« 水が流るるが如く素直な自分 | トップページ | 野球観戦も見直しか »

2005年7月13日 (水)

本当にエキサイトシートしました

 なるほど、確かにエキサイトシートだ。目の前のネットが取れるだけで、ここまで世界が変わるのか。昨日の日本ハム戦で、東京ドームのエキサイトシートを初体験した。この観戦はクセになりそうだ。

 実は以前、4月25日に「エキサイトシートなら興奮」のタイトルで、エキサイトシートのすぐ後ろ、前から5列目での疑似体験記を書いた。それ以降、エキサイトシートの検索ワードでこのブログを訪ねてくる方が、けっこういらっしゃる。その度に、申し訳ない、と騙したような気持ちになっていた。本当の観戦記を書かなきゃ、という義務感、いや、そんなたいそうなもんじゃなく、ただ見てみたかったんだけど。

 ずっと、小学4年の頃から入会しているファイターズオフィシャルファンクラブが、一部の座席を優先発売しているので、7月1日にファクスで申し込んだ。すると翌日、一塁側入場券が用意できた旨の返信がきた。へえ、すいてるのかなと思ったまま出向くと、席は端っこ、最も外野寄りだった。滑り込みだったんだ。

 視界をさえぎるものがないから開放的、ということは、守ってもくれない、ということを改めて確認した。グラブをはめ、ヘルメットをかぶった。しかし、このヘルメットがデカい。8回、田中幸の3ランが飛び出した時など、興奮して立ち上がった拍子に、脱げて落ちた。確か、巨人のオーナーが視察した時、小さくて入らないなんて映像を見た記憶があるが、どんな頭をしているんだろう。それとも、改良されたのだろうか。 

 外野フェンスに球が当たると、「ドーン」とけっこうな音がするのも始めて知ったし、ライン際の当たりが切れたか入ったか、目の前で確認できるのがいい。何より、ここまで1球1球、目を離さず観戦したのも初めてだし、集中していたせいか、売り子が入ってこなかったせいか、ビールを口にすることがなかったのも、初めてじゃないだろうか。気持ちのいい野球観戦だった。

iriguchukaeここがエキサイトシートの入り口。チケットを提示すると、係員がすだれのようなネットを、手でひもを引っ張って上げてくれます。ネットの向こうに行けるのは、ちょっとした優越感。席を立ち戻ってくると「お帰りなさいませ」と、うやうやしく迎えられるのも、気持ちいいものです。

mochikin席には、ヘルメットとグラブが用意されてます。リストバンドのように、マジックテープで手首に固定するタイプもあり、こんなグラブ(左)は初めて見ました。わたしの席にあったのは、真っ黄色。「これって、芝草のグラブより派手だよね」と子どもが言ってました。今年1軍登板がないのでわかりませんが、日本ハム芝草の昨年のグラブは、北の大地にちなんだのか、緑色でした。

ballboy

fuukei

わたしが座ったのは、端から2番目。もっとも外野寄り端っこに子どもを座らせました。グラウンドの中にいるようで、気分はボールボーイでしょうか。ソフトバンク10回の決勝打はライト線に飛んできたので、日本ハムの坪井は送球したあと、わたしのすぐ前のフェンスにもたれて、落ち込んでました。

kanbanball

kanbankinshi
2回表、一塁側エキサイトシート上空に上がったファウルボールを、どちらかのお子さんがナイスキャッチ。スタンドからは拍手喝采で臨場感ありあり、というところでしょうが、ちょうどその時、わたしはトイレに立っていて、上の通路からその光景を目にしました。うーん残念。「ボールから目を離さないで」の看板が相撲の懸賞幕のように回りますが、結局この日に飛び込んだのは、この1本だけ。来なきゃこないでさびしいもんです。9回表には、反対三塁側で、ファウルボールのゴロを捕ろうと身を乗り出したお客さんが、止まりきらずに落下。直後の攻守交代では一塁側でも「グラウンドには絶対に入らないで」のアナウンスが繰り返され、看板も回りました。

fighty(振り向けばファイティーがいた)
●日本ハム7‐8ソフトバンク 1球ももらさず見ていたから言いたいことはヤマほどあるが、強いチームが勝って弱いチームが負けただけのこと。確かにミスジャッジが原因で満塁被弾につながったが、遊撃金子の緩慢な動きや判断ミスも一因。余計なトーマスの四球に、肝心な場面で飛び出す横山の暴投。これが決定的な失点につながっている。とにかく、いらん点をやり過ぎ。じゃあ攻撃陣はというと、もっと取ってもいいのに取らない。「9回で決めなきゃ負ける」とソフトバンクファンの長男に予告した通りになった。いらん点をやって取れないんじゃ、負けるのは当たり前だ。7点を失ったが、ソフトバンクにやらずもがなの失点はなかった。それにしても、9回、小笠原のフェンス直撃打は惜しかった。スタンドまで、あと50センチ足らずでサヨナラ3ランだったんだけどなあ。

|

« 水が流るるが如く素直な自分 | トップページ | 野球観戦も見直しか »

コメント

猛虎パパさん、ありがとうございました。

1列目だと、余計にそう感じるのでしょうね。
わたしの座っていた後ろはフェンスだったので
内野席にいる方の視線を感じることなく
観戦に集中できました。

家族観戦が、やっぱりいいですね。
カミさんは、自分の年を考えず
「ダルビッシュが、かっこ良かった」と
言ってましたから。

投稿: 人生真ん中 | 2005年7月15日 (金) 06:36

はじめまして。7/12は私たちも東京ドームで観戦していました。とある理由で3塁側でしたが面白い試合でしたね。席はエキサイトシートのすぐ後ろの内野1列目でしたがネットの壁を非常に感じました。うらやましいです。これからもお互いに家族でプロ野球を楽しみましょう。

投稿: 猛虎パパ | 2005年7月14日 (木) 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/4949180

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にエキサイトシートしました:

» 番外編・日本ハムvsソフトバンク [虎・虎・虎]
7/12(火)ホークスの川崎選手ファンのママを連れて観戦。内野A指定席の1列目と [続きを読む]

受信: 2005年7月14日 (木) 09:41

« 水が流るるが如く素直な自分 | トップページ | 野球観戦も見直しか »