« 懲りと乱闘? | トップページ | ムッとした翌日に夢心地 »

2006年4月19日 (水)

新庄引退の心情は?

○日本ハム10‐4オリックス

 聞いててさびしくなった。新庄の引退宣言が、ではない。「なんで、この選手は、今の時期に、この場所で、こんなことを言ってるんだろう」と。

 「腹立たしいですね」。GAORAの解説をされていた金石昭人さんの意見に同意した。自分の商品価値を上げるために、日本ハムという野球球団をダシに使うのも、いい加減にしろってんだ。ハムファンをバカにするなよ、と怒りが込み上げ…

 次には、今日から、引退興行かよ。新庄はいいにしても、ほかのファイターズの選手は、どんな気持ちで臨めばいいんだ。まだ、シーズンは長いのに、チーム一丸になんなきゃいけないのに、1人のためにチームスポーツをやってんじゃねえぞ、と、おもんぱかり…

 もう、パフォーマンスのネタも尽きてきて、引退という切り札を、今の時期に使ってきたか。この引退劇は語り継がれるだろうし、この日のVTRは、この先ずっと流れるだろう。よくまあ、ここまで頭が回るものだ、と感心半分、さげすみ半分。

 しかし、よくよく考えると。引退をいつ発表したって、もし優勝争いの真っ最中なら、なおのこと「なんで、この時期に」だろう。「真剣勝負に水を差した」とも言われかねないだろうし…

 さらに考えれば、日本ハムの存在をここまで知らしめてくれたのも、新庄のおかげ。昔は、日本ハムファンと言うだけで、さげすまれたもんだ。何しろ2002年、日本ハムファンの比率は0.8%だった(泉直樹氏著、北海道新聞社発行「輝け!ファイターズ」から引用)。それが、04年の北海道移転で初めてプロ野球球団として市民権を得て、さらに全国的にも人気チームにしてくれたのは、新庄の力を抜きには語れない。その頃、日本ハムが、新聞やテレビに取り上げられるようになったと、喜んだもんじゃないか。

 実は、今日のブログ、あまりに寂しい東京ドームの客の入りに「東京のハムファンは見に行かないと、来年からきてくれなくなるぞ。入ったのは、去るものを追った、移転初年度だけか」と記すつもりだった。今年はメディアの露出の量も減り、目新しさもないから新しいファン獲得もままならず、人気も頭打ち。そんな現状を新庄も感じ、強力なカンフル剤を打ったのかも。ちなみに、うちのカミさん。さっき起きてきての第一声が、日刊スポーツの1面を見て 「えっ、うそ、何で」だった。日本ハムやプロ野球に何の興味もない主婦を驚かすことで、新庄の狙いは的中した。

 試合後の会見で行ってた「いっぱいいっぱい」という言葉も分かるような気がするし。打撃はもちろん、守備も精彩がないな、と思ってた。自分を奮い立てるための、最後の手段だったのかもしれない。

 さっき心配した、ほか選手のモチベーションの問題にしたって、プロなんだから全力でやるだろうし、やんなきゃ自分が損するだけだし、注目度が増したりお客さんが多く入ったりすれば、理由や動機がどうあれテンションは上がるだろう。われわれ昔からのファンや、札幌で熱心に応援しているファンも、白けて球場に足を運ばなくなるわけでもないだろうし、声援の量も減ったりしないだろう。逆にこの時期だから、「やってられるか」などと、サジを投げる選手もいないだろうし、万が一いたにしても、じゃあとばかりに突き上げる若手もたくさんいるだろう。

 とにかく、チームの成績が上がっていけば、こんな問題は小さいことなんだ。ただ、それを新庄効果とか功績とか手柄にされるのは、釈然としないけどね。

|

« 懲りと乱闘? | トップページ | ムッとした翌日に夢心地 »

コメント

東映ファンというお名前から、わたしなど及びもつかない、長年のご熱心なファンだと、推察いたします。わたしがファンになった1976年は、すでに日本ハムでしたから。

ご丁寧なご意見ありがとうございました。今となっては平常心に戻っているのですが、新庄引退のお立ち台を見ていて、さびしい気持ちになり、怒りが込み上げてきたのは、あのやり方、パフォーマンスに対してでした。野球人としての新庄は応援できても、そうでない世界の新庄には、相容れないもので。まあ、それは、わたしの感情の問題で、プロだから当然じゃないかと言われれば、それもそうだ、とも思いますけど。

ああいう形での引退宣言の後、チームに変な、しこりや悪影響があるのではと、日本ハムファンとし危惧しておりました。ところが、その後の新庄のプレー、特にスチールをしたり、内野ゴロで全力で一塁に駆け込んだり(それがきっかけで欠場してますが…)する姿を見ると、いじらしくも思え、心に伝わってくるものがあります。杞憂におわり、ホッとしているところです。ただ、ホームランだけを狙った打撃だけは、何とかして欲しいとは思いますが。

東映ファンさまのおっしゃる通り、シーズン途中でわざわざ発表しなくても、引退が明らかな選手は過去にもたくさんいましたし。昨年の広島の野村なんて、2000安打達成を待ってたかのように、スタメンから外れましたしね。横浜の佐々木などは、ついこの間までは真剣勝負の抑えをやっていたかと思ったのに、「引退試合」のために帰ってきたマウンドは、見る影もなかったですもんね。最後まで全力でプレーするであろう新庄の方が、正直で、恵まれた姿かとも思います。

