« ムッとした翌日に夢心地 | トップページ | ソフト「B」にしてやった »

2006年4月21日 (金)

許した勝ち越し点が許せん

●日本ハム5-6オリックス

 「よし、刺せる!」。そう叫んだ瞬間に、グラウンドには、味方のはずの捕手が、何もせずに、ボーっと立ち尽くしていた。信じられない。「あれっ、何やってんの」。状況が把握できなかった。敵のランナーは、本塁を駆け抜けていた。

 オリックスのスパイか、2日遅れの、新庄引退パフォーマンスに対する嫌がらせか。そう思わずには、いられなかった。飲んで、飲んで、今、ほうほうのていで、これを書いている。

 とにかく、説明がつかない。わからない。捕手が、相手チームの走者に、簡単に本塁を踏ませてしまうことが。あまりの怒りで、酒をさんざん飲んで帰ったから、冷静に状況を説明することも、できない。

 勝負に負けたんならいい。でも、あのプレーは、長いこと野球を見てきた中で、初めての経験だ。心の中に、大きい「?」が残ったまんまの負けは、こんりんざいにしてほしい。

 そんな気持ちで、飲んで帰って、今これを書いているので、もう、わけが、わかんない。どうか、ご了承ください。
 

|

« ムッとした翌日に夢心地 | トップページ | ソフト「B」にしてやった »

コメント

結局もうランナーはとっくにホームインしていると
思ったみたいな事が新聞に・・・
年なのか?岩本解説いわく信二は発展途上なので最後まで監督に信用されてないから変えられると?
そんなアホな!なら鶴ちゃん出してよ。若ければタッチ出来たかも?

追伸
私は残念ですが木元が好きでユニ買ったわけではなく、高かったのでしばらくFsの一軍にいそうな人
と言う安易な事で・・・失敗かも?
好きなのは稲葉、川島、鎌倉、小田、森本
嫌いなのは金子、ダル、(2人とも人間性)

投稿: cheezu | 2006年4月21日 (金) 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/9690583

この記事へのトラックバック一覧です: 許した勝ち越し点が許せん:

« ムッとした翌日に夢心地 | トップページ | ソフト「B」にしてやった »