« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

新人八木よ、雰囲気を変えてくれ

●日本ハム4-6ロッテ

 初戦、2戦目の負けは織り込んでいた。でも3タテとはねえ。相手はWBC組じゃない小野。勝たなきゃ、いけなかった。

 でもまた、負けるべくして負けた。4回持たずにKOされたダルビッシュが第一に責められるべきだろう。でも試合は立て直せた。なんで2番手が武田勝なんだよ。一昨日もそうだけど、役割が違うだろ。武田勝は、勝負どころで左打者を抑えるのが第一じゃないのか。先発が崩れた序盤に出てきて、右打者がほとんどのロッテを相手に、ロングリリーフをするために控えているんじゃないだろ。

 明らかにベンチのミスだ。リーにしてもダルビッシュにしても、早々に崩れる先発は悪い。でも2人とも調整不足は隠せない。こうなることは、十分に予測がついたはずだ。なのに、ブルペンには、ロング救援ができる右投手がいない。この状況で、ベンチ入り投手が6人とは、少なすぎないか。昨年ならシーズン序盤は立石が、中盤には矢野やマイケルがその役割を担い、壊れかけたゲームを元に戻していたじゃないか。そんな人材が、なぜかいない。案の定、武田勝は右打者に打たれ右打者を押し出し、2者を生還させて1点差を3点差に広げてしまった。

 その分、層の厚いはずの野手陣は、まだ試合に出してもらえない選手が、ゴロゴロいる。川島や賢介はいい状態で開幕を迎えたはずなのに、使ってもらえないんじゃ、モチベーションも下がるだろう。なのに、この日は外れたけど、突貫工事もしてない坪井を2番で使い続けたり、万全とは思えない木元を復帰させてみたりとか、わけがわかんない。坪井はきょう2軍落ちするらしいから、何をかいわんやだ。ロッテとは度量の差を感じますねえ。前日は西岡を外し、昨日は今江を外し、それでも打線がつながり勝ってしまう。小坂を放出しても、塀内や渡辺正が、しっかり仕事をしてしまう。さらに、今日の先発は加藤ですって。小林宏は2軍で調整させてから使うらしい。同じ外国人監督なのに…。ロッテファンが、うらやましい。

 今日の先発はルーキーの八木。このモヤモヤを一層するには、いい機会だ。同じ新人の川島もぜひスタメンで使って欲しい。いらいら、かみ合わなさを、若い力で払拭してほしい。相手はオリックス。楽天に負けなしというのは、ハムと一緒だ。今シーズン、オリックスとハムは、どっちが強いかが、この3連戦で明らかになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

ロッテキラー関根は今いない

 ●日本ハム2-5ロッテ

 天敵を相手にミスをすれば負ける。そんな見本のような試合だった。「やった、俊介から先取点!」と叫んだ瞬間に、それはぬか喜びになってしまった。1回2死二、三塁。稲葉が三塁線上にボテボテの当たり。「よし、内野安打」。と、何を思ったか、セギノールが巨体を揺らして三塁ベースに突っ込んできてる。ほとんどベース上で捕球した今江にタッチされて3アウト…。何だ、そりゃ。止まってるか、挟まれろよ。せめて、小笠原がホームインしてから、アウトになれよ。

 その裏には「誤審」が圧し掛かる。1死一、二塁。打者里崎はカウント2-3からのボール球に手を出し三振、スタートを切っていた走者を三塁で刺して併殺。と思いきや、ハーフスイングはボールで四球だと…。明らかに振ってるじゃないか。その後、あっさりと先制を許してしまった。

 こっちに入ったはずの先取点が、相手に行ってしまえば、展開も変わるよ。でもねえ、2-3からあんなボール球を投げる方が悪いしねえ。本当に強いチームなら、そんなミスや誤審は簡単に跳ね返すんだろうけど、塁は賑わすけど、あと1本が出ないなんて、弱いチームの見本のような負け方だ。9回に2点なんて、遅すぎる。俊介が、そこまで良かったとは思えない。その前の7回に、点を取られてんじゃねえよ。

 ああ、まったくイライラが募る。今日、ダルビッシュよ、何とかしてくれ。関根のような、ロッテキラーは、今おらんのかな。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

やっぱりロッテには負けた

●日本ハム0-2ロッテ

 相手がロッテというだけで、負けてるんだもん。なに、物怖じしてんだよ。チャンスが3回あったら、その、どれかをモノにして勝ってほしかった。稲葉は「里崎のリードが変わった。WBCで自信をつけたのか」と言ってたらしいが、打ってほしかった。小田も、そうだ。こんな試合を勝つか負けるかで、年間成績につながるんだ。「仕方がない」じゃ、すませられない。ベンチにだって、策は、あったんじゃないかな。

 遊撃の先発は、やっぱり飯山くんだったでしょ。わが意を得たりです。飯山くんの守備がなきゃ、序盤でディアスはつぶれていたでしょう。木元の三塁の守備は、ひどいね。致命的な2点目を、そのせいで、失ってしまった。三塁も遊撃も、飯山だったら、いいのに。

