« ハムを捨てないで | トップページ | 家計が見直せない »

2005年7月21日 (木)

プロ野球にあるまじき行為

 ●日本ハム4-15ロッテ。9回表の守備で信じられない光景を見た。そりゃ、ないだろと思った瞬間に、GAORAで解説されていた光山英和さんが、即座に同じこと指摘した。

 場面はこう。得点は4-14。1死三塁で内野が前進守備をしてないのだ。打球は内野に飛び、ファーストでアウトを取っている間に、当然、三塁ランナーがホームインしてしまった。

 なぜ相手に、1点をプレゼントしてしまうのか。14‐4で勝ってりゃ、それでいいよ。でも、負けてるチームが、やること?今日の試合は負けました。いくらでも点を取ってください。こっちは一刻も早く終わりたいので、アウトカウントを増やすだけです。って言ってるようなもんじゃないか。こんな態度は、厳しく糾弾したい。

 確かに敗色は濃厚だった。しかし、望みある限り、試合が終わらない限り、勝利を追及するのがプロじゃないのか。何よりお金を払って、11点差をつけられた9回裏にも、声を枯らして応援してくれているファンに、失礼このうえないじゃないか。

 こんな守備隊形を指示した内野守備コーチは即刻クビだ。指揮を執っていた白井ヘッドは、2軍監督時代は、いいなあと思っていたけど、失望した。どうぞ、今すぐにでも、おやめになってください。

 とにかく、昨日の、あの光景には、腹が立ち、あきれかえった。もう日本ハムファンなんて、やめようかな。札幌の皆さん、こんなチーム、見放していいですよ。 

|

« ハムを捨てないで | トップページ | 家計が見直せない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/5074074

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球にあるまじき行為:

» 7/20、ロッテ打線にメッタ打ちで大敗。 [やっさん日記]
今日も札幌ドームには14時過ぎに着いた。 すでに仲間が数人到着していたので、一緒に並び、サッカーグラウンドの方に選手の練習を見に行ったりしながら時間を過ごした。 [[attached(14,right)]]15時の開場時間に中に入ってからは、スタンドから練習を見たり、今日まで外でやっているファイターズまつりの会場に行って遊んだりしていた。 会場ではスピードガンコンテストをやったり、売店が出たり、ホントに楽しい雰囲気だった。 今日は朝一番で先着50組に整理券を配って、ダルビッシュ投手との撮..... [続きを読む]

受信: 2005年7月21日 (木) 14:09

« ハムを捨てないで | トップページ | 家計が見直せない »