« ハムの天才を甘やかすな | トップページ | 夫婦のお別れとは »

2005年12月 1日 (木)

車がヘコめば心もヘコむ

 うーっ…車がヘコんだ。心もヘコんだ。ぶつけてしまった。あーあ。あれから6日。通るたびに思い出す。

 ぶつけようのない怒りというか、車をぶつけたというか、なんで工事中なんだよ。家まで、あと少しで、通行止めと看板が立っていて「右か左に迂回して」と横柄な態度で言われ、左に行こうとしたら、一方通行の出口じゃないかっ! わたしの通過を何台かが待っていたので、あわててバックすると「ガン!」。やべえ、後ろの車にぶつけたか…とドアを開けて飛び出すと、その手前で止まってたから、まずはホッ。でも後ろの左コーナーは、カーブミラーにめりこんでいて、方向指示灯のオレンジと停車灯の赤いプラスチックが、バリバリと落ちてきた。あーあ。

 しかし、こんなこともあろうかと、車両保険に入っといたんだ。単独事故もOK。1度目事故の免責は、0にしておいた。昔、スパシオに乗ってた時代、わたしが左のドアをこすると、間髪を入れずにカミさんが右のドアをこすった。修理代は左が11万、右が9万で、わたしに軍配、って言ってる場合じゃない。ただのバカ夫婦だ。タウンエースに変えても、東京に引っ越していきなり車庫入れでこすった。その時の傷は車両保険に入っていなかったので治せないまま、これを教訓に保険に入りなおしたのだった。はやりのダイレクト保険。車両を加えても保険料は安くなった。

 怒り狂うカミさんに、「保険でおりる」と胸を張って答えると、「なら、いい」。しかし、保険を使えば等級が落ちる、ということは保険料が上がる。その総額は3年間で2万6000円という案内は事故報告をした際にもらったが、カミさんには黙っておいた。しかし翌日、担当者が決まりましたとの連絡の電話にカミさんが出てしまい、2万6000円の案内もされてしまった。当然のように言われた。「あんたが、払いーよ」。あーあ、うまくいったと思ってたのに。

 事故から6日。担当者の顔写真が入った案内書が届いた。テレビコマーシャルとおんなじだ。それを真似て「わー、すごーい」と驚いてみたら、カミさんも中1長男も、さげすんだ目で見てた。

|

« ハムの天才を甘やかすな | トップページ | 夫婦のお別れとは »

コメント

実は私も春先にやらかしました。
路上においてある下がコンクリートの看板、その土台のコンクリートの部分に新品のタイヤをぶつけました。 当たり所が悪く、タイヤは一発でお陀仏です。 看板部分の大きさだけをみて土台のサイズを気にせずに車を寄せすぎたのが原因です。
道路に勝手に看板を置いているのは道路交通法違反ですから、警察に届け出ればタイヤ代の一部くらいは看板の持ち主からとれたかもしれないですが、その時間も手間も、それから恥も惜しみました。 

投稿: 西村 | 2005年12月 6日 (火) 21:17

西村さま。カミさんからも言われました。

「もしかしたら、人を、はねてたかもしれんのよ。
そうじゃなくて、よかったねえ」。

確かに、カーブミラーで良かった。不幸中の幸いです。でも言われました。

「ピーピー言うやろ。聞こえんかったん?」

わが車には、コーナーセンサーがついてるんですけど、その音は、あの時、聞こえませんでした。人間、冷静さを忘れると、そうなるんですねえ。あんな状況で、完全にパニック状態でした。で、修理の見積もりが、まだきません…。

投稿: 人生真ん中 | 2005年12月 2日 (金) 05:53

cheezuさま。その通りですね。三振を減らせ
ですよ。大打者でもないくせに、多すぎるんじゃあ!! と。でも、面と向かって、そんなことは
言えませんよねえ。
木元選手には、殻を破ってくれ、
一皮向けてくれでしょ。
大型打者が、何を遠慮してんの。
2番か3番か4番か5番か、
はたまたセカンドだか、サードだか、ファーストだか知んないけど、吹っ切って、やってくれよ、と、言いたいですねえ。

わたくし、2年前の東京ドームのファン感謝デーに行きまして、ウチの野球してる小4の三男
(当時小2)が、木元選手のファンなんですよ。グラウンドに降りると、木元選手がいて、三男は固まってましたねえ。「握手してください」「なに、聞こえない」「握手、して、ください!」声を張り上げると、木元選手は「そうか、そうか」と頭もなでてくれて、思いっきり、手を握ってくれました。その時の三男の顔は、まさに「恍惚」でした。

その時は、並んだ上で、選手とのキャッチボールコーナーに行けたのですが、相手をしてくれた鶴岡捕手のことは、三男、今でも覚えてますねえ。清水投手は言ってくれました。「野球、やってるんですか。楽しんで、やらしてくださいね。今、どうのこうの言うより、野球が楽しいのが一番です」って言われて、その通りにしてます。

今日もブログを更新しようと思ったのですが。今、飲んで帰ってきて、限界です。ここから記事は書けないので、許してください。

投稿: 人生真ん中 | 2005年12月 2日 (金) 05:46

だいじょうぶです。
人に怪我させたと思えば、儲かったようなものです。 不幸も相対的に考えたらいいです。
あわててバック、あわてて左折、これぶつけるときのおきまりの行動です。 ただ、後者の場合、ぶつける相手は人か自転車かバイク。
だから前者でよかったんです。

投稿: 西村 | 2005年12月 1日 (木) 23:15

続けてコメントしま~す。
13日に急遽私の仕事関係で木元選手etc・・・と札幌ビール園&サイン会に行く事になりました。
がんばってってありきたりの言葉じゃなくなにかいい言葉ないですか?
人生真ん中さんならなんていいますか?
私の本音は三振減らせ~なんだけど
まさか言えないな~
アドバイスお願いします。

投稿: cheezu | 2005年12月 1日 (木) 22:44

心中お察しします。
我が家も長男が・・・
家を出る時右の車が止まってくれて手を上げて余裕で出たら右しか見てなくて前の車にゴ~ン!マジかよ!10対0
本人いわくせめて9対1に。ばかかおまえ!
でも保険でOK!階級も3つ余裕あるので保険料
も上がらないし・・・ってそんな場合か。
なんせ車3台+甥のあずかり車で4台
保険料37500円。ありえね~
大学の長男も来年から専門学校の長女も車通学。東京じゃ考えられないですね。
って私の車がないじゃないの。<`ヘ´>
入来はそれでも行くような?
無理だって。

投稿: cheezu | 2005年12月 1日 (木) 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/7403636

この記事へのトラックバック一覧です: 車がヘコめば心もヘコむ:

« ハムの天才を甘やかすな | トップページ | 夫婦のお別れとは »