 最終回、ロッテの投手が小林雅に代わった時「ラッキー」と言ったのに。最後は、信二の同点ホームランを信じてたんだけどなあ。2番坪井は、いい加減に変えようよ。昨日、2軍戦でホームランを打つほど好調な、川島を、どうして使わない? 今日は俊介に負けるんだから、勝負は明日。策を講じてくださいね、ヒルマン監督!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

WBC逆効果にならなきゃいいけど

 ○日本ハム5-2楽天

 また勝った。開幕連勝は12年ぶりだとか。うれしいような、情けないような。楽天さまさまですね。

 楽天じゃなかったら、やられていたでしょう。やっぱり江尻はダメだった。昨年の今頃、いわきで楽天戦を見て、その時は何とか勝てたけど、昨日はひどい。武田勝と、三塁線の難しい当たりを難なく処理した飯山のおかげでしょう。飯山に安打が出たのは良かった。これで、木元が帰ってきても、金子より遊撃は飯山を使ってくれるかもしれない。さらに、武田勝がワンポイントだけじゃなく、ロングもできるのは大きい。問題はその後、建山はどうした。一昨日の2軍戦でも打たれていた横山と合わせ、一昨年の「勝利の方程式」の不調は気になる。武田久の制球は、素晴らしい。でも、マイケルは何か危なっかしいなあ。タイプは違うけど、ピシッと、馬原のように、抑えてくれないかなあ。
 
 小笠原は、どうしちゃったんでしょう。ここ数年、すっかり落ち着いてしまったようだったのに、この張り切りぶりは。気迫がみなぎり過ぎだ。昨日、テレビの前で「止まれ、止まれ」と言ってしまった5点目の激走は、24盗塁をした、2000年の元気さを思い出させます。WBCが、初心を思い出させてくれたんでしょうか。

 WBCといえば、次のロッテ戦が不安なんです。渡辺俊、清水、小林宏といった先発組が、軒並み復帰してくるから。奇跡の準決勝進出を決めた時、もちろん日本人としてうれしく気持ちは高ぶったんですけど、器の小さい不安が胸をよぎったんです。「ああ、これでロッテの主力は、開幕2カード目に登場するな」と。その相手は、ほかならぬハムじゃないか。準決勝に行かなければ、開幕カードのソフトバンク戦に間に合っていたのに。なんて考えるわたしは、国賊、非国民でしょうか。

 でも、WBC組の先発投手陣を欠いたロッテは、実際、ソフトバンクに連敗したし。WBCでほとんど投げてない杉内は勝っちゃったし。危機感ありありで、本気になるであろうロッテを、今ここで相手したくないなあ。ダルビッシュやリーは調整が万全ではないし。楽天といい勝負をしているハムじゃあ、とWBC逆効果を心配しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

すごい! 4万2393人

 ○日本ハム3-1楽天

 いやー、勝った。気持ちいいなあ。開幕戦の勝利は3年ぶり。札幌に移転してからは初だ。4万2393人の声援は心地よかったんだろう。金村と小笠原の、テンションの高いヒーローインタビューには、心にグッとくるものがありました。

 それにしても4万2393人というのは、すごい。新庄の幻の逆転満塁サヨナラ本塁打が飛び出した伝説の試合、一昨年9月20日が4万2000人。その翌日、いても立ってもいられなくなって、わたしが札幌に飛んだ試合が4万3000人と発表されたけど、当時は実数じゃなかったし、実際に空席も多かった。札幌ドームの固定客席数は4万2831らしいから、ほとんど満席じゃないか。札幌のファンに感謝せずにはいられない。

 だから、もっと圧勝して欲しかったな。オープン戦のタイムリー欠乏症を引きずっているのは気になる。トーマスの制球難も心配だ。昨年のように、春先だけの一過性のことならいいけど。

 そのトーマスにあっさり見切りをつけたことに限っては、ヒルマン采配は素晴らしかった。後を継いだ武田久の制球力は見事だった。飯山は、もう一頑張りが必要だ。坪井のブランクは、やはり心配。マシーアスは、うれしい誤算。このバッティングを続けてくれ。

 さあ、今日も! 2戦目の先発が江尻というのは、ちょっと寂しいが、奮投に期待しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

さあ今日、初の札幌開幕戦

 スポーツ紙の日本ハム開幕予想スタメンを見て驚いた。

 なぜ、川島を使わない? あれほど、オープン戦でハツラツとした動きを見せてくれたのに。ぶっつけで、坪井を2番で使うよりは、レフトかセカンドで2番川島だと思うけどなあ。今年のハムに新風を吹かせてくれると期待していたんだけど、意外にヒルマン監督は、保守的なのね。

