« 家計の見直しその10 | トップページ | いまさら言う国鉄分割反対 »

2005年2月27日 (日)

鉄ちゃんの血が甦った

 2月限り、つまり明日限りで廃止される特急「いそかぜ」の記事が、発売中の「鉄道ジャーナル」4月号に掲載されているという情報を、わたしのあしあと様からのコメントにいただいたので、書店へ向かった。24日の朝日新聞文化欄には、雑誌が相次いで「鉄道特集」を組んでいる、との記事が載っている。へえ、と向かった家から近い書店。大型店でもないのに、そこの趣味のコーナーには、あった、あった! こんなに、たくさん。

 鉄道ジャーナルは、中学高校当時に定期購読していた、なじみの雑誌。けっこう久しぶりに手にとったが、感触は変わっていなかった。「いそかぜ」に加え「あさかぜ」「さくら」の特集もあったので、迷うことなく買う。朝日新聞で紹介していた、新幹線の模型が付いている「ラピタ」も、鉄道を見る! を特集している「東京人」も平積みされていた。ともに増刷をしてなお、完売する程の人気だという。そのほかにも、「図説 夜行列車・ブルートレイン全史」「週刊歴史読本 国鉄・JR廃線ハンドブック」を手にしていた。昔からの雑誌、そしてこれも定期購読していた「旅と鉄道」や、たまに買ってた「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」にも食指が動いたが、カミさんの顔が頭に浮かんで、書棚に戻した。結局5冊6960円のお買い上げ。大の40男が、趣味にこのくらいの金をかけても、バチは当たらんだろう。「鉄道」は、読者が男性に偏ること以外、趣味系雑誌には、いいことずくめだそう。わたしなんかは、まさに編集者の思うツボだ。

 で、家に帰った夕方、新幹線の模型に取り組んでいると、小5次男と小3三男が「わー、わー、なに、やらせて」。パパは人気者になった。夜は、いそかぜが廃止になるので、小倉から萩への経路を時刻表と首っ引きで練っていると、小6長男「さっきから、なにブツブツ言ってるの。時刻表? オラ、そんなものの見方はわからん」。なんだと、いかんいかん。中学受験なんぞに係わってたから、大事な教育を忘れていた。次回からの休日は「時刻表を読もう」講座を開設しよう。

|

« 家計の見直しその10 | トップページ | いまさら言う国鉄分割反対 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/3092875

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄ちゃんの血が甦った:

» たのしいな!東京の電車・新幹線 [【よい☆えほん】と【よい☆おもちゃ】]
柏原 治 監修 成美堂出版 定価:924円 お気に入り度:  いちおう、えほんでしょうか・・・、コレ。 寝ても覚めても、すっかり電車がダイスキになった息子。 毎日、地下鉄や電車・バスに乗ろうとせがまれ 「今日は行けないなぁ~」 なんて言うと泣...... [続きを読む]

受信: 2005年6月 1日 (水) 08:23

« 家計の見直しその10 | トップページ | いまさら言う国鉄分割反対 »