感情のままに、つらつらと書き込み、酔いにまかせて支離滅裂になることもあるブログですが、もしよかったら、またお立ち寄りください。今回は、ありがとうございました。

投稿: 人生真ん中 | 2006年4月23日 (日) 05:58

他の人が衰えた新庄以下のことももちろんあるでしょう。
そのこと自体はなめてることでもなんでもないです。
そういうのはアマチュアリズムの影響が大きい
日本野球の特徴です。

プロはサボろうが適当だろうが衰えようが
チームトップの9人を使うというだけです。
(シーズンを考えてあえてベストの布陣を
たまに休ませるということもありますが)

そもそもシーズン途中の引退発表の何が
悪いのか年寄りにはまったくわかりません。
若手の解説者や若いファン(30年未満くらい)
の人たちの中にはことさら大げさに
取り上げる人がいますが
そもそも今シーズン限りで現役を退きます
なんて発表した例はいくらでもありますよ。
単に新庄だから過剰反応しているとしか思えません。

チーム一丸となってっていいますけど
野球は他のボールゲームに比べてチームプレーの
割合が極端に少ないスポーツですよ。
基本的に一対一の戦いを、しかも仕切りなおして
作戦を確認して、走塁にしたってコーチの
指示に基本的に従います。

そしてチーム内には来年はいないだろうという
人は常に存在しますし、シーズン中のトレードも
あります。そんなことくらいでいちいち
影響されるならそれこそプロとは言えないと
思っています。

いつからプロ野球はこんなに軟弱になってしまったのでしょう。
新庄のプレーが勝利に結びつかないのなら
使わなければいいだけの話、野球経験の
ある人がどれだけいるかわかりませんが
あしたで引退と決まっていても目の前の
試合は勝ちたいものです。プロなら給料を
あげるためにもいい成績をあげたいし
チームゲームなら優勝したいのは当たり前です。

他のチームスポーツでも今季限りの引退の
表明などは
日常茶飯事ですね。ワールドカップを終えたら
引退する選手もかなりの数います。(代表を
退くだけというのも含めるともっと増えます)
そういう選手たちは言語道断なわけですか。

プロはプロらしく、ファンもプロの非情な
世界を理解したうえでスポーツを見て欲しいものです。

年寄りのプロ野球ファンの戯言ですので
気に食わなければ無視してください。
ただ野球の衰退がよく現れている事象だと
思ったので一筆取らせていただきました。
昔はこんなことで大騒ぎしなかったものですが。。。

ちなみにメジャーでも既に今季限りの引退を
発表した選手がいるのはご存知?

投稿: 東映ファン | 2006年4月22日 (土) 13:51

西村さま

そうですか、西村さんは、巨人ファンですか。

わたしは、子どもの頃は巨人ファンで
物心ついた時からアンチ巨人ファンという
典型的な田舎者ですが
今年の巨人は、いいな、と思いますね。

小久保なんて、ホームランは絵になるし
正直で、ひたむきで、いいじゃないですか。

そして、何より、監督がいい。
選手との距離感がなくて、自分を分かっていて
ハムとは大きく違い、うらやましいです。

投稿: 人生真ん中 | 2006年4月20日 (木) 04:37

cheezuさま

お怒りは、ごもっともです。
でも、わたしは、吹っ切りました。

昨日の試合を見ている限り、
チームに悪影響はないようですし。

新庄が、自分を鼓舞するための
究極の手法だと考えれば、
割り切れるじゃないですか。

せっかく、ハムを通じて、
お知り合いになれた仲。
楽しく応援しましょうよ。

何でも、入来がメッツを解雇になったとか。
他人の不幸を喜ぶようで、いけないんですが
入来のハム復帰で、わたしには、はっきり
日本ハムの優勝が見えました。

投稿: 人生真ん中 | 2006年4月20日 (木) 04:33

野村監督のひと言「ちょっと頭がね・・・」
まあしかし、同じことを清原がやったらどうなんでしょう。 新庄だから絵になる。
でもその絵というのは結局「ちょっと頭がね・・」の絵柄になるのでしょうか。
まさにやりたい放題。
日ハムにとっては新庄のひと言のおかげで、テレビのとりあげかたも今年はアップすれど決してマイナスにはならないはず。
しかし日ハムファンからしたら複雑ですね。。
今年は巨人が強くてうれしいですが、絵になる選手がいなくなっちゃいましたね、巨人というチーム。

投稿: 西村 | 2006年4月19日 (水) 22:52

今まで通りの野球が衰えて出来ない?でもスタメン?
まさかね?他の人は衰えた新庄以下って事?
なめんなよ!<`ヘ´>って気持ちです。
嫌いじゃないけど、見せる楽しむより強い勝つすごい野球をしてくれ~
あの会見からは優勝しようと言う気はかんじなかった。
これから札幌ドームで新庄のなにを見ればいいんだ。
なんか痛々しいとか情けないとか同情の眼でしか見れない。プロなのにこんな気持ちにファンをさせてる事に気がつかないのか?

投稿: cheezu | 2006年4月19日 (水) 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/9663517

この記事へのトラックバック一覧です: 新庄引退の心情は?:

» 新庄が引退!? [おっちゃんのなんでもござれ]
相変わらず世間を騒がせる男第2号 その名を「新庄 剛」あるいは「SHINJOH」 [続きを読む]

受信: 2006年4月19日 (水) 16:20

« 懲りと乱闘? | トップページ | ムッとした翌日に夢心地 »