« こみあげてきた送別会 | トップページ | オデッセイにするべきか »

2004年11月30日 (火)

ハムに4万2000人?

 隔世の感がある。28日に札幌ドームで行われた、北海道日本ハムファイターズのファン感謝デーに、4万2000人もの観衆がつめかけた、と昨29日のスポーツ各紙が伝えている。巨人、阪神に次ぐ3番目の動員力。もう30年にもなる日本ハムファンのわたしには、目を疑うようなニュースだった。

 これまでの最高は昨年の2万人。東京ドームのラスト開催でも、その程度の数字だった。わたしも足を運んだけど、フィールドも開放し、コンコースでもイベントを行っている中での「公称」2万人という数字は、ガラガラの世界。その前年までは、東京ドームで行うほどではないとしたのか、2軍の球場や合宿所のある、千葉・鎌ケ谷市のファイターズタウン鎌ケ谷で開催していたほどだったのだから。

 昨年までは「日本ハムファン」と言葉を発するのもはばかられたし、必ず「何で?」と聞かれていた。わたしの住む東京からは離れてしまったけど、ずっと応援してきたチームが市民権を得て、ある特定の地域では押しも押されぬ地位を獲得しようとしているのは、うれしい。札幌移転は、大英断、そして大成功だった。今年は、開幕戦と最終戦は観戦に札幌へと飛んだけど、球場の雰囲気は最高だった。でも、そうそう札幌までは行けないから、首都圏のファンのことも忘れないで欲しい。今年の東京ドームの試合は観客も大幅に増え、昨年までにはなかったような声援が送られていた。いなくなって、初めて分かる大切なものだったのだ。準フランチャイズでも「別荘」でもいいから、来年も10試合ぐらいでいい、ぜひ、帰ってきて欲しい。

|

« こみあげてきた送別会 | トップページ | オデッセイにするべきか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66616/2109364

この記事へのトラックバック一覧です: ハムに4万2000人?:

« こみあげてきた送別会 | トップページ | オデッセイにするべきか »