 木元が間に合わなかったのは痛い。でも、その穴は小田が埋めると思っていた。ところが、今年の小笠原は、サードでは使わず、ファーストで起用する方針だとか。ならば、小田が使えない。小笠原にはファーストの方がいいとは思うけど、昨年、サードの守備はうまくなってたんだけどなあ。非常事態の開幕なら、なおさらサードでいいと思うけど。昨年からの流れで違和感はないし。

 木元だって、サードの方がいいとは思うけど、昨年あたりのセカンド守備は、見られるようになっていた。そこで、気になるのは、マシーアスの存在だ。まず、マシーアスありき、でなければいいが…。ヒルマン監督は、当たり前かもしれないが、外国人には特別の思い入れがあるようだ。昨年の、アルモンテの二の舞にならなきゃいいけど。オープン戦の終盤は、ひどい調子だったから。

 わたしの理想オーダーは
 1(二)マシーアス
 2(左)川    島
 3(三)小 笠 原
 4(指)セギノール
 5(右)稲    葉
 6(中)新    庄
 7(一)小    田
 8(捕)高   橋
 9(遊)飯    山
木元が間に合っていたら残念だが小田を外す。あるいはマシーアスを外す。その時の1番は川島だ。

日刊スポーツ予想は
 1(二)マシーアス
 2(左)坪    井
 3(一)小 笠 原
 4(指)セギノール
 5(右)稲    葉
 6(中)新    庄
 7(捕)高   橋
 8(三)飯    山
 9(遊)金    子
 
 あと、7時間半後にプレーボール。テレビ朝日やBS朝日の3元中継などは見ない。センバツのあおりでGAORAではないが、J SPORTS2で、光山英和さんの解説とともに、じっくり味わうとする。

 岡島の獲得は、いいトレードだと思う。実松は、強肩強打の捕手だったはずなのに、どうしてあそこまで打てなくなってしまったのか。わたしは、実松の初打点を東京ドームで見た。犠飛ではあったけど、飛ばす能力のある大型捕手が入ってきたと思っていた。

 古城の放出はいたしかたないとは思うが、唯一の心配は小笠原の話し相手がいなくなったこと。鎌ヶ谷で、2人がずっと話していたのを見たことがある。これがきっかけで、小笠原FAなんてことにならなきゃいいけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

金に色は本当にないのか

 ついに来た。昼過ぎに起きると、ビックリ。カミさんの顔が変わっていた。メガネをかけている。知り合ってから18年。こんな顔を見るのは初めてだ。「どげん? 似合うっちゃろ」。言葉がみつからずに黙っていると、「学校に行ったらね。『わあ、よく似合うね』って言うんよ。わたしの子は正直やねえ」。次男は小6にして、処世術を身に付けたようだ。違和感は、ぬぐえないのに。

 10日前のことだ。地下鉄の出口を出ると、わたしは仕事モードに変わる。さあ、今日も頑張ろう。短くて9時間半、長かれば12時間、やるぞ、と気合を入れた瞬間にPHSが鳴った。カミさんだ。「事後承諾になるっちゃけど」「なに?」「メガネば、買ったけん」。

 視力が落ちてきた、とは言ってた。わが家の愛車、福岡ナンバーのタウンエースを、東京にきてもナンバープレートを変えることなく、カミさんも乗り回してる。右目は1.5あるが、左目は0.いくつも見えないらしい。いわゆる「がちゃ目」。「危ないから目医者に1度、行けば」と、ずっと言っていた。でも、行った風もない。それで、いきなりメガネかよ。

 「医者に行ったんか」「行っとらん」「で、なんでメガネが買えるん?」。わたしは、40を過ぎた今でも視力は1.2と1.5だから、メガネやコンタクトとは無縁。まったく分からない世界だ。「たまたま、メガネ屋さんに入ったと。そしたら、検査もなんも、全部ここで出来るって言われたけんが」「どこで?」「メガネスーパーッ!!」とか言って、電話の向こうで歌ってる。いちいち突っ込んでたら話が前に進まないから「で、買ったんかい」と聞くと、けれん味なく「うん」。「なんぼほど、した?」「…4万円…」「えーっ、もう払ったんかい」「うん」「金は? よう、現金で4万円も持っとったなあ」。もう家計費がないって言ってたし、キャッシュカードは、わたしの財布にある。単純に疑問に思って聞くと、「あったろうが、アンタのお母さんからもろうたお祝いが」「えっ、…」。

 3月に次男は小学校を卒業する。そのお祝いか、中学の入学祝いかが、現金書留で送ってきたとは聞いた。でも、その金って、そういうために使っていいのか。「いいと、いいと、色がついとうわけやないけん。1万円札に、お祝いって書いとうわけでも、なかろ」。そりゃ、そうですけど。確かに、車を運転するうえでも、メガネは必要ですけど。でも、いいのかなあ。

 それでも、1人ご満悦なカミさん。「まるで、魔法やが。よう見える。でもね、困ったことが1つだけあってね」「なんか」「わたし、こげん、ふけとったんやね。しわが1つ1つ、はっきり見えるようになった」。今まで、こんな能天気でいられたのは、現実から目を背けていたからなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »