« もつは見つけた、あとはスープ | トップページ | 自民「当選放棄」の太っ腹 »

2005年9月 8日 (木)

ハムよ望みある限り奮い立て

 ●日本ハム1‐10西武 せっかく、プレーオフ進出に向けて、その気になって、ブログも再開した矢先にこれだもんなあ。今年のハムを象徴しているような、西武戦の連敗だ。乗り切れない、かみ合わない、チグハグ…。

 その中でも気になったのが、小谷野の打撃。4回1死一、三塁の好機に、初球の甘いストレートを見逃し、2球目のストレートも見逃し。その後、何球はファウルで粘ったが、最後は直球を空振りの三振。どうも、この小谷野、好機になればなるほど、消極的になっていく。過去に何度も見逃しの三振で失望させられた。本人も「積極的にいかなければいけない、いけなかった」とコメントしているが、その通り。いいセンスをしているんだから、思い切りよくいってほしい。

 しかし、すべては前日、6日の敗戦だよなあ。西武に勝ち、オリックスが負けてる、と喜んでいたのに、結果は正反対になってしまった。痛いよなあ。飲みましたよ、3軒ハシゴして、ヤケ酒を。

 昨日のTBSスポーツニュースでは、プレーオフ争いは、この2チーム(オリックスと西武)に絞られましたなんて、言われてしまった。確かに4.5差は大きい。しかし、争っている相手は、ソフトバンクでもロッテでもない。オリックスと西武なのだ。しょせん、借金を抱えているチームなのだから、これからも、どんな大型連敗をしないとも限らない。望みある限りは、戦いましょ。わたしも無理やりにでも気持ちを奮わせて応援しますから。

 

|

« もつは見つけた、あとはスープ | トップページ | 自民「当選放棄」の太っ腹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/5839493

この記事へのトラックバック一覧です: ハムよ望みある限り奮い立て:

» 9/7、鎌倉投手突然の乱調で、西武戦痛恨の2連敗・・・ [やっさん日記]
昨日の大事な試合を落としているだけにもう負けられない。 逆転負けの嫌な雰囲気を払拭し、今日からはいいムードで連勝したい。 今日の試合、先発をまかされたのはファイターズが鎌倉投手、西武は昨日の涌井投手の高校の先輩の松坂投手。 1回表、先頭の坪井選手がサードゴロ、森本選手が空振り三振で倒れると、小笠原選手はファールで粘れながらも最後は見逃しの三振に倒れ、松坂投手の初回は三者凡退からのスタート。 1回裏、まず栗山選手のショートへの打球はショート金子選手が合わせ損ねてポロリ(記録はシ..... [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 15:28

« もつは見つけた、あとはスープ | トップページ | 自民「当選放棄」の太っ腹 »