« もう子どもじゃない | トップページ | 桜も白星も流された »

2005年4月10日 (日)

気になるハム外国人への甘さ

 ●日本ハム2‐10ロッテ

 二日酔いの体でテレビをつけると、0-10。昨日、深酒をしたので、試合開始時刻には起きられなかった。ただでさえ悪い気分が、また悪くなった。大量失点は「また、トーマスか」。腹が立って、楽天戦にチャンネルを変えた。

 なんでまた先発させてるんだよ。球自体は悪くないと思う。でも、制球が甘くコンビネーションはバラバラ。前回、2日のオリックス戦で2回途中8失点KOされた時点で、2軍落ちしてるものと思っていた。昨日の試合後、2軍落ちを決めたらしいが、遅い!

 昨日はアンダースロー渡辺俊の先発だったので起用しなかったのだろうが、アルモンテへのこだわりも理解できない。守備範囲の広さは認める。でも肝心なところでスローイングミスをして、2試合ほどチームを敗戦に導いている。選球眼の良さは認める。でも打率1割ちょっとは、あまりにひど過ぎる。ヒルマン監督は「辛抱強く起用していく」などと話しているらしいが、どうして外国人を辛抱強く使う必要があるのか。

 米国時代からのコネクションが続いているのかもしれないが、その影響からか、オープン戦で絶好調の時に2軍行きを告げられた金子のことが気になる。別に金子を使えとは言わない。あのヤル気のないスイングと、簡単にさばこうとしてミスをする守備には、ため息の連続だったから。ただ、チームの雰囲気がどうなのか、選手の士気に影響していないかが心配なのだ。辛抱強く使うなら飯山だ。守備にはほれぼれするし、一昨年あたりから打力もついてきた。少なくとも、アルモンテの1割3分3厘以上は打つだろう。たたき上げで、ここまできた選手こそ大事にしてほしい。

 外国人への甘い起用が、チーム内に不協和音を生じさせなければいいが。こんなことは、思い過ごしであればいいけど。

|

« もう子どもじゃない | トップページ | 桜も白星も流された »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/3636754

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるハム外国人への甘さ:

« もう子どもじゃない | トップページ | 桜も白星も流された »