« 敗退行為はダメですよ | トップページ | 人気球団へは遠い道のり »

2005年9月26日 (月)

ロッテ<南海<西鉄

 敗退行為かどうかは知らない。西武がソフトバンクに負けただけだ。昨日から今日へかけて、スポーツ新聞の論調がおかしい。こんなことで、プレーオフの見直しとか、ルールの欠陥なんて問題に発展すると、ややこしくなってくる。

 いいじゃないか。確かに実力NO・1を決めるのが勝負の世界だろうけど、それはルールあっての世界、ましてやプロ野球なんだから、興行あっての世界だ。そんな中で3位争いが盛り上がり、1位争い、5差争いも盛り上がり、昔は秋風が吹いてたスタンドが、今時、シーズン最高動員を更新している球場が出てきた。それも、宮城や広島など、昔のルールなら、カヤの外にいる球団だ。何よりじゃないか。

 やっぱり、プロ野球は面白いんだ、って思われればいいじゃないか。ルールなんて、興味をそそるように、変えればいい。完璧なルールなんて、ありえないんだから。そのすき間で出てきた問題を、針小棒大に捕らえ、ああだ、こうだ正義のように言うのは、おかしい。

 ○日本ハム6‐2●オリックス。よく勝つ。勝手に勝て。プレーオフ出場が消滅した瞬間から4連勝なんて、ファンはあきれてます。その前に勝っとけば、この4連戦は、プレーオフ出場権争いで注目のカードになり、西武の「敗退行為」なんて問題も起こらなかったはずだ。会社にいる数少ないハムファンは言いました。「いかに、プレシャーに弱いかを証明してます」。その通りだ。前にも書いたけど、昭和60年前から、そうだ。頼むから、重圧に負けないチームになってくれ。

 それより、ロッテに6人目の10勝投手が生まれた。プロ野球史上、42年ぶり3度目の快挙とか。でも、過去に達成したのは2度とも南海で、56年、63年とも2位だったらしい。その年の優勝は2度とも西鉄。ということは…南海の今はソフトバンク、西鉄の今は西武だから、2位止まりのロッテを制すのは、ソフトバンクではなく、西武なのか!?

 ちなみに、わが日本ハム、前身の東映時代には、20勝投手が3人出ても、優勝できなかったという、恥ずべき過去を持ってます。チーム勝利数は78。ほかの投手は、何やってたんだ!

|

« 敗退行為はダメですよ | トップページ | 人気球団へは遠い道のり »

コメント

いやいや、ありがとう。

そうなのよ。ハムは外国人の獲得が上手って
昔のNHKでも特集されてた。
確かに、とんでもない外れは、いないよね。

憶えている範囲でと書かれて、
いきなりセギノールって言われると
おい、今いるやん、と言いたくもなるけど、
ほかに名前の挙がった選手も、
みんな活躍してるから大丈夫だよ。

ブリトー、いいねえ。セブンイレブンにブリトー
が置かれたのと、時期が前後してるねえ。

でも、一番すごかったのは、
ソレイタとクルーズだ。
なんたって、優勝させてくれたから。

よく、スポーツ新聞に
おソレイっタ、なんて見出しが載ったもんです。

銃殺されたと記事で読んだ時には
ショックでした。

投稿: 人生真ん中 | 2005年9月29日 (木) 05:06

今ネットで調べると上述した選手はたいしたことないかもしれません・・・。グロスとかブリトーとか思い出しました。

連続投稿すいません。

投稿: anjoy | 2005年9月29日 (木) 02:20

日本ハムは昔から(といっても90年代からしか知りませんが)外国人の獲得上手ですよね。

自分が憶えている範囲ではセギノール、シュールストロム、ウインタース、ウイルソン、ブルックス・・・(←活躍してない選手もいるかもしれません)。あと名前を度忘れしましたが96年に在籍していた左打ちの外野手とか。野手では優良助っ人が多い気がするのですが。

あまり記事内容にリンクしてなくて申し訳ありません。

投稿: anjoy | 2005年9月29日 (木) 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/6123047

この記事へのトラックバック一覧です: ロッテ<南海<西鉄:

« 敗退行為はダメですよ | トップページ | 人気球団へは遠い道のり »