がないわけでも、ないと信じてます。去年の借りがあるから、そのぐらいはしてやらないと。

投稿: 人生真ん中 | 2006年5月30日 (火) 02:43

 ホント、昨日の誤審はなんともまぁ・・・。な感じで、スワファンの私でも「?」でした。審判陣「新庄選手の襟どーのこーの」って言ってる場合じゃないような気がするのは私だけではないと思います。

投稿: 向日葵 絵梨. | 2006年5月29日 (月) 16:43

余計なお世話かも?
三塁稲葉、二塁飯山、バッター小田ファーストゴロで
相手が捕ってホームへ・・・稲葉挟まれウロウロ・・・
飯山その間にサードヘ・・・その間に稲葉サード方向へ走りながらタッチアウトなのに???審判飯山にアウトのコール稲葉もろともダブルプレ~!
ええ~~~???
アホかおまえ。
飯山ず~~と足三塁ベースから動いてないよ。
稲葉わけわからず自分は生きてるとまたホームへ走り
またまたタッチされ・・・
ヤクルトナイン速攻に引き上げベンチに。古田しらんぷり。ヒルマン一応形だけ抗議・・・がスグ引き上げる。ありえない。
本来2アウト、サード飯山ファースト小田でバッター金子
審判、旭川をなめんなよ。
とこういういきさつ。知らぬが仏!

投稿: cheezu | 2006年5月29日 (月) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10286671

この記事へのトラックバック一覧です: 1点から一転、何があったんだ:

» 体育会系占い師の独り言 [絵梨.ちゃん先生奮闘記]
 昨日はスワローズ、金村投手にしてやられた!感、大!でした。( ̄Д ̄;; 金村投 [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 16:45

« ヤク立たない助っ人たち | トップページ | 打線が弾けた、記憶は飛んだ »