« 鉄平を防いだ鉄壁の守備 | トップページ | ドラマチックな首位取りドラマ開始 »

2006年5月 8日 (月)

ボヤッとしてたボヤキのノムさんに救われた

○日本ハム7-4楽天

また楽に勝てなかった。途中は眠くなってたほどなのに、また9回にドキドキさせられた。6点も差があるんだから、トーマスなんだろうなあ、と思ったらその通り。抑えろよ。1つ1つの球はいいんだけど、組み立てと制球力がなあ。2軍へ行け、と言いたいが、もしかしたら交流戦では、とんでもない武器になるかもしれない、と希望を持つか。

4点差の9回だから岡島かなあ、と思ったら、その通り。でも、キレがなかったなあ。こちらは、手の内を知られた交流戦では、使えまい。もう1度、作り直してほしい。

しかし、解説の佐々木修さんも言ってたけど、勝ちパターンの継投の形はできているが、それに続く層ができあがっていない。ここを整備しないと、武田勝、武田久、マイケルに負担がかかるばかりで、長丁場は乗り切れないだろう。建山は、もう一つだしなあ。吉崎は下で、どうしてるのか。立石や横山は立ち直ったのだろうか。わたしとしては、一昨年に一時、守護神の座を担った伊藤に期待したいんだけど、故障後の内容は今ひとつのようだ。矢野でも押本でも、だれでもいいから、出てきてくれ。

この3連戦は、楽天の拙攻と、ノムさんの継投ミスに救われた。昨日だって、有銘を引っ張ってくれたから、勝てた。一昨日も、金田から藤崎? ラッキーだった。

内容はどうあれ、4連勝は4連勝。表面上は勢いがあることになっているので、このツキを交流戦でも生かそうじゃないか。相手は幸い、調子の落ちている中日だ。昨年も札幌では勝ち越した。今年の交流戦は、頼んだよ。

|

« 鉄平を防いだ鉄壁の守備 | トップページ | ドラマチックな首位取りドラマ開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/9951664

この記事へのトラックバック一覧です: ボヤッとしてたボヤキのノムさんに救われた:

« 鉄平を防いだ鉄壁の守備 | トップページ | ドラマチックな首位取りドラマ開始 »