« 関西人が証明した萩のうどんの味 | トップページ | これはフラバン茶効果か »

2005年8月 3日 (水)

なんでなんでの日本ハム

 ●日本ハム3‐4ソフトバンク。しばらく、日本ハムの記事を書いてなかった。前回の7月21日「プロ野球にあるまじき行為」で、怒りのままに書き過ぎたかなあ、でも本心だしなあ、などと考えれば考えるほど心が深みにハマっていき、その後のハムの成績もジリ貧で、気持ちはどんどんヘコんでいった。7月31日、帯広のゲームに敗れ7差となった時点で、プレーオフもあきらめなきゃならないのかと、ことさら寂しくなった。やっぱり、グチや批判は書きたくない。パソコンに向かう気力が、なくなっていた。

 ところが一昨日、ソフトバンクに完勝。昨日も6回表までは完璧な試合運びだ。これは、プレーオフの望みを捨てたのが間違いだった。心が弾み、久しぶりに書けるぞーと思い始めた6回裏まさか。「なんで、なんで」の連続だ。

 6回、マウンドにいる井場を見て、失礼ながら「こんなのが出てきた」と叫んでしまった。5回零封の立石が、なんで交代? 確かに球数は多そうだったけど、スポーツ・アイの実況が告げたのは63球。多くないやん。少なくとも、もう1回だろ。

 案の定、井場は制球難で降板。救援した横山が、満塁にしてグランドスラムを浴びて、ジ・エンドだ。それも「フォークしかないんだろうけど、落ちないフォークは危ないんだよなあ。一気に逆転なんて」と言った瞬間に満塁弾が飛び出した。ズレータにお立ち台で「(直前の)あの直球は見せ球だと思った。フォークが絶対、来ると思った」とまで読み切られちゃ、切ないよなあ。

 しかし、横山を攻めきれない。こんな使われ方をされてちゃね。プライドも何も、あったもんじゃないだろう。確かに序盤から調子は良くないし結果も出てなかった。しかし、6月ぐらいからは、昨年の好調時を思い出す投球を披露していた。そんな折、7月2日の楽天戦で失敗した。上り調子の中で、たまたま落とし穴にはまったようなもんだ。それなのに、以降、ヒルマン監督は中途半端な起用ばかり。これじゃ、横山のモチベーションも上がらないだろうし、結果が出ないのも当然だ。本来は、7月2日に失敗した直後も抑えで使い続けるべきだったと思うが、ここまでの惨状になった今では、はるかに手遅れだ。取り返しのつかないことを、されてしまった。

 後手後手に回り、先手を打ったつもりが大失敗。なんで、ここまで救いようのないチームになった、じゃなくて、されちゃったかなあ。ここにきて、坪井選手が2戦連続の猛打賞で打率3割乗せ。これは、うれしかった。どんな状況に置かれても、クサらずに頑張ってきた姿勢が実った、この結果は、さすが。頭が下がります。

|

« 関西人が証明した萩のうどんの味 | トップページ | これはフラバン茶効果か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/5290248

この記事へのトラックバック一覧です: なんでなんでの日本ハム:

» 8/2、ズレータ侍に痛恨の逆転グランドスラム被弾・・・ [やっさん日記]
昨日いいカタチでソフトバンクに勝ち、ここから勢いをつけるべく迎えた3連戦の2戦目。 ファイターズの今日の先発は立石投手、ソフトバンクは開幕から10連勝中の斉藤投手。 1回表、先頭の森本選手がまずライト前ヒットで出塁し、昨日に続いての好調をアピールすると、坪井選手もインコースの球を巧みなバットさばきで三遊間を破って無死一二塁。 11試合連続ヒット中の小笠原選手を迎えるもここは三振で一死。 しかし続く今日4番に復帰のセギノール選手が、センター前に弾き返して二塁から森本選手生還で1点先制。..... [続きを読む]

受信: 2005年8月 4日 (木) 01:29

« 関西人が証明した萩のうどんの味 | トップページ | これはフラバン茶効果か »