« メー投手だ、八木。 | トップページ | 虚をつく采配も必要だ »

2006年5月21日 (日)

コイはRUNラン、ハムはRUN乱

●日本ハム3‐5広島

あの走塁は防ぎようがあったのか、なかったのか。たった1点だけど、小骨のようにのどに引っかかって、気になる生還だった。

0-0の5回裏、広島の攻撃は無死一、三塁。打席に入った投手の黒田は三塁線へバント。日本ハムの江尻はマウンドを駆け下り、三塁の小笠原もダッシュ。江尻は、三塁走者の末永が、本塁へは走らないことを確認して一塁へ送球。だが、末永はそれを見て本塁へ突入し、先制点を奪ったという場面だ。セーフティスクイズのような、ディレードスチールのような…。

江尻は、小笠原は、どうすれば良かったのか。江尻が一塁へ送球するまでは、末永は本塁突入の素振りを見せてなかったから、江尻は一塁へ送球するふりをして本塁へ投げたら、アウトが取れたか? いや、末永は三塁へ引き返してしまうだろう。小笠原は打球のそばにいたから、三塁はがら空きで、オールセーフになってしまう。

じゃあ、小笠原が打球を追いすぎたのか。江尻が処理できると判断した時点で、三塁ベースに取って返せば、末永も、三塁にクギ付けだったか。いや、あの三塁線の打球なら、そんなことは要求できないだろう。

こんなプレー、初めて見た。夜のスポーツニュースでは、白井ヘッドは「パ・リーグにはないプレー」と驚きの言葉を発したとか。そりゃそうだろう。解説の達川光男さんは、バントのサインは一塁走者を送るためだけのもので、三塁走者を返すスクイズではないと言っていた。投手が打席に入らないパで、そんなサインは出ない。一方のブラウン監督は「キャンプからの練習の成果が出た」と、してやったりの表情だったらしい。これが、一時代を築いた「赤ヘル野球」のルーツか。末恐ろしい。この1点が、気がつけばこの回の4点になり、勝敗は決した。

まあ、広島の先発が黒田、こっちは江尻だから、負けたという事実に、そうショックはない。でも、今になっても、気になるプレーだなあ。しようがない、で片付けるのが、いちばん楽なんだろうけど、釈然としないんだ。

|

« メー投手だ、八木。 | トップページ | 虚をつく采配も必要だ »

コメント

今日(昨日)の解説は、大下剛史さんですから
しようがないでしょう。

もともとは、東映の選手でOBなんですけど。
広島のOBでもありますので
というより、広島の人ですから。

全国放送を追われて、今は広島の地で、
思いっきりフランクな解説を
されてるようですね。

打てない原因は、現・巨人内田打撃コーチの
招へい失敗でしょう。
この方も日本ハムと広島のOBなのですが
大下さんと違って、巨人にも関わって
おられて。

「原巨人」さえ誕生しなければ、
今頃は、札幌の人だったはずのに、
残念で、なりません。

投稿: 人生真ん中 | 2006年5月22日 (月) 04:28

今日の解説者にばかにされすぎた。
右ピッチャーが左で投げてもこの打線なら打たれないとか・・・
試合より解説にあったまにきて試合どころじゃなかった。またその通りだからよけい腹が立つ。
打てない原因はどこにあるんでしょうね。
私は金村を前からエースとは思ってない!

投稿: cheezu | 2006年5月21日 (日) 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10165173

この記事へのトラックバック一覧です: コイはRUNラン、ハムはRUN乱:

« メー投手だ、八木。 | トップページ | 虚をつく采配も必要だ »