« 1点から一転、何があったんだ | トップページ | 慢心してたら満身創痍 »

2006年5月31日 (水)

打線が弾けた、記憶は飛んだ

○日本ハム12-2巨人

気持ちいい。こんな勝ち方を待ってたんだ。気持ち良過ぎて、ビールは進む。もっと気持ちよくなって、気がつけば、試合が終わっていた。稲葉の2本目のホームランが見られなかった。うーん、残念。

5-1から4点を追加した6回、テレビの前でわめいていた。「ヒチョリが出たら、代打やぞ。小田を出せ」。ところが場内放送が「2番、マシーアス」と聞こえたから「何でか、小田を出せー」とさらに声を大にすると「…に代わりまして、小田」。早とちりだった。「いいぞ、ヒルマン」。普通ならただの遊ゴロが、前進守備の野手の横をすり抜け、2点を追加したところが、ピークだった。すっかりメートルが上がっていたのに、冷蔵庫から缶ウーロンハイを出してしまったから、程なくして記憶がなくなった。でも、これが飲まずに、いられるか!

目が覚めたら、BS朝日の放送は終わり、GAORAは試合を振り返っていた。西崎さんが言う。「これで、日本ハム3連勝の目も出てきましたね」。期待しても、いいかもしれない。

|

« 1点から一転、何があったんだ | トップページ | 慢心してたら満身創痍 »

コメント

いや、監督以上です。マシーアスの存在価値は、どう見ても、ありませんよね。2軍に落として、川島を上げるべきでしょう。

しかし、うらやましい限りですね。そんなベストゲームを観戦できて。わたしは、寝てましたから。

でも、球場で寝てちゃ、ダメです。わたしが観戦に行った鎌ケ谷でも、いわきでも、近くの人にファウルが当たって救急車が来ましたから。楽しい野球観戦で、ケガをしたんじゃ、本末転倒です。

日曜日に、初めて横浜に行こうとしてるんですが、あそこも内野席のネットがなくなったらしいので、緊張して見てきます。

投稿: 人生真ん中 | 2006年6月 1日 (木) 05:41

私はその時ドームのベンチ真上で観戦中!
下をのぞけばベンチ丸見え。
マシーアスの所は大声で代打小田~~と叫んでた。
内野指定の比較的静かな所で私の声は響いてた。
わたしゃ監督か?ずばり的中!
今日の一番の快音は8回の稲葉のHR!
なんか音が違った、他のHRより。
どんぴしゃり!さすが稲葉!
こんな試合を間近で観戦できて幸せでした。
ただ・・・稲葉のファールが4.5歳児に直撃!
母親が抱いて医務室へ。大丈夫かな?

投稿: cheezu | 2006年5月31日 (水) 13:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/10318664

この記事へのトラックバック一覧です: 打線が弾けた、記憶は飛んだ:

« 1点から一転、何があったんだ | トップページ | 慢心してたら満身創痍 »