« ノロじゃなくてよかった | トップページ | アテもなく午前7時 »

2005年1月29日 (土)

酒は飲んだら、のまれるもの

 この人たちの酒の飲み方は尋常じゃあない、なんて趣旨のことを、ブログ仲間のわたしのあしあとに書かれてしまった。確かにそうでしょう。こんな飲み方や、こんな飲み方(同一人物の同じ席の話みたいですね)をしてる女性がいるほどですから。足元に及ぶべくもないが、わたしのカミさんも、大酒飲みでした。

 付き合い始めたばかりの頃だから、もう16年前。場所は博多の居酒屋。よくある職場の飲み会。新入社員のわたしは、当時は先輩だったカミさんに誘われていた(わたしたち職場結婚なんですが、結婚半年後にわたしは転職しました)。わたしと同期の女性も一緒で、その子は当時の南野陽子似で、それは可愛かった。カミさんは、当時お嫁さんにしたい芸能人NO・1東ちづるに似ているなんて言われていたけど、それは太めの体型だけでしょう。その2人が、突然に戦いを始めたのだった。

 なんの拍子だか知らないが、ストローでビールの早飲み競争。酔いが回ったところで、日本酒の一気飲みだ。1合グラスにも満たないグラスだったけど、2人とも飲む飲む。1升瓶なんて、あっいう間に空いてしまった。

 で、先にダウンしたのは、東ちづるのほう。ナンノちゃんは死者に鞭打つように「○○さん(カミさんの旧姓)、酒豪って聞いてましたけど、たいしたことないんですね!」などと罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせてました。九州初上陸だったわたしは「とんでもない土地にきたもんだ」と、おののいてましたけど。

 その後、カミさんを送っていったのですけど、「お母さん…。よ、よっ、酔っ払った」って玄関に倒れこんだ娘を、いたわるわけでもなく「シャンとせんね」なんて言ってたお母さんも、スゴイなあと思いましたね。きのうカミさんに確認したら「8合は飲んだかね」って言ってました。

|

« ノロじゃなくてよかった | トップページ | アテもなく午前7時 »

コメント

状況証拠だけで断定してしまって、すみません。
しかし、あなたの、その底知れぬパワーが、東京の見知らぬ人にまで伝わったのだと思います。まだまだ、すごい話を聞かせてください。
東京にいるわたしたちは、福岡で当事者には、なれませんから。うーん、残念。

投稿: 人生真ん中 | 2005年2月 5日 (土) 18:35

あ、ひょっとして
・・・この女性というのは私のことですか?
東京まで轟いているとは<(T0T)>おそるべしブログ。です。
酒は命の水であります。酒に呑まれるまで飲むまいと思うけれど、
まだ酔ってない、と思うときには時すでに遅し。の連日繰り返しです。

息子さん受験合格おめでとうございます^^

投稿: 逆噴射セリノビッチ | 2005年2月 4日 (金) 20:10

酒の味が分かる
パートナーがいるってことは
幸せですね。

投稿: 2000安打だ!幸雄ガンバレ!! | 2005年1月30日 (日) 04:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/2732451

この記事へのトラックバック一覧です: 酒は飲んだら、のまれるもの:

« ノロじゃなくてよかった | トップページ | アテもなく午前7時 »