« やっぱり大物ダルビッシュ | トップページ | 今、揺れた »

2005年5月 7日 (土)

心が冷めた新庄パフォーマンス

 どうなんだろうなあ。新庄のパフォーマンス。日本ハムファンとしても、釈然としないなあ。

 去年は「カエル」「スパイダーマン」「ゴレンジャー」。3度とも楽しませてもらった。特にスト明けの「ゴレンジャー」は、交錯する複雑な空気を吹き払い、みんなを明るくした。これには拍手喝采を送りたくなった。何より3度の行動には、野球少年の「純真さ」が見えていた。

 でも、きのうのはねえ…。「商業主義」が表に出すぎて、心は躍らず、逆に冷めていった。おまけに、スタメンに名を連ねていないとは、どういうこと。新庄のことだから、「非難も覚悟の上」みたいなコメントが出るのだろうが、前3度の例とは、やはりどこか違う気がしてならない。

 でもなあ、ここまではいいけど、ここから先はダメなんて線引き、新庄には通用しないだろうし、あまり制限すると、良さが失われそうな気がするし。ここまで日本ハムを人気球団にしてくれた、やっぱり一番の立役者だし。わたしは、どんなことがあってもハムファンをやめはしないけど、今の大勢は新しいファンだから、つなぎとめるには、話題先行もやむなしかなあ、とか、いろいろ思う。

 ●日本ハム2‐10阪神。こんなことを思うのも、後味の悪すぎる、昨日の敗戦が原因だ。絶対の勝ちゲームを何やってる! イライラは頂点だ。8回、遊撃金子の守備、さして深くもない場所からの送球が3バウンドもして、さらに一塁ベースを外すか? あれを刺すのがショートの醍醐味でしょ! 起用を否定はしたけど、肩の強いアルモンテなら刺してたな。だから飯山と言ったのに。その後は二塁の木元だ。ホント二遊間の打球に弱い。グラブに捕まえたんなら、ファンブルしてほしくなかった。うまくいけば併殺、少なくともアウト1つは取れていた。まあ木元は打撃があってこそで、守備に過度と期待をかけちゃいけないとは思うけど。記録は2本ともヒットだから、いわれのない非難かもしれないが。

 そして建山。走者ありの場面で出てくると、必ず全員を還してしまう。どころか昨日は、それ以上の走者を生還させてしまう始末。「失策」はあったにしろ、ひどすぎる。走者なしの、8回頭から出てきた時は、完璧な投球をするのに、その落差といったら…。でもなあ、昨日の展開じゃあ、8回頭から建山の決断は難しいだろうし。思い出すと、また、イライラしてきた。

 ついに正田も2軍で再調整となったようだ。なんで、偵察要員が岩本なの、中継ぎ投手がベンチに入ってないの、と思ったが、もしや先発の準備?だとすれば、本当に計算できる先発は、金村しかいなくなった。その試合を落としたのか。交流戦が暗黒の期間にならなきゃいいけど。

|

« やっぱり大物ダルビッシュ | トップページ | 今、揺れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/4017467

この記事へのトラックバック一覧です: 心が冷めた新庄パフォーマンス:

» 楽天イーグルス応援団:さとう宗幸ら大興奮・日本生命交流戦にTBSも興奮した! [クラシック映画館 兼 ミステリ小劇場]
 プロ野球史上初めてのセ・パ交流戦が6日、スタート。プロ野球1年生の楽天は本拠地 [続きを読む]

受信: 2005年5月 7日 (土) 10:19

« やっぱり大物ダルビッシュ | トップページ | 今、揺れた »