« 家族の暖かいすれ違い | トップページ | 父よりサーモン »

2005年11月15日 (火)

久しぶりの対面は

 しばらく、すれ違いが続いていたわが家だが、昨日、午後3時前に起きると、珍しくカミさんがいた。趣味のコーラスサークルにも、PTA仲間との茶のみ会にも、行ってないようだ。しかし、その姿ときたら…

 リビングのドアを開けると、大きい物体が横たわっている。ホットカーペットの上に毛布までかけて、さらに暖房も入っている。風量は最大、設定温度は30度だ。わたしは布団から出てきたばかりのパジャマ姿なのに、暑いほど。言葉の発しようもなく、しげしげとカミさんをながめていると、目があいた。口も動いた。「なんね、じーっと見てから。はっ、なんね。好きなんね」と悪態を突いたかと思うと、「あーあ、寒いし、眠たいし、テレビは面白そうやから見たいし。あー、どげんすれば、いいとね」と、横になったまま叫びだした。

 どげんもこげんも、知ったことですか、ねえ。なーんか、妙な生き物を飼ってるような気になってきた。なんて、ブログに、こんな告げ口をすると、熟年離婚へ向けて原因を積み重ねていることになるんでしょうか。

|

« 家族の暖かいすれ違い | トップページ | 父よりサーモン »

コメント

もう15年も前でしょうか。わたしたち夫婦は、付き合っているころから「割れ鍋に綴じ蓋」って、同僚から言われていたことを、ナツパパさんのコメントで思い出しました。

投稿: 人生真ん中 | 2005年11月15日 (火) 23:39

えーと、お話の件につきましては、わが家でも似たり寄ったりであります。
が、振り返って自分はどうか、と言うと、これが、全くひどいもんなんでありました。
そこら辺についての、妻の指摘は容赦がないですからね。
わたしの弱点なんかビシバシであります。
とても怖くて、妻には文句も言えません。

「割れ鍋に綴じ蓋」って言う言葉は、わが家のためにあるのかも知れません。

投稿: ナツパパ | 2005年11月15日 (火) 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/7117931

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの対面は:

« 家族の暖かいすれ違い | トップページ | 父よりサーモン »